311件中 141 - 150件表示
  • バレエ

    バレエから見たフレデリック・アシュトン

    フレデリック・アシュトン(「シンデレラ」「ラ・フィユ・マル・ガルデ」「ピーター・ラビットと仲間たち」、「マルグリットとアルマン」、ロイヤル・スタイル)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たオーギュスト・ブルノンヴィル

    オーギュスト・ブルノンヴィル(「ラ・シルフィード」)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た演劇

    バレエ()は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ

    ジゼル(1841年、音楽:アドルフ・アダン、振付:ジャン・コラリ、ジュール・ペロー、台本:ジャン・コラリ、テオフィル・ゴーティエ、ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュバレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たマリー・サレ

    1681年、『愛の勝利』で最初の女性ダンサー、ラ・フォンテーヌが劇場に登場し、18世紀に入るとマリー・カマルゴ、マリー・サレなど女性職業ダンサーが続々とオペラ座からデビュー。宮廷バレエでは男性ダンサーが中心だったが、1726年、マリー・カマルゴが足先の見える衣装と踵を取り去った靴を用いて、男性のみの技法であった跳躍をし、女性ダンサーが人気を博するようになった。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たアレクサンドル・プーシキン

    オネーギン(1965年、音楽:ピョートル・チャイコフスキー、振付:ジョン・クランコ、原作:アレクサンドル・プーシキンバレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た亡命

    1912年イタリア人指導者が帝国劇場歌劇部のバレエマスターに起用されたのが日本のバレエの始まり。ロシア革命で日本に亡命したエリアナ・パブロワが1927年鎌倉にスタジオを開いたのが日本のバレエ学校1号。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た指揮者

    バレエの上演に関係する芸術家には、バレエ音楽の作り手である作曲家、マイムを含めたダンスを指定する振付家、指揮者を含むバレエ音楽の演奏家、そして舞踊によってバレエを実現し完成させるダンサーなどがいる。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たジャン・ドーベルヴァル

    ラ・フィユ・マル・ガルデ(1789年、振付:ジャン・ドーベルヴァルバレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たジャン・シュナイツホーファ

    ラ・シルフィード(1832年、音楽:ジャン・シュナイツホーファ、ヘルマン・レーヴェンショルド、振付:フィリッポ・タリオーニ)バレエ フレッシュアイペディアより)

311件中 141 - 150件表示

「バレエ」のニューストピックワード