157件中 111 - 120件表示
  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たパプア紛争

    1961年にオランダは島の西部を西パプア共和国として独立を認めたが、インドネシアが侵攻したため(パプア紛争、1963年?現在)、国連による暫定統治を経て、インドネシアへ併合されてイリアンジャヤ州となった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たヤシ

    パプアニューギニアは起伏に富んだ地形であること、熱帯という気候条件にあるため、畑作には向かない。しかしながら、ヤシの栽培には適しており、工業もヤシを中心に形成されている。ココヤシの胚乳から作るコプラとコプラを圧搾して抽出するパーム油は、いずれも世界第6位の規模である。2004年時点の生産量はコプラ(8.5万トン、世界シェア1.6%)、パーム油(33万トン、世界シェア1.2%)。国内市場が小規模であること、輸送インフラの問題があるため、ヤシ以外の工業はいずれも自給をまかなう小規模なものである。中でも、粗糖、牛肉、豚肉、羊肉、鶏肉、ビールなどの食品工業が充実している。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たカニバリズム

    カニバリズムの習慣が残っている民族もあるが、詳細は不明である。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たクカクカ族

    住民は多様な民族から成っており、主にメラネシア人、パプア人、ネグリト人、ミクロネシア人、ポリネシア人などで構成される。その他にもクカクカ族、ラカライ族、ラオ・ブレリ族、エレマ族、:en:Huli people、:en:Asaro Mudmenなど多数の少数民族が存在する。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たダントロカストー諸島

    パプアニューギニアはオセアニア州に属し、ニューギニア島東半分とビスマルク諸島、ルイジアード諸島、アドミラルティ諸島、ダントロカストー諸島など1万近くの島で成り立っている島嶼国家である。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たサフル大陸

    ニューギニア島はオーストラリア大陸と共にゴンドワナ超大陸を構成していたが、白亜紀に始まった大陸分裂で、オーストラリア大陸と南極大陸は4500万年前に分離し、ヒマラヤ山脈と同じ頃にニューギニア中央山脈も形成された。氷河期にはニューギニアとオーストラリアは地続きで、サフル(、あるいは - メガネシア)と呼ばれる一つの陸地であった。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たオーストラリアの国旗

    1975年9月16日、独立の丘でオーストラリアの国旗が降ろされ、パプアニューギニア国旗が翻るという儀式を経て、「パプアニューギニア独立国」として独立した。それまでの自治政府議会が国会となり、初代首相マイケル・ソマレは紛争を行うことなく平和的に独立を成し遂げた独立の父として「チーフ」と呼ばれて崇められ、通貨(50キナ札)にもその肖像画が描かれている。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た英語

    言語は英語が公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見たヒリモツ語

    言語は英語が公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

  • パプアニューギニア

    パプアニューギニアから見た南部山岳州 (パプアニューギニア)

    原油(日量42千バレル)と天然ガス(日量38万立方m)を生産している。高地地帯の南部山岳州、西部州で生産・処理し、700km離れたポートモレスビーの液化・貯蔵施設まで送られてくる計画である。同時に天然ガスの採掘や処理、貯蔵施設も建設中である。パプアニューギニア フレッシュアイペディアより)

157件中 111 - 120件表示

「パプアニューギニア」のニューストピックワード