148件中 131 - 140件表示
  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た

    再結成時は、北=青、青山=緑、江木=、おりも=黄色と、イメージカラーが決められていた(ジャニーズ事務所所属時は不明)。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た青春をつっ走れ

    青春をつっ走れ(1972年4月 - 7月、フジテレビ)ゲスト出演フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た日生劇場

    フォーリーブスヤングサプライズ「少年たち」(1969年12月、大阪フェスティバルホール、日生劇場フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た日劇ウエスタンカーニバル

    同年8月、第33回日劇ウエスタンカーニバルに初出演。この時、初めてグループ名が正式に『フォーリーブス』に決まった。 なお、「フォーリーブス=Four Leaves(4枚の葉←leavesはleafの複数形)」の意味が定説だが、本来の名前の由来は、ジャニー喜多川が脚本を書いた上記のミュージカル『いつかどこかで?フォーリーブス物語』内のグループ名からで、「4つに“別れる、去る、出発する”」という意味の自動詞の「“leave”」である。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た御三家

    1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあった御三家やグループ・サウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。オリコン最高10位と大ヒット曲はなかったが、冒頭の江木の名ゼリフ「だって地球は丸いんだもん!」で知られる「地球はひとつ」や、「夏の誘惑」などがコンスタントにヒットを重ね、1970年から7年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。先輩格のジャニーズと同様に、ミュージカルにも熱心に取り組み、その姿勢は現在のジャニーズ事務所に受け継がれている。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た象印クイズ ヒントでピント

    1980年代にも、おりもがレギュラー出演していたテレビ朝日系列『象印クイズ ヒントでピント』に幾度か青山と江木が出演。またテレビ東京系列『飛び出せ釣り仲間』でも青山とおりもが共演している。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たニュー・ロック

    1970年代になるとGS人気は下火になり、代わってアーティスト性を押し出したニュー・ロックや米国の対抗文化に由来したフォークが台頭する。しかしジャニーズ事務所は創業者のジャニー喜多川の活動方針から、非日常な世界を演出する舞台芸術の披露をメインに据えていたため、アーティスト性や政治性などのような個々のタレントの「自我」を前面に押し出すような楽曲を回避した。1974年のシングル「ヘイベイビー」には作曲に都倉俊一を迎え、この頃から軽快なソウルミュージックに転換し、人気の持続に成功した。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たNHK衛星第2テレビジョン

    解散後から再結成までの期間までは、解散直後にベストアルバムが販売されたものの、翌1979年の覚せい剤取締法違反による北公次の逮捕以後は、1992年8月にNHK-BS2で放送された『時代を駆ける栄光のアイドル達』を除き、当時の人気に反してメディアで振り返られる機会はほぼ皆無と言っても過言ではなかった。1981年に『さよなら日劇ウエスタンカーニバル』が開催された際、この企画の為にフォーリーブスを一時的に再結成させたいという話がジャニーズ事務所に持ちかけられたが即座に断られたこともあった。編集盤も解散直後に発売された物を除くと1997年9月21日発売の『アーリーシリーズ・ベスト・オブ・フォーリーブス』が初のベストアルバムであり、アルバムの再発もCDでは1994年5月21日発売の『若者』のみであった。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見たおれは男だ!

    おれは男だ!(1971年2月21日 - 28日、日本テレビ)第1話と2話にゲスト出演フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た覚せい剤取締法

    解散後から再結成までの期間までは、解散直後にベストアルバムが販売されたものの、翌1979年の覚せい剤取締法違反による北公次の逮捕以後は、1992年8月にNHK-BS2で放送された『時代を駆ける栄光のアイドル達』を除き、当時の人気に反してメディアで振り返られる機会はほぼ皆無と言っても過言ではなかった。1981年に『さよなら日劇ウエスタンカーニバル』が開催された際、この企画の為にフォーリーブスを一時的に再結成させたいという話がジャニーズ事務所に持ちかけられたが即座に断られたこともあった。編集盤も解散直後に発売された物を除くと1997年9月21日発売の『アーリーシリーズ・ベスト・オブ・フォーリーブス』が初のベストアルバムであり、アルバムの再発もCDでは1994年5月21日発売の『若者』のみであった。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

148件中 131 - 140件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード