601件中 101 - 110件表示
  • オフサイド・ガールズ

    オフサイド・ガールズから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    監督を務めたパナヒによれば前述の日本戦で観客が将棋倒しになり死傷者が発生した事件の犠牲者の中に男装した女性が含まれていたのではないかとする噂と、サッカー観戦にまつわる自分の娘とのやりとりなどが作品を作る上でヒントを受けたという。そのため女性問題を扱いながらも一方で多くの人に楽しんで観てもらえるかを追求したエンタテインメント作品となっている。この作品は2006年にベルリン国際映画祭銀熊賞 (審査員グランプリ)を受賞した。オフサイド・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • GAMA 月桃の花

    GAMA 月桃の花から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    『GAMA 月桃の花』(ガマ げっとうのはな)とは、1996年に公開された文部科学省選定の日本映画である。2007年ベルリン映画祭参加作品。太平洋戦争当時の沖縄戦終結50周年を記念して制作された。GAMA 月桃の花 フレッシュアイペディアより)

  • ハニフ・クレイシ

    ハニフ・クレイシから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    そして2001年、彼の著書「ぼくは静かに揺れ動く」(1998)を基に、パトリス・シェロー監督により映画化された「インティマシー/親密」は、その年のベルリン国際映画祭で、最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀ヨーロッパ映画賞の三部門を受賞し、翌2002年には日本でも公開された。ハニフ・クレイシ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロピアン・フィルム・マーケット

    ヨーロピアン・フィルム・マーケットから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ヨーロピアン・フィルム・マーケット フレッシュアイペディアより)

  • 第56回ベルリン国際映画祭

    第56回ベルリン国際映画祭から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第56回ベルリン国際映画祭は2006年2月9日から19日まで開催された。第56回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・フォーゲル

    ユルゲン・フォーゲルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ハンブルク出身。日本では出演作がほとんど公開されていないが、ドイツでは人気・実力ともに随一の俳優である。コメディからドラマまで幅広くこなす。歯並びの悪さがチャームポイント。最近の主な出演作に、ダニエル・ブリュールと共演した『僕の友達(Ein Freund von mir)』、ティル・シュヴァイガーおよびアレクサンドラ・マリア・ララ共演の『Wo ist Fred?』、ベルリン国際映画祭で芸術貢献賞を受賞した『Der freie Wille』などがある。その他、バイエルン映画賞3度受賞、ドイツ映画賞3度ノミネート(うち1度受賞)。ユルゲン・フォーゲル フレッシュアイペディアより)

  • ニンブス・フィルム

    ニンブス・フィルムから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    代表作は、1998年にカンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞した『セレブレーション』(トマス・ヴィンターベア監督) 、1999年にベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『ミフネ』 (ソーレン・クラーク=ヤコブセン監督)である 。ニンブス・フィルム フレッシュアイペディアより)

  • 幸福 (1965年の映画)

    幸福 (1965年の映画)から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1965年 ベルリン国際映画祭銀熊賞、審査員特別賞幸福 (1965年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 日本鬼子 (映画)

    日本鬼子 (映画)から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2001年:ベルリン国際映画祭正式出品日本鬼子 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第61回ベルリン国際映画祭

    第61回ベルリン国際映画祭から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第61回ベルリン国際映画祭(だい61かい-こくさいえいがさい)は、2011年2月10日から20日まで行われ、女優のイザベラ・ロッセリーニが審査委員長を務めた。オープニング作品はコーエン兄弟の『トゥルー・グリット』である。生涯功労賞はアーミン・ミューラー=スタールが受賞した。第61回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

601件中 101 - 110件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード