212件中 131 - 140件表示
  • 航空救急

    航空救急から見た心肺蘇生

    救急車と同じく、航空救急に用いられる航空機にも人工呼吸器や心電図モニタ、心肺蘇生装置、ストレッチャー等の救急医療を行うための設備や薬品を搭載されている。これらの設備により、通常の航空機による搬送では行うことができない、航空機内での治療を行うことが可能となった。軍事医療分野やNATOにおいては、航空救急専門の航空機を用いての搬送治療をメディカル・エヴァキュエーション(英:Medical evacuation、通称MEDEVAC)、通常航空機での搬送作業をカジュアルティ・エヴァキュエーション(英:Casualty evacuation、通称CASEVAC)と定義している。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た救難飛行隊

    特に、防災ヘリがない沖縄県(沖縄本島周辺)では、県から自衛隊に対し、各自衛隊ヘリ・固定翼機による救急搬送が全面的に任されており、沖縄県の救急体制にとって不可欠の存在になっている。小笠原諸島では、硫黄島航空基地を経由した、海自救難飛行隊UH-60Jヘリと輸送機とのリレー搬送や、厚木航空基地に派遣されている岩国第71航空隊(救難待機)のUS-2やUS-1A飛行艇による急患搬送が行われている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たUS-2 (航空機)

    US-1、US-2(海上自衛隊)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た日本水難救済会

    また、航行船舶乗組員の救急医療として、1985年(昭和60年)から社団法人日本水難救済会による「洋上救急制度」が開始された。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た空中消火

    総務省消防庁は、1998年(平成10年)に「救急隊の編成及び装備の基準」を改正し、回転翼航空機、すなわちヘリコプターによる救急隊の編成について規定を置いた。1995年(平成7年)の阪神淡路大震災において消防・防災用途のヘリコプターが不足し、災害救助・救急活動に非常に支障を来したことから、以降、各政令指定都市の消防ヘリ・都道府県の防災ヘリ配置が進められていたが、1998年(平成10年)に至ってある程度の消防防災ヘリが配備されたことに伴って、法令整備されたものである。法令では、救急搬送の権限・責務を有するのは市町村消防機関のみであるため、都道府県消防・防災ヘリによって救急搬送するために、各都道府県は管内市町村とヘリ運航協定を締結している。当初は協定のみに基づいて救急搬送が行われていたが、2003年(平成15年)の消防組織法改正において、都道府県も管内市町村長の要請に応じ、航空機を用いて当該市町村の消防を支援できるとする規定(消防組織法第18条の3)が設けられ、消防・防災ヘリによる救急搬送に明確な法的根拠が与えられた。現在は山岳救助活動や水難救助活動、消火活動等と共に消防防災ヘリの重要な任務となっている。消防庁の指導により、救急救命士の搭乗が望ましいとされている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た壱岐島

    千歳・函館(奥尻島)・釧路・仙台・羽田・中部国際・関西国際・広島・福岡(壱岐、見島)・美保(隠岐諸島)・新潟(佐渡島、粟島)・鹿児島(トカラ列島など)・那覇・石垣(八重山諸島)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た救急隊員

    航空救急では、医療用に特化したヘリコプターや固定翼機等の航空救急用航空機(英:Air ambulance)を使用し、救急医療が必要な状況や長距離輸送を行わなければならない状況、また救急車や救急隊員が地上から近づくことが困難な状況にある傷病者を、地上で待機している救急車もしくは病院まで搬送することを主な目的としている。場合によっては、行方不明者の捜索等を行うこともある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たUH-60J (航空機)

    特に、防災ヘリがない沖縄県(沖縄本島周辺)では、県から自衛隊に対し、各自衛隊ヘリ・固定翼機による救急搬送が全面的に任されており、沖縄県の救急体制にとって不可欠の存在になっている。小笠原諸島では、硫黄島航空基地を経由した、海自救難飛行隊UH-60Jヘリと輸送機とのリレー搬送や、厚木航空基地に派遣されている岩国第71航空隊(救難待機)のUS-2やUS-1A飛行艇による急患搬送が行われている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た消防組織法

    日本においては、消防組織法第1条(消防の任務)と同法第6条(市町村の消防に関する責任)によれば、市町村の消防機関が救急搬送の責務を負っている。(参考)東京消防庁 - 救急業務のはじまりと救急救命士の誕生。消防法第2条9によれば、救急業務とは、災害により生じた事故若しくは屋外若しくは公衆の出入する場所において生じた事故(以下この項において「災害による事故等」という。)又は政令で定める場合における災害による事故等に準ずる事故その他の事由で政令で定めるものによる傷病者のうち、医療機関その他の場所へ緊急に搬送する必要があるものを、救急隊によつて、医療機関(厚生労働省令で定める医療機関をいう。)その他の場所に搬送すること(傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間において、緊急やむを得ないものとして、応急の手当を行うことを含む。)をいう。通常は、市町村の消防本部や一部の消防団が救急自動車で救急患者を医療機関まで搬送するのが通例である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たよみがえる空 -RESCUE WINGS-

    よみがえる空 -RESCUE WINGS-(航空自衛隊航空救難団を題材にしたテレビアニメ)航空救急 フレッシュアイペディアより)

212件中 131 - 140件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード