61件中 51 - 60件表示
  • タカラ (玩具メーカー)

    タカラ (玩具メーカー)から見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    1999年に発売した『ベイブレード』が一躍ヒット商品となり、男児玩具部門でバンダイを抜いてトップに立ったが、海外展開の失敗により経営不振に陥り、2000年にゲームメーカー・コナミ(後のコナミホールディングス)の第三者割当増資を受けてコナミグループ傘下となる。タカラ (玩具メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たベイブレードベイブレード

    この頃、タカラはヒット商品を相応に出してはいたが、ベイブレードブーム終了の反動で過剰な在庫を抱えることが多発した事や、別途展開していたチョロQ実車化によるミニカー事業や家電品事業がそれぞれ失敗したことで経営危機に陥り、廃業倒産の危機にあった。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • 大友ジュン

    大友ジュンから見た爆転シュートベイブレードベイブレード

    ほどなくして、ライヴハウス『新宿HEAD POWER』にてスカウトされ、2001年、system-Bのメンバーとしてテレビ東京系列アニメ 『爆転シュートベイブレード』のエンディングテーマのボーカルを担当する事になる。その後、シンガーソングライター・奥井雅美のバックコーラスや楽曲提供、テレビ東京系列アニメ『シャーマンキング』のキャラクターソングのボーカル等の活動を経て、2006年、ベルウッドレコードより大友ジュンとしてミニアルバム『遠い空』でCDデビュー。大友ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 柿沼朱里

    柿沼朱里から見たベイブレードベイブレード

    1992年法人化し、この間に『ビーダマン』、『ベイブレード』を立て続けに企画開発し、ヒット商品を連発している。2006年にユー・エス・ジェイにヘッドハンティングされ、物販開発次長就任。翌年には退社している。在任中にコンテンツの数値化を考案し、それが現在のビジネスの中心であるビッグデータ分析につながった。凸版印刷、ソフトバンクテレコム等企業のほか、地域振興で実績を積んでいる。凸版印刷の依頼で『妖怪ウォッチ』の立ち上げに関わり、バンダイ『DX妖怪ウォッチ』を設計した。近年では音楽活動に重点を置いている。アルバム『DJ KIMERA』収録曲である『Cloud Up』は海外で1日あたり72万ダウンロードの大ヒットとなった。柿沼朱里 フレッシュアイペディアより)

  • おはスタ

    おはスタから見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    爆転シュート ベイブレード、メタルファイト ベイブレード 関連のコーナーに出演した。おはスタ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コロコロコミック

    月刊コロコロコミックから見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    創刊当初より、本誌はホビーメーカーの宣伝的な要素を強く含んでいる。主な宣伝手法として、玩具を取り扱ったマンガの存在が挙げられる。ブームまでに至らず終了したものもあるが、多くは子供たちの間でヒットした。ブームのレベルとしては、『爆転シュート ベイブレード』の場合「どこに行っても手に入らないほどの品薄状態が約半年間続く」などといった現象が起きている。『ポケットモンスター』に関しては、いち早く最新情報を掲載したり、「ミュウ」を初めとする限定ポケモンの配布を行うなど、特に力を入れている。漫画に関しても、最古参で現在も連載中の『ポケットモンスター』を筆頭に、これまで数多く連載されてきた。毎年夏の映画公開が近づくと、劇場版を漫画化した作品が2 - 3か月に渡って連載される。ただし『ドラえもん』とは異なり、「続きは劇場で確かめよう」などと表記され完結せずに終わり、コミックスでのみ結末が収録される。後に『ドラえもん』も同じように結末は掲載されなくなった。また、ホビー系商品を原作にした漫画の場合、『デュエル・マスターズ』のように作者の意向とは無関係に、新商品にあわせて漫画の展開を大きく変えることがある。月刊コロコロコミック フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コロコロコミック

    月刊コロコロコミックから見たベイブレードベイブレード

    『ドラえもん』『忍者ハットリ君』を初めとする藤子不二雄作品を掲載したり、ゲームメーカーや玩具メーカーとタイアップした漫画を連載し、ファミコン、ビックリマン、アーケードゲーム、ミニ四駆、ポケモン、ビーダマン、ハイパーヨーヨー、ベイブレード、デュエル・マスターズ、ゾイド、甲虫王者ムシキング、妖怪ウォッチなど各商品でブームを巻き起こした。また創刊当初は赤塚不二夫や川崎のぼるといった有名漫画家の漫画作品も掲載されていた。月刊コロコロコミック フレッシュアイペディアより)

  • メタルファイト ベイブレード ZEROG

    メタルファイト ベイブレード ZEROGから見たベイブレードベイブレード

    『メタルファイト ベイブレード ZEROG』(メタルファイト ベイブレード ゼロジー)は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で連載された足立たかふみによる日本の漫画作品および、それを原作にしたアニメ作品。漫画『メタルファイト ベイブレード』およびアニメ『メタルファイト ベイブレード 4D』の続編であり、ホビー「ベイブレード」を題材としている。本項ではアニメ版の設定を中心に解説する。メタルファイト ベイブレード ZEROG フレッシュアイペディアより)

  • 駒形友梨

    駒形友梨から見たベイブレードベイブレード

    愛称の「ベイブレード先輩」は、高校時代に駒形姓の英語名は何になるのかという話題となり、同級生が「ベイブレード」ではないかと発想し、「先輩」という単語と結びつけて一部で呼ばれるようになった。声優になった後、タカラトミー主催のイベントに出演した際、この呼び名が公式認定された。駒形友梨 フレッシュアイペディアより)

  • 爆転シュート ベイブレード (アニメ)

    爆転シュート ベイブレード (アニメ)から見た爆転シュート ベイブレードベイブレード

    タカラより発売された玩具ベイブレードを基に、ベイブレードバトルで世界一を目指す少年たちの物語を描いたテレビアニメ作品である。2002年には映画化もされた。爆転シュート ベイブレード (アニメ) フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「ベイブレード」のニューストピックワード