フィジー ニュース&Wiki etc.

フィジー共和国(フィジーきょうわこく)、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500km程離れた保護領のロツマ島に位置する島国である。300余の火山島と珊瑚礁からなる。西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フィジー」のつながり調べ

  • マーシャル・ギルバート諸島機動空襲

    マーシャル・ギルバート諸島機動空襲から見たフィジー

    アメリカ海軍の最初の攻撃目標に選ばれたのが、フィジー方面への侵攻拠点になる恐れがあるマーシャル諸島とギルバート諸島およびウェーク島であった。ニミッツは1月9日にウィリアム・ハルゼー中将に作戦を発令した。マーシャル諸島のうち中核のロイ=ナムル島(ルオット)とクェゼリン環礁は当初案において攻撃目標外だったが、潜水艦「ドルフィン」が1月下旬に行った事前偵察の結果、マーシャル諸島の日本側防備がそれほど厳重ではないと判明したため、攻撃目標に追加された。マーシャル諸島とギルバート諸島方面には、空母「エンタープライズ」を中心とする第8任務部隊(指揮官:ウィリアム・ハルゼー中将)と、空母「ヨークタウン」を中心とする第17任務部隊(指揮官:フランク・J・フレッチャー少将)が投入されることになり、ハルゼー中将が全体の指揮を執った。同時に、空母「レキシントン」を基幹とする第11任務部隊(指揮官:ウィルソン・ブラウン中将)がウェーク島に空襲をかける計画であった。(マーシャル・ギルバート諸島機動空襲 フレッシュアイペディアより)

  • ミナミギンガメアジ

    ミナミギンガメアジから見たフィジー

    ミナミギンガメアジ(学名:Caranx tille)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド太平洋地域の熱帯、亜熱帯域に広く生息し、分布域は西は南アフリカ、東はフィジー、日本、オーストラリアまで広がっている。他種とは丸みを帯びた頭部や、その他の解剖学的特徴によって区別される。最大で全長80cm、体重7.2kgに達することが記録されてる。沿岸性の種であり、岩礁やサンゴ礁、ラグーンなどでみられるが、深い外洋において海山付近からも記録がある。肉食魚であり、様々な種の魚類や甲殻類を捕食する。繁殖についてはほとんど分かっていない。漁業における重要性は高くないが、様々な漁法によって捕獲されることがある。釣りの対象魚として人気があり、また食用としても美味である。(ミナミギンガメアジ フレッシュアイペディアより)

「フィジー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「フィジー」
地図情報