174件中 131 - 140件表示
  • 鱗

    から見たヒラメヒラメ

    これらの鱗は一般に薄片状で、コラーゲン線維でできた線維層の上に硬い骨質層が重なっている。円鱗はマイワシ、コイ、サケなどに見られ、櫛鱗はスズキ、マダイなどに見られる。ヒラメでは有眼側(眼のあるほうの体側)が櫛鱗、無眼側(眼のないほうの体側)が円鱗になっている。アジなどで見られる鋭い突起をもつ鱗は稜鱗と呼ばれる。このほかにもさまざまに変形した鱗がある。ハコフグの硬い体表や、ハリセンボンの棘も鱗が変形したものである。 フレッシュアイペディアより)

  • サケ

    サケから見たヒラメヒラメ

    河川生活期は摂食可能な水棲生物を、海洋生活期は周囲に生息する餌としやすい生物を利用している。一方、サケ幼稚魚を捕食者としている生物は、汽水域でウグイ、海洋でホッケ、ヒラメおよびカラフトマスが確認され、サクラマスも捕食している可能性が指摘されている。また、海鳥類のウトウとウミネコは重要な捕食種と考えられている。更に、河川遡上後のサケはヒグマの主要な食料と認識されているが、ヒグマの栄養源のうちサケが占める割合は北米沿岸部の個体群では栄養源全体の30%以上であるのに対し、知床半島に生息するヒグマでは栄養源全体の5%にすぎなくなっているとされ遡上減による生態系への影響が懸念されている。サケ フレッシュアイペディアより)

  • タイムパトロール隊オタスケマン

    タイムパトロール隊オタスケマンから見たヒラメヒラメ

    第34話 - 第40話に登場。サンマやヒラメといった魚類や、クジラやタカアシガニといった水中生物をモデルとしている。見かけは巨大(巨大でないのもある)だが、予算の関係上、すぐ外装が剥がれて骨だらけになってしまう。タイムパトロール隊オタスケマン フレッシュアイペディアより)

  • ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)

    ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)から見たヒラメヒラメ

    ドロンジョからは「ナマズ(第1作目と同様)」もしくは「ヤッターヒラメ」と言われ、トンズラーから「田舎もん」と称されて激怒した。ガンちゃんは新メカのモチーフをチョウチンアンコウにした理由について「不機嫌なアイちゃんの顔にそっくりだった」からだと(迂闊にも)アイちゃんに話してしまい、その結果として外からはヤッターアンコウの装甲がゴムのように引き伸ばされて見えるほどコクピット内で叩きのめされた。また、この回のオチとしてナレーターからは「ヤッターアンコウは二人の愛の形でもある」と発言した。ヤッターマン (2008年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 左右

    左右から見たヒラメヒラメ

    よりはっきりした非対称が見られるものもある。たとえばヒラメやカレイでは体側面を下にし、反対側に両眼が移動している。他の魚の鱗を食ういわゆるスケールイーターでは獲物をねらう向きによって顔が歪んでいる種がある。カタツムリを専食するイワサキセダカヘビの仲間では、多数派である右巻きのカタツムリ捕食に特殊化して、下顎の歯の本数に著しい左右差が進化している。化石動物のホマロゾアは体が全体に左右非対称となっていた。左右 フレッシュアイペディアより)

  • 島原市

    島原市から見たヒラメヒラメ

    有明ガネ(「がね」は「カニ」の島原方言)、クツゾコ(シタビラメ)、ガンバ(フグ)、クルマエビ、ワカメ、コンブなどが特産。島原市 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド

    アイスランドから見たヒラメヒラメ

    アイスランド本島付近では、北大西洋海流(暖流)と北極方向からの寒流がぶつかり潮目を形成しているため、この付近の海域は世界有数の漁場となっている。このため漁業は、古くからアイスランドの基幹産業であり続けた。現在でも漁業は盛んであり、漁業が雇用の8%をまかなっている。漁獲量は多いが、近年はタラなどの漁獲量が減少している。そのため市場に出回る魚の価格は上昇を続けており、国民が魚を口にする機会は昔に比べると減っている。アロンガ・ハドック・カレイ・ヒラメなどが獲れる。日本は大量のカラフトシシャモを輸入している。漁業資源の統制を失うことへの懸念から、EUへの加盟を拒否し続けている。また、捕鯨国であることもEU加盟を遠のかせている。アイスランド フレッシュアイペディアより)

  • 愛南町

    愛南町から見たヒラメヒラメ

    旧内海村周辺は真珠養殖よりも、真珠養殖に必要な真珠母貝の養殖は日本一である。旧御荘町、旧西海町はタイ・ハマチ・フグ・ヒラメの養殖が盛ん。また御荘湾周辺では御荘カキ(愛南かき)も養殖されている。城辺町の深浦港は愛媛県唯一のカツオの水揚げ港。愛南町 フレッシュアイペディアより)

  • ホッケ

    ホッケから見たヒラメヒラメ

    成魚の全長60cm。側線が5本あり、体にはっきりしない黒色横帯がある。幼魚は海の浅いところに住み、体色は青緑色をしているが、成長につれて海底付近に住むようになり、体色は褐色を帯びる。このため、ほかの硬骨魚類に見られる浮き袋を欠くのが特徴(同様に底生性のヒラメなども、浮き袋は小さい)。ホッケ フレッシュアイペディアより)

  • アクアワールド・大洗

    アクアワールド・大洗から見たヒラメヒラメ

    茨城県庁は、夏季の海水浴一辺倒であった大洗のレジャー・観光を多様化・通年化を図るべく、1951年(昭和26年)に「大洗県立自然公園」を制定し、その中に建設したレジャー施設が県立大洗水族館(1952年〔昭和27年〕6月開業)と大洗ゴルフ倶楽部(1953年〔昭和28年〕開業)であった。県立大洗水族館は現行館よりも数百メートル南に建設され、竜宮城をモチーフとした門と、生け簀のようなプールを特徴としていた。面積は50坪(≒165.3m2)ほどと狭かったが、水族館そのものがまだ珍しかった当時としては画期的な施設であった。当時は茨城県沿岸に生息するヒラメやウミガメなど50種を飼育・展示していた。開業当時の水族館の入館者数は年間20万人以上おり、海水浴客は250万人ほどであった。1970年(昭和45年)9月に増床のために閉館するまでに延べ260万人が訪れた。アクアワールド・大洗 フレッシュアイペディアより)

174件中 131 - 140件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード