1490件中 11 - 20件表示
  • B&B (お笑いコンビ)

    B&B (お笑いコンビ)から見たビートたけしビートたけし

    東京の漫才協団に加入し戸崎事務所に移籍。東京の業界はB&Bを概ね好意的に受け入れた。このため吉本は円満退社だったという説がある。東京の漫才協団にすんなり加入できたのはこのため。浅草松竹演芸場に当初ノーギャラで出演。B&Bの名前は東京の関係者には轟いており、観客がまばらなのに偵察に来た東京の若手芸人達が立ち見に並んだ。自身もこれを見たというラサール石井は「何より凄かったのは洋七さんのテンポ、速射砲のような喋りとパワーあふれるツッコミ」「しかも画期的なことは、出番でない他の芸人達がB&Bが出ると楽屋から出てきて客席の後ろの方で大笑いしていた」と話している。同業者にはウケないのが普通なのである。それほど売れていなかったツービートのビートたけしもまた、洋七の“言葉の連射攻撃”“客を完全に飲み込んで唖然とさせる漫才”を見て衝撃を受け、スピードを早め、たけし一人が喋りまくるスタイルへ変更した、と著書『浅草キッド』に記している。ツービートの看板ネタ「山形いじめ」は、B&Bの「広島vs岡山ネタ」を真似たもので、借用元のB&Bの上京以降「山形いじめ」ネタを封印せざるを得なくなり、それがツービートの過激度を一段と高めることになった。こうして東京でも瞬く間に高い評価を得て、漫才協団幹部の内海桂子が「よくもこんな(凄い)人を吉本がくれたわね」と驚嘆した。B&B (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見たビートたけしビートたけし

    助演男優賞 ビートたけし『夜叉』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 戦場のメリークリスマス

    戦場のメリークリスマスから見たビートたけしビートたけし

    1942年、日本統治下にあるジャワ島レバクセンバタの日本軍俘虜収容所で、朝鮮人軍属カネモト(ジョニー大倉)がオランダの男性兵デ・ヨンを犯す。日本語を解する俘虜(捕虜)の英国陸軍中佐ジョン・ロレンス(トム・コンティ)は、ともに事件処理にあたった粗暴な軍曹ハラ(ビートたけし)と奇妙な友情で結ばれていく。戦場のメリークリスマス フレッシュアイペディアより)

  • ケンタエリザベス3世

    ケンタエリザベス3世から見た北野武ビートたけし

    2010年、北野武監督作品映画、アウトレイジに出演し、師匠のビートたけしから高評価を得る。ケンタエリザベス3世 フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見たビートたけしビートたけし

    ビートたけしに師事(最初の弟子)し、たけしが率いる芸人集団・たけし軍団の一員でとしてタレントデビュー。タレント時代は『そのまんま東』(そのまんまひがし)や『東英夫』(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。お笑い芸人・俳優・作家などで活躍。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫

    高田文夫から見たビートたけしビートたけし

    『たけし・逸見の平成教育委員会』第1期「生徒」として、セミレギュラー出席。博識を披露する一方で、特に国語を得手とした逸見政孝から「要するに、接頭語の意味が解ってらっしゃらないんですね」との指摘に対して、渡嘉敷勝男らと一緒に「偉そうに。あんたに言われたかないよ」「こういう時に限って…」「揉めろ揉めろ、この時間は」等とツッコミをし、先生役の北野武から「そこね、立ち上がって学級委員長にああだこうだというんじゃあない」「手を指すのは止めなさい」と咎められるお約束で、番組を盛り上げていた。また、北野から楽屋落ちを披露される事も多く「〜って、楽屋で高田さんが悪口言ってましたよ」「文筆家で景山民夫が大っ嫌い」などと言われ、苦笑させられる場面も多かった。高田文夫 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見たビートたけしビートたけし

    2人とも、幼少時からテレビ好きであり、特に『8時だョ!全員集合』のザ・ドリフターズをはじめ『カックラキン大放送!!』の堺正章、井上順、ラビット関根や、「ベンジャミン伊東」の伊東四朗、「小松の親分」の小松政夫、コント55号の萩本欽一、タモリなど、漫才ブーム以前のバラエティ番組全盛の時代の影響が強い。漫才ブームの時期は共に部活動に忙しかったこともあり、ツービートのビートたけし以外に受けた影響は少ない。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • アウトレイジ (2010年の映画)

    アウトレイジ (2010年の映画)から見たビートたけしビートたけし

    『アウトレイジ』(Outrage) は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。アウトレイジ (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • アンラッキーヤングメン

    アンラッキーヤングメンから見た北野武ビートたけし

    1968年の学生運動真っ只中の東京が舞台であり、永山則夫連続射殺事件・連合赤軍事件・三億円事件等の実際にあった事件が互いにリンクし、永山則夫・永田洋子・北野武等の実在した人物をモデルにしたと思われるキャラクターが登場する。アンラッキーヤングメン フレッシュアイペディアより)

  • 西沢仁太

    西沢仁太から見た北野武ビートたけし

    北野武監督作品に数多く出演している。その契機は、バイト先のレストランに来店した北野への直談判だった。それからおよそ一年後、北野のキャスティング担当より突然連絡があり「HANA-BI」への出演が決まったという。以来、「TAKESHIS'」「アキレスと亀」と出演。「菊次郎の夏」、「BROTHER」にも参加しているが、出演シーンがカットされた。西沢仁太 フレッシュアイペディアより)

1490件中 11 - 20件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード