174件中 141 - 150件表示
  • 精巣

    精巣から見たヒラメヒラメ

    魚類の精巣は、食材として用いられる。一般にクリーミーな口どけやまったりとした独特の味わいを楽しむ。白子が特に美味いとされる魚は、フグ類(トラフグなど)、タラ類(マダラ、スケトウダラなど)などである。ヒラメなどの精巣は、取り出して別途調理する事は多くないが、体内に残したまま、煮たり、焼いたりして食用にされる。精巣 フレッシュアイペディアより)

  • 鯛

    から見たヒラメヒラメ

    「海老で鯛を釣る」「鯛の尾より鰯の頭」「腐っても鯛」などのことわざがある。また、「鯛やヒラメの舞い踊り」など、鯛は魚類の代表格として扱われていることがわかる。 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県

    茨城県から見たヒラメヒラメ

    ヒラメ(常磐沖全県)茨城県 フレッシュアイペディアより)

  • 活け締め

    活け締めから見たヒラメヒラメ

    魚を活け締めした場合、自然死させた場合と比較して長期間鮮度を保つことができ、また味も良くなる。活け締めの方法は魚により異なり、例えばヒラメやマダイでは目の後ろにある魚の急所に手鉤を打ち込み気絶させた後、延髄や尾の付け根に切れ目を入れその後血抜きする。マグロの場合、延髄に螺旋状の針を入れて神経を破壊し、さらに血抜きをして、エラと内臓を外して水の中に入れる。上手に活け締めが行われると、魚は鰭を一瞬跳ね上がらせた後、安静状態になり全ての動きを止める。活け締め フレッシュアイペディアより)

  • 後藤新平

    後藤新平から見たヒラメヒラメ

    明治31年(1898年)3月、その児玉が台湾総督となると後藤を抜擢し、自らの補佐役である民政局長(1898年6月20日に民政長官)とした。そこで後藤は、徹底した調査事業を行って現地の状況を知悉した上で経済改革とインフラ建設を強引に進めた。こういった手法を後藤は自ら「生物学の原則」に則ったものであると説明している(比喩で「ヒラメの目をタイの目にすることは出来ない」と語っている)。それは「社会の習慣や制度は、生物と同様で相応の理由と必要性から発生したものであり、無理に変更すれば当然大きな反発を招く。よって現地を知悉し、状況に合わせた施政をおこなっていくべきである」というものだった。後藤新平 フレッシュアイペディアより)

  • おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記

    おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記から見たヒラメヒラメ

    本名は平山洋一。単行本12巻で初登場時は中学生。入門直後から花嵐の付け人を命じられ、花嵐に苗字と容貌にちなみ「ヒラメ」というあだ名を命名された。 佐伯と比べておとなしい性格ゆえに、花嵐にはつ子のちゃんこ料理を無理やり食べさせられたり、前相撲での負けっぷりを嘲笑されたり、巡業先で付け人業務が緩く楽ができることを嫉妬すべく鉄拳を受けたりするなど、桜丸と同様に弄られている。おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記 フレッシュアイペディアより)

  • 南房総市

    南房総市から見たヒラメヒラメ

    また、旧・白浜町でもアワビの漁獲量の減少が進んだことから、千葉県水産部が当地でアワビの一環養殖の研究に全国で初めて着手し、岩磯の増殖溝で波の力を利用したアワビ増殖や、千葉県がアワビやヒラメなどの稚魚・稚貝の養殖を手掛ける施設を1995年(平成7年)6月に完成させるなど養殖漁業への転換を図っている。南房総市 フレッシュアイペディアより)

  • アマゾン川

    アマゾン川から見たヒラメヒラメ

    水生生物では、約2,000から3,000といわれる種類の魚類が豊富に存在し、川が増水している期間は浸水林の中で棲息し、乾季になると川に集まって産卵活動に入る。種類の約半分はナマズ目である点はアマゾン川の特徴のひとつである。ピラルクーは約1億年も姿を変えることのない古代魚で、世界最大の肉食淡水魚である。産卵期には卵を守って川底でじっとしているためよく漁撈の標的にされ、淡白な味から「アマゾンのタラ(バカリョ)」と呼ばれる。獰猛で有名なピラニアは24種ほどが発見されているが、動物を襲うのは10種程度である。他にもトゥクナレやタンバキなど食用で知られた魚も知られる。また、本来は海に棲息していた魚類が入り込み淡水化したものも多く、サメ・ノコギリザメ・メカジキ・ヒラメ・エイ・カマス・イシモチなどが生息している。アマゾン川 フレッシュアイペディアより)

  • 明応地震

    明応地震から見たヒラメヒラメ

    仁科では海岸から十八九町(約2km)内陸まで津波が到達したという(『増訂豆州志稿』)。八木沢の妙蔵寺(現・伊豆市)には宝永津波が標高約20mの大門まで来たとする伝承があり、境内の杉に海草がかかったとも伝えられている。この伝承は伊豆半島西海岸で余り被害の出なかった宝永津波ではなく明応津波の可能性も考えられるとされる。沼津市戸田地区の平目平にはヒラメが打ち上げられた伝承が存在し、平目平の標高から津波の遡上高は36mに達した可能性が指摘されている。明応地震 フレッシュアイペディアより)

  • 西予市

    西予市から見たヒラメヒラメ

    漁業ではハマチ養殖、ヒラメ養殖、真珠養殖、チリメンなどの養殖・漁獲が盛んに行われている。西予市 フレッシュアイペディアより)

174件中 141 - 150件表示

「ヒラメ」のニューストピックワード