244件中 171 - 180件表示
  • きのう何食べた?

    きのう何食べた?から見たホストクラブホストクラブ

    美容師になりたての頃は、それだけでは生活ができなかったため、水商売(ホストクラブ)で黒服のアルバイトをしていたことがあり、その時は周囲の人間からは名字が有名漫画の主人公と同じだったため「ジョー」というあだ名で呼ばれていた。きのう何食べた? フレッシュアイペディアより)

  • 流星の絆

    流星の絆から見たホストクラブホストクラブ

    歌舞伎町のホストクラブ「愛ニード優」のナンバー2。少女漫画が好きで特に「永遠少女栞」を愛読している。 甘ロリファッションで兎の名前を「ふりかけ」にしている静奈(栞)に恋をする。栞がカナダに行く事になり、30万円を栞に振り込んだ。流星の絆 フレッシュアイペディアより)

  • 娼婦

    娼婦から見たホストクラブホストクラブ

    現在の日本では、娼婦になる理由は単純なものではなくなっている。たとえば少女売春に関する著作では、性に関する興味関心からという例のほかに、ホストクラブにはまりその金を捻出するため、ドラッグにはまりそれを売る側の指示で、など様々な理由が挙げられている。娼婦 フレッシュアイペディアより)

  • 枕営業

    枕営業から見たホストクラブホストクラブ

    隠語の「枕営業」は現代において、特に性的な魅力(セックスアピール)や擬似的な恋愛(感情労働)などを利用することで成り立つ業種、ホストクラブやキャバクラなどの水商売や風俗店、芸能界やマスメディアに関連する業種などで多く使用されている隠語である。ただし、世間的に広く知られている隠語であるため、一般の業種やインターネット上の会話などでも通用する隠語となっている。枕営業 フレッシュアイペディアより)

  • 笑いの金メダル

    笑いの金メダルから見たホストクラブホストクラブ

    ネタバトルの頃にヒロシのホスト時代の写真を紹介したのが始まり。2回目からは「桃太郎電鉄」シリーズのキングボンビーに似せたキャラクターが登場した。また、画像やトークだけでなく芸人の身内による手紙やロケ映像などを紹介したこともある。笑いの金メダル フレッシュアイペディアより)

  • えむえむっ!

    えむえむっ!から見たホストクラブホストクラブ

    太郎のバイト先のコンビニの店長。ホストのような風貌で美形だが、生粋のオタクで二次元の世界に行きたいと本気で思っている。最近遊んだ美少女ゲームのことを現実の事のように話し出すことが多々ある。彼の話に登場する美少女ゲームは全て実在の美少女ゲーム、アニメのパロディである。えむえむっ! フレッシュアイペディアより)

  • 神様のメモ帳

    神様のメモ帳から見たホストクラブホストクラブ

    アリスのもとに集うニート探偵団の一員。ホスト風の美青年であり、落とした女性は数百人以上。人当たりが良く、話術も非常に巧みである。テツと同年齢。神様のメモ帳 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロシ

    ヒロシから見たホストクラブホストクラブ

    ベイビーズ時代、「熊本弁の認知度を上げたい」という気持ちやヒロシも相方も日常生活もままならないほど方言訛りがひどく標準語が話せなかった為、熊本弁でキレ芸を展開。ライブ後のアンケートではいつも「何を言っているのかさっぱり分からない」と不評だった。最初は「観客が理解するようになればいい」と強気だったが、人気投票でいつも最下位だったことから危機感を覚え、徐々に標準語にしていった。ライブへの出演が続いていたある日、相方と一緒に受けたテレビ番組のオーディションにヒロシだけ合格。それは建設現場のとび職の体験で足場の下に土佐犬が待っているというものだった。出番までの2か月間、その土佐犬の世話までさせられたが、出演料は2万5千円だった。仕事を終えて帰ると相方と温度差が出来ており、コンビは解散。相方は地元福岡に帰った。コンビ解散後、生活費に困っていたところ、ライブに出ていた芸人仲間から「ホストは稼げるし、モテるぞ」と聞いた。後々それはその芸人が自分がモテると自慢したいがための嘘だったと判明するのだが、ヒロシは騙されて知り合いの知り合いの彼女の更に知り合いという遠いつてをたどり、歌舞伎町の小さな店で働き始めた。源氏名は「冴神 剣(さえがみ けん)」で、殺し文句は「あなたの心を一刺し」。面接で酒が飲めないと知らせていたにも関わらず採用されると毎晩大量の酒を飲まされ、飲まないと怒鳴られる、長時間労働で風呂も入らず仮眠をとっただけで出勤、高熱が出て仕事を休んでも罰金3万円を払わされるといった辛い日々が続いた。指名がほとんどなかった為、給料は月3万円程度で唯一の休みだった日曜日は、コンビニでアルバイトをしていた。週1回のアルバイトなのに、ホストよりコンビニのアルバイトのほうが給与がよかった。ホストクラブを辞めようとすると「代わりのホストを探せ」と脅され、逃げようとすると1日6万円で借用書を書かされ、取り立てに来られた。また、ホスト時代はホームレスになった。当時交際していた女性が二股をしており、ヤクザ風の男たちがヒロシが芸人仲間と共同生活をしていたアパートに押しかけてきた。身の危険を感じて窓から逃亡し、それ以降、そのアパートには戻らなかった。新しいアパートを借りる余裕もなかった為、ホストの客引きの時間に見知らぬ通行人に泊めてくれるように頼んだ。時々泊めてくれる人もいたが、何日もお金を払わずに居座ると追い出され、また新しい宿を探すという生活を続けていた。宿がなく、二日酔い状態で意識が朦朧とし、路上で倒れているときに、仲の良かったお笑いコンビサンドウィッチマンに偶然発見され、介抱してもらったこともあった。ヒロシは後に、29歳から31歳までのこのホスト時代を「まさに生き地獄」だったと回想している。また、「ヒロシです」のネタでブレークした頃、よく「ホストキャラ」と呼ばれたが、ホスト時代に辛い経験をしていた為、そういわれるのが嫌で仕方なかったと明かしている。ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • 赤いティッシュ

    赤いティッシュから見たホストクラブホストクラブ

    赤いティッシュ(あかいティッシュ、本名:鍋倉明良、1971年1月26日 - )は、日本の元AV男優、元汁男優、ホスト。2015年に引退。赤いティッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 酒井敏也

    酒井敏也から見たホストクラブホストクラブ

    声を張り上げずに必要な声量を確保する必要があったため、つかこうへいに魚河岸、神宮球場の売り子などのバイトをさせられる。ただし、ホストクラブは不採用。「漁船に乗れ」という命令は酒井が拒否。酒井敏也 フレッシュアイペディアより)

244件中 171 - 180件表示

「ホストクラブ」のニューストピックワード