118件中 81 - 90件表示
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

    ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアから見たプラダプラダ

    最初の落成から130年以上を経た現在、4階建てのアーケードにはオートクチュール店から書店に至るまでの上品な各種店舗、グッチ、プラダ、ルイ・ヴィトンなどの高級ファッションブランド店の他、レストラン、カフェ、バーが入居している。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアへ直接つながっているのは、ミラノでも最高級のパーク・ハイアット・ホテルで、都市の中でも最も豪華な(最も高価でもある)部屋と設備を有している。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア フレッシュアイペディアより)

  • マリーナベイ・サンズ

    マリーナベイ・サンズから見たプラダプラダ

    ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズは93,000 m2ほどの店舗面積を持ち、300以上の小売店と、フード・アンド・ビバレッジ・アウトレットが入居している。ブティックには、ラルフ・ローレン、シャネル、カルティエ、プラダ、グッチ、エルメス、アルマーニ、ショパール、レッドヴァレンティノ、ディオール、ダンヒル、ヴァーチュ、ミュウミュウ、サン・ローラン、サルヴァトーレ・フェラガモ、モンブラン、ブランパン、ヴェラ・ウォン、エルベレジェが入居している。マリーナベイ・サンズ フレッシュアイペディアより)

  • ドナ・バーク

    ドナ・バークから見たプラダプラダ

    プラダジャパン 企業用電話英語案内ドナ・バーク フレッシュアイペディアより)

  • ミランダ・カー

    ミランダ・カーから見たプラダプラダ

    2006年から継続してきたビクトリアズ・シークレットの広告塔活動のほかにも、アーデン・ビー(2007年)、クリニーク(香水、同年)、プラダ(2010年)など各種ブランドの広告塔を担ってきた。2012年には地元オーストラリアの航空会社カンタス航空の大使に就任。さらに日本のファッションブランド「サマンサタバサ」から広告塔モデル起用。松本恵奈のファッションブランド「エモダ(EMODA)」からのイメージモデル起用(2012年秋冬季)もあり、9月よりさっそく同ブランドのカタログに登場。このカタログ上の自身の写真は全てが撮りおろしによるもので、日本のブランドとしては初の試みであった。この年にはさらに、ミラ・ジョボビッチ、ナオミ・キャンベル、エヴァ・ハーツィゴヴァ、クラウディア・シファー、クリスティー・ターリントン、ならびにケイト・モスなどが歴代の“顔”を担ってきたスペイン発のファッションブランド「マンゴ」の新たなイメージキャラクターともなっている。ケイト・モスとの入れ替わりによる就任であった。2013年には「スワロフスキー」の新たなミューズに就任。2014年には「H&M」の広告に起用されたほか、「リーボック」の靴製品「Skyscape(スカイスケープ)」のグローバルアンバサダーに就任。日本の「たかの友梨ビューティクリニック」からの起用もあり、同社のテレビCMに出演している。外国人の起用は同社の史上初のことであった。ミランダ・カー フレッシュアイペディアより)

  • シエナ・ミラー

    シエナ・ミラーから見たプラダプラダ

    モデルとしてキャリアを始め、タンディ・アンダーソンと契約後にコカ・コーラやイタリア版『ヴォーグ』、プラダのモデルとなる。2003年には「Pirelli」のカレンダーのモデルに起用される。2006年にはペペ・ジーンズ(ロンドン)の専属モデルとして契約する。シエナ・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 旧居留地

    旧居留地から見たプラダプラダ

    京町筋(メインストリート) - 神戸市立博物館、神戸旧居留地25番館(オリエンタルホテル、バーニーズ・ニューヨーク、ルイヴィトン神戸メゾン)、プラダ神戸店、日本ビルヂング(KOBEとんぼ玉ミュージアム)、日本銀行神戸支店、新クレセントビル、神戸ビルヂング旧居留地 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の建築

    2000年代の建築から見たプラダプラダ

    プラダブティック青山店 (2003年 ヘルツォーク&ド・ムーロン)2000年代の建築 フレッシュアイペディアより)

  • Atsushi (ライフスタイルプロデューサー)

    Atsushi (ライフスタイルプロデューサー)から見たプラダプラダ

    22歳の時にオーストラリア・シドニーのプラダにて現地採用され、ファッション業界でのキャリアをスタートさせる。25歳でディーゼルにPRとして入社。その後ヘッドハンティングでD&G、ヴェルサーチでは雑誌撮影から広告やイベントに至るまでPR活動全般に携わり、年4回催されるミラノ・コレクションでは日本セクションを担当。PRマネージャーを経て、33歳でフリーランスのPRコンサルタントとして独立する。Atsushi (ライフスタイルプロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • ティファニー

    ティファニーから見たプラダプラダ

    日本では、クリスマスなどの贈り物としてオープンハートのペンダントが人気である。また、アイテムとしてはマイナーな部類に入るが、テンプルパーツの交換で多彩な表情が楽しめるサングラスも展開されている。発売元はレイバン、プラダなどと同じミラリジャパンである。ティファニー フレッシュアイペディアより)

  • チュ・ジンモ

    チュ・ジンモから見たプラダプラダ

    チュ・ジンモは甘いマスクと印象的な瞳を持った「花美男(イケメン)」と評される。またテコンドー公認3級、水泳、野球、スケート、乗馬等を習得しており、鍛えられた肉体と抜群のスタイルを合わせもった「モムチャン(韓国語で健康な肉体をもった者の意)」でもある。デビュー前を振り返ると、チュ・ジンモはソウル特別市の出身で一男三女の末子として育ち、高校時代にはヘビーメタル・グループのリーダーとして音楽に熱中していたという。高校卒業後はインチョン(仁川)専門(短期)大学体育学科に進学するものの、学業を中断して兵役についた。兵役を終えた後には、俳優であり大学の演劇学科の教授を務めたこともあるユ・インチョンが主催する「劇団ユ・インチョン・レパートリー」の研究劇団員となり、練習室に寝泊まりして演劇やダンスの練習に励んだという。また、デザイナーのハ・ヨンスに見出され韓国人として初めて『プラダ』の紙面モデルとなった。さらに、コーヒーのコマーシャルと人気歌手のミュージック・ビデオへの出演によって、爽やかなイケメンとして注目された。だが、容姿によってのみ評価されるのではなく、演技によって評価されたいという想いは、彼のその後の役者人生の核となっていく。チュ・ジンモ フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示

「プラダ」のニューストピックワード