164件中 111 - 120件表示
  • フェリー

    フェリーから見たボレアース宗谷

    ファイル:Boreas soya.jpg|ボレアース宗谷フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たノット

    22ノット以上で走る客船は高速客船と呼ばれ、普通運賃に加えて高速船料金が徴収できる。公式ではないが40ノットを越えて走る客船は超高速客船と呼ばれる。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たさんふらわあ つくば

    アテネ近郊のからエーゲ海諸島へのフェリーが就航しており、のエリロス号()、のニッソス・ロードス号()、アリアドネ号()など日本の中古船も多数就航している。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たトゥーロン

    マルセイユ ? アジャクシオ、マルセイユ ? バスティア、マルセイユ ? イル=ルース、マルセイユ ? ポルト=ヴェッキオ、マルセイユ ? プロプリアノとコルシカ・リネアそしてLa Méridionale。トゥーロン ? アジャクシオ、トゥーロン ? バスティア、トゥーロン ? イル=ルース、トゥーロン ? ポルト=ヴェッキオ、ニース ? アジャクシオ、ニース ? バスティア、ニース ? イル=ルース、ニース ? ポルト=ヴェッキオとCorsica Ferries。ニース ? バスティアとモービー・ラインズ。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たモーダルシフト

    一方、フェリーによる輸送は、輸送単位当たりの二酸化炭素排出量が少ないことから、モーダルシフトを担う輸送手段として注目されている。また、2011年に「1000円高速」が終了したことや、2012年4月の高速ツアーバスの居眠り事故を契機とする長時間・長距離運転の社会問題化によって、コストやドライバーの負担軽減の観点からフェリー輸送が再評価されている。このような動きを受けて、2015年以降、九州航路等で長距離フェリーへの新船の投入が相次いでいる。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たさんふらわあ きりしま

    ファイル:Bhw PICT0018.JPG|さんふらわあ きりしまフェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た北島 (ニュージーランド)

    北島のウェリントンと南島のピクトンを結ぶフェリーが就航しており、運航会社は公営の社と民営の社がある。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た第五関門丸

    第二次世界大戦後の1950年、下関と門司の間3.8kmを結んだ「第三関門丸」「第四関門丸」「第五関門丸」の3隻が就役した。また、瀬戸内海では1953年に宇野(岡山県)と高松(香川県)間を結ぶ「第一航走丸」150総トンが、1954年に明石海峡横断航路として明石 - 岩屋(兵庫県)間を結ぶ「あさぎり丸」220総トンが、同年に鳴門海峡航路として福良(兵庫県) - 鳴門(徳島県)間を結ぶ「若潮丸」220総トンがそれぞれ就航した。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たノールカップ

    南端のベルゲンからフィヨルド沿いに北上、ノールカップを回って北端のヒルケネスを往復するフッティルーテン(Hurtigruten 沿岸急行船)が有名。生活航路であると同時に観光ポイントを巡ることからクルーズ船としての性格を持ち合わせている。船体は古いものから新しいものまで様々だが年が若くなるにつれて設備が豪華になっている。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たカプセルホテル

    2等寝台: 大部屋に2段ベットを大量に設置した部屋で、最低限ではあるがプライバシーが確保される。主な設備はライトにコンセントと枕といったところで、シーツは自分で敷く。合理化の一環として2等寝台のみという長距離フェリーも現れてきている。バリアフリーの一環として寝台の梯子をなくしたり、ベッドとテレビが備わった小部屋タイプ(いわゆるカプセルホテル形態)が増えてきている。複数の2等寝台のランクがある場合、一段ベッド式でテレビやコンセントが付き、ある程度のプライベートが確保された半個室上の「S寝台」、付帯設備は同等だが階段付き互い違いの2段ベッドとなる「A寝台」、通常の開放型2段ベッドの「B寝台」などと呼称されることがある(呼び名は一例である)。フェリー フレッシュアイペディアより)

164件中 111 - 120件表示

「フェリー」のニューストピックワード

  • この後の治療も絶対乗り越えてみせる

  • Do you dream electric lotus?

  • ぼくは 戻ります。必ずみんなのところへ