1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示
  • フェーン現象

    フェーン現象から見た北米

    フェーン現象という名前は、フェーン()というアルプス山中で吹く局地風が由来であり、この局地風はアルプスを越えて吹く乾いた暖かい風のことである。現在は一般用語として使われており、本来のフェーンのほかに、北米のロッキー山脈を越えて吹く風チヌークなど、世界各地の同様の風もフェーンと呼ばれる。なお、漢字による当て字は岡田武松が考案した風炎である。フェーン現象 フレッシュアイペディアより)

  • フェーン現象

    フェーン現象から見た気象力学

    フェーン現象には二つの種類がある。すなわち、熱力学的な断熱変化によって起こるフェーン現象と力学的に起こるフェーン現象である。前者を湿ったフェーン、後者を乾いたフェーンという。乾いたフェーンは風が山を越えなくても起こるフェーン現象として知られている。この両者の現象の発生を唱え、フェーン現象の本格的な研究を行ったのは「近代気象学の父」とも称されるオーストリアの気象・気候学者(Julius Ferdinand von Hann、「J.F.ハーン」と表記する例もある)(1839年?1921年)である。ハンはフェーン現象の研究のほか、上昇気流による断熱変化、高気圧論など、気象熱力学を主とした気象力学の研究で業績を上げた人物である。フェーン現象 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード