148件中 101 - 110件表示
  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たチビらサンデー

    チビらサンデー(1976年7月4日 - 9月26日、テレビ朝日)フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た銀座わが町

    1973年の8月にフォーリーブスへのプレゼント代や追っかけ費用を稼ぐために売春していたという女子中学生グループが書類送検されて批判を浴びた。同年、公開コメディー番組『とことんやれ大奮戦!』に出演。青山はNHKドラマ『銀座わが町』で初レギュラー。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たソウルミュージック

    1970年代になるとGS人気は下火になり、代わってアーティスト性を押し出したニュー・ロックや米国の対抗文化に由来したフォークが台頭する。しかしジャニーズ事務所は創業者のジャニー喜多川の活動方針から、非日常な世界を演出する舞台芸術の披露をメインに据えていたため、アーティスト性や政治性などのような個々のタレントの「自我」を前面に押し出すような楽曲を回避した。1974年のシングル「ヘイベイビー」には作曲に都倉俊一を迎え、この頃から軽快なソウルミュージックに転換し、人気の持続に成功した。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たグループ・サウンズ

    1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあった御三家やグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。オリコン最高10位と大ヒット曲はなかったが、冒頭の江木の名ゼリフ「だって地球は丸いんだもん!」で知られる「地球はひとつ」や、「夏の誘惑」などがコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。先輩格のジャニーズと同様に、ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズ事務所に受け継がれている。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た

    再結成時は、北=、青山=緑、江木=赤、おりも=黄色と、イメージカラーが決められていた(ジャニーズ事務所所属時は不明)。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たアイドル

    1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあった御三家やグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。オリコン最高10位と大ヒット曲はなかったが、冒頭の江木の名ゼリフ「だって地球は丸いんだもん!」で知られる「地球はひとつ」や、「夏の誘惑」などがコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。先輩格のジャニーズと同様に、ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズ事務所に受け継がれている。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たボクは女学生

    ボクは女学生(1973年10月5日 - 12月、フジテレビ)フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た東京音楽祭

    長く賞には恵まれなかったが、10周年記念曲として1976年にリリースした「踊り子」で、東京音楽祭ゴールデン・カナリー賞の受賞を皮切りに日本歌謡大賞特別賞、日本テレビ音楽祭特別賞等を受賞した。しかし当時人気は既に下降し始めていて、オリコン最高位は41位であった。なお、同曲のレコードでは北が歌っていたソロパートが、歌番組では青山の歌唱へ変更されていることが多かった。その年のNHK紅白歌合戦出場曲にもなり、ソロパートは北と青山の2名によるツインボーカルによる歌唱で披露されたが、画面に映っているのは北だけであった。翌1977年に起死回生を賭けてリリースした「ブルドッグ」は、硬派で攻撃的な歌詞や独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼びオリコンでは前年の「踊り子」を上回る売上を記録したが(最高位は40位)、7年連続出場したNHK紅白歌合戦には落選した。しかし、この曲はその後も後輩のジャニーズアイドル達によってライブやテレビで歌い継がれているほか、1987年にはフジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」のオープニングコント「ご存知!じいさんばあさん」のネタの一部に使用されたり、更に1997年には富士フイルム「写ルンです」のCMソングに起用され、2006年にはタレントの城咲仁によってカバーもされた。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た新御三家

    1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあった御三家やグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。オリコン最高10位と大ヒット曲はなかったが、冒頭の江木の名ゼリフ「だって地球は丸いんだもん!」で知られる「地球はひとつ」や、「夏の誘惑」などがコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。先輩格のジャニーズと同様に、ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズ事務所に受け継がれている。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た肴町 (浜松市)

    1990年頃、青山とおりもの2人で、静岡県浜松市肴町にある同じビル内に、「ステージバー・グリッター」(3F)というショーパブと、「タレント・ミュージック・スクール」(4F)という音楽学校の2つを開いた。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

148件中 101 - 110件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード