前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示
  • パスタ

    パスタから見た日本製粉

    日本では、幕末に外国人居留地で食べられ始め、1883年頃にフランス人のマルク・マリー・ド・ロ神父が長崎市で製造したのが始まりである。1955年、日本マカロニ(マ・マカローニ)の設立、オーマイブランド(日本製粉)の発売により、日本での本格生産が始まった。これを後押しし、日本のパスタ普及に貢献したのがスパゲッティ・ナポリタンの流行である。1970年代にはファミリーレストランのメニューとしても登場し、1980年代にはイタリア人やイタリアで修業をしてきた日本人により本格的なイタリアンレストランが開業され、1990年代には「イタめし」の流行が起きた。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たナポリ

    現在見られるような乾燥パスタが普及したのは、16世紀半ばにナポリで飢饉に備えるために保存食が必要になったことがきっかけであったとされる。だが同時に、この普及は民衆にパスタを日常的に食べる機会を与えたともいい、それまで打ち立ての麺の旨さを味わえた富裕層以外にも、「ご馳走」としてではなく賞味できるようになった。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たイタリア料理

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たはごろもフーズ

    はごろもフーズ - 「ポポロ」ブランドで知られる。サラダ専用スパゲッティの「サラスパ」が主力。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たうどん

    イタリア料理の主食の一つである、小麦粉などを主体とした練り物(生パスタ)、およびそれを乾燥した製品(乾燥パスタ)を指す。より厳密には、パスタ・アリメンターレ(, 「食用の 」の意)と呼ぶこともある。日本語の「麺」に近い用法だが、細長い形状にこだわらない点が異なる。うどんや蕎麦も、イタリア語話者から見れば「日本の pasta」ということになる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たトマト

    1554年、医者であるアンドレア・マッテイオーリがトマトを使ったソースを作る試みをした。17世紀末、料理人アントニオ・ラティーニのスペイン風トマトソースがきっかけとなり、パスタをトマトソースで食べる食べ方が普及した。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たホウレンソウ

    風味もしくは彩りを持たせるために、生地にイカ墨、唐辛子、ホウレンソウ、トマトなどを練り込む場合もある。生パスタには鶏卵が入ることが多い。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たカボチャ

    潰したジャガイモ、ホウレンソウ、リコッタチーズ、カボチャなどを混ぜて作られるダンプリング(団子)状のパスタ。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見た

    パスタ()は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に、塩、鶏卵などが用いられる。パスタ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たスープ

    なお、類語としてパスタシュッタ () があり、上記 1. とほぼ同じ意味で使われたり、乾燥パスタの別名などとされることがあるが、これは本来、「スープパスタ以外のパスタ料理」を指す言葉である。パスタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示

「パスタ」のニューストピックワード