244件中 151 - 160件表示
  • 蓬莱大介

    蓬莱大介から見たホストクラブホストクラブ

    2012年11月25日に『ミヤネ屋』の企画の一環として、「気象キャスターをあと30年間続けたい」決意と「5時間以内に完走できればテレビドラマで役者デビュー、できなければ鷹栖観音鬼会に参加する」条件で、第2回大阪マラソンのフルマラソンの部へ出場し、6時間2分59秒で自身初のフルマラソンを完走した。前年の大阪マラソンの結果を踏まえて2013年1月4日に鷹栖観音鬼会へ参加したところを『ミヤネ屋』の関係者に認められ、『お助け屋☆陣八』の2月28日放送分第8話でホスト役として村上知子と共演している。有村昆と10年来の友人である。蓬莱大介 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県警察の不祥事

    神奈川県警察の不祥事から見たホストクラブホストクラブ

    4月28日、南警察署生活安全課の24歳の女性巡査が、課内で積み立てていた慰安旅行の積立金を着服したとして、停職3か月の懲戒処分。巡査は同日依願退職。発覚するまでの1年4か月の間にホストクラブに通い続けたうえ消費者金融などに借金があり、返済に困窮し犯行に及んだもの。巡査は2016年6月から課の積立金の管理を担当していた。全額返済されたため、立件は見送られた。神奈川県警察の不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 13歳のハローワーク (テレビドラマ)

    13歳のハローワーク (テレビドラマ)から見たホストクラブホストクラブ

    1990年:ホストクラブ「フルーツパフェ」No.1。ホストの接客と心構えを鉄平らに教える。ホストに誇りを持っている。13歳のハローワーク (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 中村うさぎ

    中村うさぎから見たホストクラブホストクラブ

    1991年ライトノベル作家としてデビュー、角川スニーカー文庫より『ゴクドーくん漫遊記』で人気を博す。その後、ライトノベルを中心に作品を発表していたが自らの浪費家ぶり(ブランド品の買い物、ホストクラブ通いなど)を赤裸々に書いたエッセイ『ビンボー日記』、『ショッピングの女王』がヒットした。現在では、主にエッセイストとして活動している。中村うさぎ フレッシュアイペディアより)

  • 今際の国のアリス

    今際の国のアリスから見たホストクラブホストクラブ

    No.1にして「ビーチ」の支配者。元は歌舞伎町のホストだったが父親の店を受け継ぎ、商店街の人間から「帽子屋(ボーシヤ)」のあだ名をつけられた。アグニとは昔馴染みの親友同士で、アグニのことを「杜ちゃん」と呼んでいる。「」を得意とする事からも解る通りの強靭な肉体と宗教指導者を連想させるような高いカリスマ性を併せ持つ。今際の国のアリス フレッシュアイペディアより)

  • ろくでなしBLUES

    ろくでなしBLUESから見たホストクラブホストクラブ

    高校在学当時から不良であり、卒業後は上京しジゴロになることを志していた。卒業後は念願かなってホストとして生計を立てている。作中では度々金持ちの女のヒモとなりかなり羽振りは良かったが、最終回では勤務していた店がマネージャーの持ち逃げで潰れたため、ダフ屋に落ちぶれていた。父・文尊との再会と地元大阪での就職斡旋を恐れていたが、結局文尊と出くわし連れ戻されかけていた。文尊に「寺の息子という運命に縛られてほしくない」と思って名づけられ、自由に育てられたため、寺の長男らしくない名前、性格になっている。名前の由来は元プロボクサーの尾崎富士雄。ろくでなしBLUES フレッシュアイペディアより)

  • 桜木町 (富山市)

    桜木町 (富山市)から見たホストクラブホストクラブ

    桜木町と総曲輪1丁目は、北側を松川、東側は富山県道22号富山停車場線、西側は城址大通り、南側は国道41号に囲まれた一画で、桜木町は北側の約半分を占める。上記の道路沿いはオフィスが入居するビルやホテルなどが立ち並ぶが、一歩路地に入ると、スナック、バー、クラブ、キャバクラ、ホストクラブなどが入居する雑居ビルなどが立ち並び、一大歓楽街となっている。桜木町 (富山市) フレッシュアイペディアより)

  • 澤向要進

    澤向要進から見たホストクラブホストクラブ

    一時期芸能活動を休止しており、2002年〜2006年頃には歌舞伎町のホストクラブ『PLAYER'S CLUB Dios』でホストとして働いていたが、2009年3月、澤向 要進と改名して芸能活動を再開した。デビュー当時から所属していたソニー・ミュージックアーティスツから株式会社ボーントゥランに移籍。澤向要進 フレッシュアイペディアより)

  • 元祖ムキムキマン

    元祖ムキムキマンから見たホストクラブホストクラブ

    ブーム時は「ムキムキマンショー」を日本各地で催したり、漫画雑誌「冒険王」(秋田書店)でギャグ漫画化されたこともある。また、ブーム後も芸能活動を続け「超人機メタルダー」(中闘士ムキムキマン役)などに出演していた。一方、スナックバーや雀荘の経営、ホストクラブ「ムキムキマンの館」など事業の失敗で、2002年に58歳で自己破産を経験し、その後『人間!これでいいのだ』などテレビ番組出演時に苦労話を披露した。元祖ムキムキマン フレッシュアイペディアより)

  • ごくせん

    ごくせんから見たホストクラブホストクラブ

    沢田慎たち白金学院生徒の先輩。退学後、ホストクラブ「ルパン」に就職し「TAKEO」と名乗る。喧嘩で助けてもらった慎への恩返しとして「年上の女の口説き方」を徹底的に叩き込んだ張本人。花火大会にて慎がいつになく押しまくり、久美子との仲を進展できたのは彼のお陰。ごくせん フレッシュアイペディアより)

244件中 151 - 160件表示

「ホストクラブ」のニューストピックワード