251件中 151 - 160件表示
  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た無停電電源装置

    またバッテリーは携帯時の電源だけでなく、急な停電の際の無停電電源装置としても機能する。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た利便性

    日本では住宅事情などにより、2000年以降ノートパソコンがパソコン市場の主流となっており、自社パソコンのラインアップをノート型のみとするメーカーも存在する。また従来はコストパフォーマンス重視でデスクトップパソコンが主流であったアメリカ合衆国やヨーロッパでも、価格や利便性のみならず、省電力=地球環境への配慮という観点からもノートパソコンによるデスクトップパソコンの置き換えが進んでいる。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たモジュール

    近年では電子部品の高性能、高密度化や、部品実装技術の向上、素材の性能向上などの発展により小型化、軽量化が進み、演算性能も飛躍的に向上している。また、バッテリーの性能向上もノートパソコンの発展に大きく貢献している。様々な機能がモジュールの形で実装しやすくなっているなどの事情もあり、後述するように多機能化も依然進行中である。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たアナログ放送

    パソコンでテレビ放送を見るためのモデル。こういった方向性はアナログ放送・8ビットパソコン(デスクトップ機)の時代から存在するが、テレビチューナーを搭載しているのが条件で、地上デジタルテレビ放送開始後の2012年現在では、地デジチューナー搭載の大型ノートブックからワンセグチューナー搭載の1スピンドル機まで幅広くリリースされている。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た東海道新幹線

    なお、公共の施設でACアダプターを使用すると電気窃盗(盗電)になる虞がある。その一方で、ノートパソコンを含む様々な電子機器としての携帯機器が一般に普及した結果として、日本においては一部の新幹線(東海道・山陽・九州のN700系、東北のE5系、山形のE3系2000番台、秋田のE6系、北陸のE7・W7系)や特急列車(主に2009年以降に製造されたJRや私鉄の車両)、ファミリーレストランやファストフード店など、客席にノートパソコンや携帯電話の充電用のコンセントを備えた施設も増えるなどしている。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たCompaq Portable

    1980年代のはじめ、最初期のポータブルパソコンは、トランクやスーツケース大の筐体にCRTや補助記憶装置を詰め込み、何とか持ち運びが可能な状態に組み上げた製品であった。Portal R2E CCMC、オズボーン・コンピュータのオズボーン1や、コンパックのCompaq Portableなどがそのルーツである。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たスーツケース

    1980年代のはじめ、最初期のポータブルパソコンは、トランクやスーツケース大の筐体にCRTや補助記憶装置を詰め込み、何とか持ち運びが可能な状態に組み上げた製品であった。Portal R2E CCMC、オズボーン・コンピュータのオズボーン1や、コンパックのCompaq Portableなどがそのルーツである。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た日立フローラ

    Flora・Prius(2007年にPC製造事業から撤退、以降Floraはセキュリティ用となり、法人向けにはHP製品を販売。)ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たアスペクト比

    軽量化およびバッテリー動作のため、表示機器には主に液晶ディスプレイが使われており、基本的に本体部分との二つ折り形状となっているが、画面部分を回転させ画面を表にして折りたたむことでタブレットPCのように利用できるタイプも存在する。画面の大きさはデスクトップパソコンと同様に対角で「○○インチ」(販売店などでは○○型と表記)で表される。以前はアスペクト比(長辺:短辺)は「4:3」が主流であったが、2000年代半ば頃から「5:4」、「16:10」、「16:9」のいわゆるワイドが主流となっている。初期の頃は小型化や技術的なものやコストの問題もあってモノクロ画面を採用した製品もあったほか、16色や256色表示(色深度4ビットや8ビット)など色彩表示が限定的なものもあったが、現在はほぼ例外なくデスクトップ機と比べても遜色がないカラー表示が可能となっている。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見た実装

    近年では電子部品の高性能、高密度化や、部品実装技術の向上、素材の性能向上などの発展により小型化、軽量化が進み、演算性能も飛躍的に向上している。また、バッテリーの性能向上もノートパソコンの発展に大きく貢献している。様々な機能がモジュールの形で実装しやすくなっているなどの事情もあり、後述するように多機能化も依然進行中である。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

251件中 151 - 160件表示

「ノートパソコン」のニューストピックワード