ニコライ・モロゾフ ニュース&Wiki etc.

ニコライ・モロゾフ(ロシア語:, ラテン文字:、1975年12月17日 - )は、ロシア生まれ、アメリカ在住のフィギュアスケートコーチ、振付師。1990年代にはアイスダンスの選手として活躍し、ベラルーシ代表としてタチアナ・ナフカと組んで長野オリンピックに出場した。フィギュアスケーターのカロリヌ・ドゥアラン、アイスダンスの… (出典:Wikipedia)

「ニコライ・モロゾフ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ニコライ・モロゾフ」のつながり調べ

  • 安藤美姫

    安藤美姫から見たニコライ・モロゾフ

    トリノオリンピック後からニコライ・モロゾフにコーチを変えた。モロゾフの指導により食事のメニューも細かくして体を絞り、大人の女性の魅力を出すための表現力を磨き、スピンやステップでも更に得点を稼げるように技術を高めた。3月には門奈裕子のもとで基礎からジャンプを作り直した。スケートアメリカでは、SP、フリーともに3回転ルッツ-3回転ループを決め、ノーミスの素晴らしい演技を披露する。フリーでは技術点で70点を超え、当時の歴代最高得点を記録。総合得点でもパーソナルベストを約20点更新し1位となり、GPシリーズ初優勝を果たす。2戦目のエリック・ボンパール杯では2位となり、GPシリーズランキング1位でGPファイナルへの出場権を獲得した。(安藤美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋大輔 (フィギュアスケート選手)

    高橋大輔 (フィギュアスケート選手)から見たニコライ・モロゾフ

    2004-2005シーズンには、大学入学に伴う環境の変化やプレッシャーや、シーズン前半のアジア選手権で右足首の神経の炎症を起こしたことによりモチベーションが低下し、スケートをやめたいとさえ思っていた。しかし、全日本選手権で6位に沈んだことで気持ちがふっきれ、年明けのユニバーシアードで優勝、四大陸選手権では3位となった。世界選手権では、ともに出場した本田武史が予選演技中の怪我で途中棄権したため、翌年のトリノオリンピックの日本男子出場枠が?橋1人の順位にかかる大きなプレッシャーの中で演技することになった。ショートプログラム(以下、SPと略)までは7位と健闘したものの、フリースケーティング(以下、フリーと略)では冒頭の4回転ジャンプ転倒を皮切りにことごとく失敗を連発してしまい、総合15位に終わる。この結果、トリノオリンピックの日本男子出場枠は最小の1枠となる(総合10位以内なら2枠だった)。シーズン終了後、コーチ・振付師をニコライ・モロゾフに変えるとともに、トレーナーのカルロス・アビラ・デ・ボルバにつき、フィジカル面とステップの強化に力を注ぎ始めた。(高橋大輔 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

「ニコライ・モロゾフ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード