フェーン現象 ニュース&Wiki etc.

フェーン現象(フェーンげんしょう、)とは、山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のこと。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フェーン現象」のつながり調べ

  • アヴェロン県

    アヴェロン県から見たフェーン現象

    気候は中央高地と地中海の両方から影響を受けており、県の南北で気候が少しずつ異なる。ロデーズの西側にあるピュエシュ山およびルエルグの高原地帯は、わずかに海洋性気候が勝る。緑豊かな木立の茂みが存在することから県西部での定期的な降雨が裏付けられる。県中央部、レヴェズーの丘陵地帯はより降雨量が多いが、標高が1000mあるため気温は涼しい。冬の降雪は普通である。およそ標高1200mの北東部のオブラック山地は、主に南西からの降雨が重要で、降雪量も多い。南東部は標高1000mのコース地方があるため、冬に時々極端に気温が下がる。コース山地とセヴェンヌ山脈に守られた谷は、しばしばフェーン現象が起きる。南東部は県で最も日照時間が多い。(アヴェロン県 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢市

    金沢市から見たフェーン現象

    日本海側気候で、年中湿度が高く、雲が発生しやすい。特に冬には雨・雪が降る日が多い。平年の雷日数が全国の県庁所在地の中で最も多く、そのほとんどは晩秋から冬に起こる。比較的好天が多いのは4-5月と10月、夏にはフェーン現象が起きて最高気温が35℃を超えることもある。梅雨の影響は太平洋側と比較して少ない。台風が直撃することもあまりない。12月から2月にかけては雪や雨が多い。雷を伴ってあられや雹が降ることもある。1987年以降の暖冬に加え、1991年10月23日に気象台が中心部にほど近い弥生町から、海風の影響で気温が高めで雪が積もりにくい沿岸寄りの西念町へ移転して以降、観測される降雪量は急激に減っており、北陸の他都市はおろか鳥取市よりも積雪量が少なくなることが増えた。しかしながら、市の公表している積雪量 によると、気象台よりも兼六園のある市内中心部の方が積雪が多く、特に、金沢大学のある角間町などの内陸地域などは豪雪となりやすい。このように同じ市内であっても海側と内陸では積雪量が大きく異なっている。(金沢市 フレッシュアイペディアより)

「フェーン現象」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フェーン現象」のニューストピックワード