1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示
  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たSLベンフィカ

    フェイエノールトのサポーターは"ヘット・レヒューン" (Het Legioen) と呼ばれ、熱狂的な応援とクラブへの高い忠誠心で知られている。アウェーゲームの応援にも積極的で、1963年のSLベンフィカとのUEFAチャンピオンズカップ準決勝では二艘の船、数千の自動車と電車で約3,000人のサポーターが大規模な遠征を行い、ヘット・レヒューンの誕生エピソードとなったこの時の様子は2016年に"De geboorte van het legioen"のタイトルでドキュメント映画化されている。過去の欧州でのアウエーゲームでは1試合平均1,000から2,000人のファンが遠征しており、1996年に行われたドイツのボルシア・メンヒェングラートバッハとの試合では約15,000人のサポーターが出向いた。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見た南ホラント州

    フェイエノールト・ロッテルダム () は、1908年創設のオランダ・南ホラント州・ロッテルダムに本拠地を置くサッカークラブ。エールディヴィジに所属。ホームスタジアムのスタディオン・フェイエノールトはデ・カイプと呼ばれ、スタディオンクラブとして全国的人気を集めている(2016年にオランダのHendrik Beerda Brand Consultancyの2年間の市場調査で「アヤックスやオランダ代表以上にオランダで最も人気あるスポーツチーム」とランク付けされるなど、サポーター以外からも多くのファンを持つ)。伝統的に赤と白のユニフォームを着用し、オランダの伝統的トップ3の一つ。アヤックスとの対戦はデ・クラシケルと呼ばれる。以前はFeijenoordだったが、1973年にFeyenoordに変更された。日本では小野伸二と宮市亮がかつて所属していたことでも知られている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFAカップ1973-74

    1969年に監督に就任したエルンスト・ハッペルによって伝統的なハードに戦うスタイルに先進的なプレッシングと攻撃的な戦術が付け加えられると、ハードワークと良いフットボールが両立されたチームはクーン・ムーライン、オフェ・キントファル、ヴィレム・ファン・ハネヘムなどの活躍で1970年にオランダのクラブとして初めてUEFAチャンピオンズカップを制し、数ヶ月後にはエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタを破ってクラブ・ワールドカップ(インターコンチネンタルカップ)までも獲得した。1974年にもオランダのクラブとして初めてUEFAカップも制している。ヴィレム・ファン・ハネヘムは「良いフットボールはアムステルダムから生まれたと強調される度に私は腹が立つ。1970年のヨーロッパ・カップ決勝は事実がそうではなかったという最良の証拠だった」と後に語っている。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たUEFAヨーロッパリーグ 2014-15

    2014-15シーズンからはサイクルを終えたロナルド・クーマンに代わり、フレッド・ルテンが監督に就任。7年ぶりにUEFAヨーロッパリーグの予選を突破してグループステージに進出し、11月27日にセビージャFCを2-0で破るなどホームで3勝をあげて10年ぶりの冬越えも達成した。グラツィアーノ・ペッレの移籍でチャンスを決めることに苦労するも、11月には公式戦5試合で無失点など守備面の改善が顕著で、スフェン・ファン・ベーク、テレンス・コンゴロの若いCBデュオに新加入GK ケネト・フェルメールの守備ブロックは"ロッテルダム・ザイトの壁"と名付けられた。しかしシーズン後半戦は大きく失速し、PSVとのホームゲーム (2-1) 、AZとのアウエーゲーム (1-4) にアナス・アチャバールらの活躍で連勝した後の残り5試合で2分け3敗と、目前だった3位を逃してルテンを解任、来シーズンから監督就任が決まっていたジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストが前倒しで監督に就任して欧州戦を賭けたPOへ進んだが、第1ラウンドでSCヘーレンフェーンの前に敗退と失望のシーズンに。しかし財政面では売上高 (6100万ユーロ超) と収支 (+1360万ユーロ) で共にクラブ史上最高額を記録。移籍市場での大きな収入と欧州戦での成功、adidasとの衣類スポンサー契約で大きく成功した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たリヌス・ミヘルス・アワード

    フェイエノールト・アカデミーは元トップ選手を積極的にユース・コーチに迎え、ライモント・フェルハイエンのピリオダイゼーション理論を導入するなど、元育成責任者 ステンリー・ブラルト (2005-2013) とユース・コーチの指導役 ヴィム・ヤンセンのもとでオランダ国内では先進的な改革を果たし、2010-11シーズンから5年連続でオランダ最高のユースに贈られるリヌス・ミヘルス・アワードを獲得、フェイエノールト1だけでなくオランダ代表にも多くのファルケノールト出身者を送り込み、名実共にオランダ最高のユースとして国内外に広く知られている。特にユース・コーチに積極的に元トップ選手を迎えて、将来のトップチームの監督の修行の場としてではなくユース育成のスペシャリストとして指導者を重視する手法は、近年育成面で大きく遅れを取っているアヤックスにもヨハン・クライフによってコピーされているが、幼少期からの一貫した育成を重視するフェイエノールトの育成は国内外の15〜17歳の選手を上手く買い集めるアヤックスの手法とは一線を画している。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

  • フェイエノールト

    フェイエノールトから見たヘラルト・マイヤー (フェイエノールト)

    2003年からフェイエノールトはアンバサダーを置いており、常に著名なロッテルダマーが選ばれている。毎年オープン・ダッハにおいて新シーズンのアンバサダーが発表されていたが、2008年にクラブ勤続50年を迎えたヘラルト・マイヤーが終身アンバサダーに就任した。フェイエノールト フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示

「フェイエノールト」のニューストピックワード