フランス経済 ニュース&Wiki etc.

フランスの経済(仏語: 、英語:)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フランスの経済」のつながり調べ

  • 保険

    保険から見たフランスの経済

    1970年代、フランスへ外銀が雪崩れこみ(詳細)、保険の銀行窓口販売がスタートした。(保険 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州石炭鉄鋼共同体

    欧州石炭鉄鋼共同体から見たフランスの経済

    西ドイツの対アジア輸出は1952年に8億マルク程度だったのが、1956年に19.95億マルクに増えた。1956年の輸出先ではインドが突出して8.19億マルクであった。このように輸出が伸びた時期にちょうどインド準備銀行が行った外資等の実態における調査は、英米ないし国際機関による投融資が主体であった事実を記録している。西ドイツからの輸入は英米等の直接投資が呼び込んだものと推察される。数字としては成功だが、しかし金融においては当時から英米に主導権を握られていた(フランスが良い例)。(欧州石炭鉄鋼共同体 フレッシュアイペディアより)

「フランスの経済」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フランス経済」のニューストピックワード