61件中 31 - 40件表示
  • むらた雅彦

    むらた雅彦から見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    爆転シュート ベイブレード (2001) 演出 3話 10話むらた雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 古代王者恐竜キング

    古代王者恐竜キングから見たベイブレードベイブレード

    セガトイズは2006年3月から本作のグッズ販売を開始。ベイブレードに似た『スピンアタッカー』や、恐竜のアクションフィギュアなどを販売してきたが、テレビアニメ化に伴いすべて生産停止した。その後は、テレビアニメに準拠したキャラクター商品を新たに開発、2007年3月から販売を開始している。古代王者恐竜キング フレッシュアイペディアより)

  • 長森佳容

    長森佳容から見たベイウィールズベイブレード

    2012年『ベイウィールズ』キャラクターデザイン長森佳容 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見たベイブレードベイブレード

    ベーゴマの進化版ベイブレードが小学生の間でブームとなる。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ベーゴマ

    ベーゴマから見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    現在では、レトロブームの影響で細々と製造が続けられる一方、ベイブレードとして新たな形で復活している(過去にもバンダイによる「キャラコバッチ」と言う商品名で復活していたこともある)。ベーゴマ フレッシュアイペディアより)

  • ベーゴマ

    ベーゴマから見たベイブレードベイブレード

    ベイブレード - タカラトミー自らこの商品を「(最新技術を投入した)ベーゴマ」と明言している。ベーゴマ フレッシュアイペディアより)

  • バイ

    バイから見たベイブレードベイブレード

    古典的玩具として知られるベーゴマ(またはベイゴマ)は、近代以降は鋳鉄製であるが、元来はバイの殻で作られたものである。ベーゴマとはバイゴマ(貝独楽)の転訛したもので、そのため鋳鉄製のものにもその名残としてバイの殻を模した渦巻き模様が彫られている。本来の貝独楽は、バイの殻の下半を壊した後、研ぐなどして螺塔部のみを残し、そこに砂や溶けた鉛などを流し込んだあと断面を蝋などで固め塞ぎ、朱などを塗って作ったと言われる。これらを櫃や桶などの上にかぶせた莚などの上で廻し、相手の独楽を弾き飛ばせば勝ちとし、勝った者が相手の独楽を取ることができた。この遊びは貝廻し(ばいまわし)とも言い、主として江戸期の関西地方で盛んだったと言われる。また普通は子供が自分で独楽を作ることはなく、店で売られているものを買うものであったと言われる。この遊びはその後も続き、明治期になると真鍮製の独楽なども作られたが、より安価な鋳鉄製のものが作られ広く使われるようになった。この遊びは21世紀初頭でも行われており、これにヒントを得たベイブレードなども出現した。本来の貝独楽の遊びは重陽の節句に行われることが多かったともいわれ、「貝独楽」「貝廻し」などは秋の季語とされる。バイ フレッシュアイペディアより)

  • ミクロマン

    ミクロマンから見たベイブレードベイブレード

    ミクロマンを乗せたまま飛ばすことのできるヘリ。スパイマジシャン専用の偵察・諜報活動用ヘリ。手持ちの巻上げ装置で駆動ベルトを引き飛ばすタイプ(いわゆる「ベイブレード」方式)。一体成型のローターを収納するため正方形の薄型の外箱であったため、他の乗り物の外箱と比べて異質な印象を受ける。既存商品の流用であったが、シールや外観はミクロマンに合わせてリメイクされていた。構造上重量物は乗せられないため「金属製のスーパーミクロマンは使用できません」との注意書きがある。ミクロマン フレッシュアイペディアより)

  • 菱川直樹

    菱川直樹から見たベイウィールズベイブレード

    ベイウィールズ(2012年) 監督・絵コンテ菱川直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼鉄ジーグ

    鋼鉄ジーグから見たベイブレードベイブレード

    本作の立ち上げに際してタカラは「鋼鉄ジーグ事業部」を設立、強い意気込みで制作に臨んだ。従来の東映動画-ダイナミック企画作品『デビルマン』や『マジンガーZ』などと異なり、玩具と漫画連載ありきでアニメ化が後に続く手法は、後年の『トランスフォーマー』『ビーダマン』『ミクロマン』『ベイブレード』などでも用いられ、『タカラの山』(ISBN 4-02-257797-5)はこれを「タカラ的な手法」としている。鋼鉄ジーグ フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード