ホクトスルタン ニュース&Wiki etc.

ホクトスルタンは日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2008年の目黒記念。馬名の由来は「北斗+君主」。 (出典:Wikipedia)

「ホクトスルタン」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ホクトスルタン」のつながり調べ

  • 内田浩一

    内田浩一から見たホクトスルタン

    2008年3月16日の騎手最終騎乗日に中山競馬場で、かつて内田自らが騎乗し菊花賞を制したメジロマックイーンの産駒であるホクトスルタンがサンシャインステークス(1600万下)を制し、同じくメジロマックイーンの産駒であるヤマニンメルベイユが中山牝馬ステークス (GIII) を制し、一部マスコミでは当日を「マックイーン・デー」と称した。(内田浩一 フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たホクトスルタン

    2008年の春には復帰してメトロポリタンステークスを6馬身差で圧勝。続く目黒記念はホクトスルタンの2着に入り、その後宝塚記念に出走。3番人気に支持されたが10着に敗れた。秋は京都大賞典から始動。重賞未勝利馬ながら1番人気に推されたが、5着に敗れた。続くアルゼンチン共和国杯でも1番人気に支持されたがトップハンデの58kgの影響もあってか直線伸びきれず3着に敗れた。その後、ジャパンカップへ出走を予定していたが、重賞勝利馬か、過去1年のGIで3着以内に入っていなければ出走できないため直前になって回避した。次走の有馬記念はオリビエ・ペリエとのコンビで出走したが、6着に敗れた。(アルナスライン フレッシュアイペディアより)

「ホクトスルタン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ホクトスルタン」のニューストピックワード