ニコライ・モロゾフ ニュース&Wiki etc.

ニコライ・モロゾフ(ロシア語:, ラテン文字:、1975年12月17日 - )は、ロシア生まれ、アメリカ在住のフィギュアスケートコーチ、振付師。1990年代にはアイスダンスの選手として活躍し、ベラルーシ代表としてタチアナ・ナフカと組んで長野オリンピックに出場した。フィギュアスケーターのカロリヌ・ドゥアラン、アイスダンスの… (出典:Wikipedia)

「ニコライ・モロゾフ」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ニコライ・モロゾフ」のつながり調べ

  • 本田武史

    本田武史から見たニコライ・モロゾフ

    2002-2003シーズンは、それまで主に振付を依頼していたローリー・ニコルがティモシー・ゲーブルの振付を手掛けるようになったため、イメージチェンジも兼ねて振付師をカート・ブラウニングとニコライ・モロゾフに変えて臨んだ。グランプリシリーズのスケートカナダでは2種類の4回転ジャンプを取り入れて優勝。続くラリック杯は3位、NHK杯では2位となった。第71回全日本選手権では5度目の優勝を果たし、翌2003年に行われた冬季アジア大会でも優勝。2003年四大陸選手権ではフリースケーティングで2つの4回転トウループ(うち1つは4回転-3回転のコンビネーション)と1つの4回転サルコウを成功させ、技術点では2人、芸術点では3人の審査員から6.0(満点)の評価を受けて優勝。そして2003年世界選手権は前シーズンに続いて総合3位入賞。世界選手権において日本代表男子シングルの種目において、2年連続のメダル(同)獲得は史上初の快挙で、女子の村主章枝とともに2年連続で日本人選手が銅メダルを獲得した。(本田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 火薬田ドン

    火薬田ドンから見たニコライ・モロゾフ

    2013年は、『ほこ×たて』に対抗した企画「ほこ×たけ」の一番手として登場した。船の上で三尺玉と筒、ブラックボードを前に、今回のテーマが「女子力」ということにちなんで、自身が思う女子力について、「黙って出産する」「生まれた子供がハーフでもモロゾフの子供と言わない」など、安藤美姫に絡んだニュースのネタをやった後に、番組の成功を祈って三尺玉に点火し、花火を飛ばす。打ち上がったものの花火が船の上に落下し、火花が上がった後に、真っ二つになった船の上で黒コゲになっているのがオチだった。(火薬田ドン フレッシュアイペディアより)

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード