前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • プロボクサー

    プロボクサーから見た藤本京太郎

    プロテストに合格すると、原則的にC級のライセンスが交付され、4回戦(4ラウンド制の試合)に出場することが可能となる(プロテストの段階では本人確認書類不要だが、合格しライセンス申請時には住民票か戸籍の提出が義務付けられている)。例外として、「アマチュアの経験者にして、(一社)日本ボクシング連盟の資格証明に基づき、審査のうえC級ライセンスを免除されることもあり得るものとする」(基準はアマチュア公式戦で少年の部通算5勝か成年の部通算3勝、更に県大会優勝か全国レベルの大会の県代表、いずれも不戦勝は算入しない)とされている。また、アマチュアで一定以上の実績のある選手(全日本選手権を始めとする全国大会優勝経験者など)や他の格闘技で顕著な実績のある選手(キックボクシング世界王座経験者の土屋ジョー、元K-1ヘビー級王者だった藤本京太郎など)は、別枠のB級プロテストに合格することでデビュー時からB級ライセンスを取得できる。B級テストでは実技試験の相手を現役のプロボクサーが務め、合格基準もC級のものより厳しく設定されている。B級テストに合格した場合はプロデビュー戦から6回戦(6ラウンド制の試合)から出場することができる(あくまでも出場することが「できる」であるため、B級テスト合格者でも4回戦でデビューする選手も存在する)。いわゆる“4回戦ボクサー”とは、このC級ボクサーであることを表す。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た辰吉丈一郎

    また、ライセンスの有効期限内であっても、網膜剥離など重度の眼疾が発見された場合や、脳疾患の発覚および開頭手術を伴う外科手術を受けた場合など、健康上重大な問題が発覚した場合はJBCから引退勧告の対象となり、現役続行が事実上不可能となる。ただし、網膜剥離を完治させた選手については、かつてこの眼疾を克服した辰吉丈一郎が強く復帰を望んだ結果、厳重な医療診断の上で、世界タイトルマッチまたはこれに準じる試合のみ国内での試合出場が可能となった経緯があり、さらに2013年からは完治した場合は引退勧告の対象から外されることになった。「網膜剥離罹患者は事実上引退」という時代には、現役続行を諦めきれないボクサーが「一国一コミッション」の原則に反して一時存在した日本IBFなどの弱小コミッションに活路を見出そうとしたり、出場にJBCライセンスを必要としない海外のリングで復帰したりするケースが見受けられた。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た井上尚弥

    C級ボクサーが4回戦を4勝(引分は0.5勝に換算)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦を2勝(引分はやはり0.5勝に換算)すると、A級ライセンスへと切り替えることができる。なお、A級ライセンスのボクサーは、8回戦以上(8ラウンド、10ラウンド、12ラウンド制。女子は10ラウンドまで)の試合に出場することができる。8回戦で勝利すると10回戦に出場でき、日本ランキング評価の対象となる。アマチュアでより顕著な実績を持つ選手がB級テストで合格した上で申請が通れば特例として飛び級でA級ライセンスを取得出来る場合もあり、過去には米倉健志(メルボルン五輪ベスト16)、ロイヤル小林(ミュンヘン五輪ベスト8)、石井幸喜(1978年世界選手権銅メダリスト)、平仲明信(ロス五輪出場)、赤城武幸(全日本選手権3連覇)、井上尚弥(アマチュア7冠)がA級デビューを果たしている。また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太については史上初となるA級プロテストとして行われた(ただしデビューは6回戦)。昭和時代にはオリンピックメダリストであった田辺清、桜井孝雄、森岡栄治らデビューこそ6回戦であるものの2戦目で10回戦を戦った者もいた。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た桜井孝雄

    C級ボクサーが4回戦を4勝(引分は0.5勝に換算)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦を2勝(引分はやはり0.5勝に換算)すると、A級ライセンスへと切り替えることができる。なお、A級ライセンスのボクサーは、8回戦以上(8ラウンド、10ラウンド、12ラウンド制。女子は10ラウンドまで)の試合に出場することができる。8回戦で勝利すると10回戦に出場でき、日本ランキング評価の対象となる。アマチュアでより顕著な実績を持つ選手がB級テストで合格した上で申請が通れば特例として飛び級でA級ライセンスを取得出来る場合もあり、過去には米倉健志(メルボルン五輪ベスト16)、ロイヤル小林(ミュンヘン五輪ベスト8)、石井幸喜(1978年世界選手権銅メダリスト)、平仲明信(ロス五輪出場)、赤城武幸(全日本選手権3連覇)、井上尚弥(アマチュア7冠)がA級デビューを果たしている。また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太については史上初となるA級プロテストとして行われた(ただしデビューは6回戦)。昭和時代にはオリンピックメダリストであった田辺清、桜井孝雄、森岡栄治らデビューこそ6回戦であるものの2戦目で10回戦を戦った者もいた。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た片岡鶴太郎

    片岡鶴太郎(ただし公式戦には出場できない、条件付ライセンス)プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た村田諒太

    C級ボクサーが4回戦を4勝(引分は0.5勝に換算)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦を2勝(引分はやはり0.5勝に換算)すると、A級ライセンスへと切り替えることができる。なお、A級ライセンスのボクサーは、8回戦以上(8ラウンド、10ラウンド、12ラウンド制。女子は10ラウンドまで)の試合に出場することができる。8回戦で勝利すると10回戦に出場でき、日本ランキング評価の対象となる。アマチュアでより顕著な実績を持つ選手がB級テストで合格した上で申請が通れば特例として飛び級でA級ライセンスを取得出来る場合もあり、過去には米倉健志(メルボルン五輪ベスト16)、ロイヤル小林(ミュンヘン五輪ベスト8)、石井幸喜(1978年世界選手権銅メダリスト)、平仲明信(ロス五輪出場)、赤城武幸(全日本選手権3連覇)、井上尚弥(アマチュア7冠)がA級デビューを果たしている。また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太については史上初となるA級プロテストとして行われた(ただしデビューは6回戦)。昭和時代にはオリンピックメダリストであった田辺清、桜井孝雄、森岡栄治らデビューこそ6回戦であるものの2戦目で10回戦を戦った者もいた。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た田辺清

    C級ボクサーが4回戦を4勝(引分は0.5勝に換算)するとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦を2勝(引分はやはり0.5勝に換算)すると、A級ライセンスへと切り替えることができる。なお、A級ライセンスのボクサーは、8回戦以上(8ラウンド、10ラウンド、12ラウンド制。女子は10ラウンドまで)の試合に出場することができる。8回戦で勝利すると10回戦に出場でき、日本ランキング評価の対象となる。アマチュアでより顕著な実績を持つ選手がB級テストで合格した上で申請が通れば特例として飛び級でA級ライセンスを取得出来る場合もあり、過去には米倉健志(メルボルン五輪ベスト16)、ロイヤル小林(ミュンヘン五輪ベスト8)、石井幸喜(1978年世界選手権銅メダリスト)、平仲明信(ロス五輪出場)、赤城武幸(全日本選手権3連覇)、井上尚弥(アマチュア7冠)がA級デビューを果たしている。また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太については史上初となるA級プロテストとして行われた(ただしデビューは6回戦)。昭和時代にはオリンピックメダリストであった田辺清、桜井孝雄、森岡栄治らデビューこそ6回戦であるものの2戦目で10回戦を戦った者もいた。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た好川菜々

    2013年にもアマチュアでタイトルを多数獲得した好川菜々が特例でB級プロテストを受験して合格した。プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た東悟

    東悟(1984・88年OG)プロボクサー フレッシュアイペディアより)

  • プロボクサー

    プロボクサーから見た瀬川設男

    瀬川設男(1988年OG・89年WC)プロボクサー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「ボクシングプロテスト」のニューストピックワード