138件中 111 - 120件表示
  • 近藤祐司

    近藤祐司から見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    バスケットボール世界選手権実況中継(SKY PerfecTV) 2006年近藤祐司 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ

    ワールドカップから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップ(FIBA Basketball World Cup)ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン

    フィリピンから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    スポーツでは、室内競技であるバスケットボール、ボクシング、ビリヤード、バドミントンなどが人気を集めている。特にバスケットボールは、アジアで初めてのプロリーグであり、NBAに次ぐ歴史を持つフィリピンプロバスケットボールリーグ (PBA) を立ち上げ、国民的人気を誇る。また、ワールドカップ(旧:男子世界選手権)でのフィリピン代表は1954年にアジア最高位の3位の記録がある。フィリピン フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    国内には欧州屈指の強豪リーグの一つ、セリエAと呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。外国人としては史上2人目、ヨーロッパ人選手としては史上初のNBAドラフト1位指名をされた、アンドレア・バルニャーニが最も有名。代表はこれまでにオリンピック出場12回、世界選手権出場6回を誇る。2004年アテネオリンピックではアメリカの銅メダルを上回る銀メダルを獲得。バスケットボール欧州選手権(通称『ユーロバスケット』)では、1997年に銀メダル、1999年に金メダル、2003年に銅メダル獲得。近年、NBA選手を続々と輩出して今後も躍進が期待される。代表チームのニックネームは「Gli Azzurri」。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権ではドウェイン・ウェイド、カーメロ・アンソニーと共に3人のチームキャプテンの1人に指名され主力選手の1人としてプレイし、14.8得点4.8リバウンド4.1アシストの成績を残したが、代表チームはまたしても銅メダルに終わった。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール中華人民共和国代表

    バスケットボール中華人民共和国代表から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    姚明が抜け、易建聯がエースとなって挑んだ2012年ロンドンオリンピックでは、主力の怪我もあり20年ぶりに1勝もできずに大会を去ることとなった。2013年アジア選手権では準々決勝で台湾に78-96で大敗して1998年大会以来4大会ぶりにワールドカップ(旧世界選手権)の出場権獲得に失敗した。バスケットボール中華人民共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ジョージ

    ポール・ジョージから見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    2013-2014シーズン終了後、ジョージはFIBAバワールドカップのアメリカ代表選抜に向けたトレーニングキャンプに招集された。しかし8月1日に行われたアメリカ代表のエキシビションマッチにおいて、ターンオーバーからのジェームス・ハーデンのレイアップをブロックしようとした際に着地に失敗し、右足の腓骨と脛骨を開放骨折する重傷を負った。完治には12ヶ月ほどかかるとも言われ、2014-2015シーズンのNBAの試合は全休するのではないかとされていたが、手術後の懸命のリハビリを経て、2015年4月5日のマイアミ・ヒート戦で、新背番号「13」を着用し、見事に復帰を果たした。ポール・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • スロベニア

    スロベニアから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    人口わずか200万足らずにも関わらず多数のNBA選手や、ヨーロッパを代表する選手を輩出している欧州でも有数の強豪国。国内には数多くのNBA選手や有名選手を輩出してきた、プレミアリーグ(通称1. A SKL)と呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。代表チームの課題は、有力な選手の多くがNBAに行っている為、オフシーズンの代表招集で常にベストメンバーが揃わない事がある。そんな中でも、バスケットボール欧州選手権(通称『ユーロバスケット』)では、2005年には6位に入賞し、独立後初の世界選手権出場を掴んだ。翌年日本で開催された世界選手権では見事予選リーグを突破し決勝トーナメントに駒を進め、ベスト16入り。最終順位12位を獲得した。2007年には北京オリンピックの欧州予選を兼ねた2007年ユーロバスケットにおいて、7位決定戦でトニー・パーカー率いるフランスを破り、最後の最後で何とか世界最終予選の切符を獲得したが、この世界最終予選の決勝トーナメントでプエルトリコに破れ、独立後初のオリンピック出場の夢は叶わなかった。スロベニア フレッシュアイペディアより)

  • マヌ・ジノビリ

    マヌ・ジノビリから見たバスケットボール世界選手権FIBAバスケットボール・ワールドカップ

    マヌ・ジノビリ(Manu Ginobili)ことエマニュエル・ダヴィド・ジノビリ・マッカリ(Emanuel David Ginóbili Maccari、1977年7月28日 - )は、アルゼンチンのプロバスケットボール選手。NBAのサンアントニオ・スパーズ所属。身長198cm、体重95kg、背番号は「20」。サウスポー。愛称は「マヌ」。ユーロリーグ優勝、オリンピック金メダル、NBAチャンピオンのすべてを達成したのは、ビル・ブラッドリーとジノビリだけである。世界選手権でも銀メダル獲得しており、FIBAアメリカ選手権を加えれば4冠を達成している。マヌ・ジノビリ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックのバスケットボール競技

    オリンピックのバスケットボール競技から見たFIBAバスケットボール・ワールドカップFIBAバスケットボール・ワールドカップ

    FIBAバスケットボール・ワールドカップ - 7カ国(各大陸最上位1カ国、ただし欧州とアメリカは2カ国ずつ)オリンピックのバスケットボール競技 フレッシュアイペディアより)

138件中 111 - 120件表示