ドロップシッピング ニュース&Wiki etc.

ドロップシッピング(Drop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。また、三国間貿易でも使われることがある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ドロップシッピング」のつながり調べ

  • 在宅ワーク

    在宅ワークから見たドロップシッピング

    特殊な作業・通信環境やデザイン製作・編集用の高機能なソフトウエア(Dreamweaverなど)が必要な場合を除き、後の仕事の実体や詳細な書面がないまま70万円?100万円を超過する高額な入会金・保証金、システム費用を請求してきたら金額に見合うものか確認が必要である。また、最近では「当社のシステムは高額ではない(毎月数万円前後)ので、当社へ毎月直接お支払い下さい。」と言う支払体系で販売する事業者も存在している。「在宅ワークにはパソコンスキルの資格が必要」「当社独自の○○検定を取れば在宅業務が可能」など、資格や検定の学習システム関連の高額商品の購入や、ドロップシッピング、ネットショップなどのオンライン販売の開業にあたる、ショッピングサイト開設運営などのシステム導入を契約条件としている場合は悪質業者の可能性がある。また、「テープ起こし」の内職も、出版社がわざわざ初心者に依頼することは考えにくいのでその危険性が高い。(在宅ワーク フレッシュアイペディアより)

  • エフォートシッピング

    エフォートシッピングから見たドロップシッピング

    エフォートシッピングでは、従来ネットショップ運営店舗が行っていた業務の発送部分を除く全ての作業を一括してエフォートシッパーがまかなうことで、店舗のリスクおよび業務負荷の軽減を目的としている。運営サイトからの販売売り上げの一部がエフォートシッパーの収益源となる。従って店舗がウェブサイトを開設しようとしたときに必要となる初期コストと運営時のランニングコストの代わりに売り上げの一部が充当されることで、店舗は低予算でショップサイトを開設・運営できることとなる。エフォートシッパーが努力することにより、そのショップサイトが成功するかどうかが決まるという点において、ドロップシッピングとは異なるビジネスモデルと言える。(エフォートシッピング フレッシュアイペディアより)

「ドロップシッピング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ