フィリップ・ラーム ニュース&Wiki etc.

フィリップ・ラーム(Philipp Lahm, , 1983年11月11日 - )は、ドイツ・ミュンヘン出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。左右のサイドバックと守備的MFをこなす。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フィリップ・ラーム」のつながり調べ

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たフィリップ・ラーム

    試合開始直後から、ホームスタジアムの声援の後押しを受けたバイエルン・ミュンヘンがボールを支配し、度々チャンスを作る。チェルシーは守備の要であったイヴァノヴィッチ、メイレレス、ラミレス、テリーの4人を出場停止で欠いているため、決勝戦までチャンピオンズリーグ出場経験のなかったU-21イングランド代表のバートランドを先発メンバーに抜擢、ロッベンとラームを抑える役目を託しある程度の成果を上げた ものの、ボールを積極的に奪うことはできず劣勢に立たされる。37分にドログバがヒールキックでランパードに戻して右サイドに展開し、カルーがミドルシュートを放った場面ぐらいしかノイアーの守るバイエルンゴールを脅かす場面はなかった。一方、バイエルンは36分に左サイドからリベリーが上げたクロスボールをミュラーがダイレクトボレーシュートを放ち、42分にはフリーでボールを受けたゴメスがペナルティーエリア内でシュートを放つなど好機を多く作りシュートも10本以上放ったものの、放ったシュートのほとんどがペナルティーエリアライン外から放たれた枠外シュートであり、こちらも敵のゴールを脅かす場面は少なかった。また、多くのCKも獲得し、ショートコーナーなど変化をつけながら何度となくクロスを上げるものの、そのほとんどをチェルシーにクリアされ、チャンスを活かすことができなかった。(UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・リザラズ

    ビセンテ・リザラズから見たフィリップ・ラーム

    2005年、シーズン終了後にリザラズは1度現役引退を表明するが、2年間のレンタル移籍を終えて戻って来た左SBのフィリップ・ラームが、右足十字靭帯断裂という大怪我を負った状態でチームに復帰したため、クラブ側の訴えに応じ1年間現役を続行することを決めた。シーズン中盤でラームが復帰すると、ラームとポジション争いをしながらも、その後も負傷で離脱しがちだったラームの穴をしっかりと埋めた。(ビセンテ・リザラズ フレッシュアイペディアより)

「フィリップ・ラーム」のニューストピックワード