ボクシング ニュース&Wiki etc.

ボクシング()は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボク… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ボクシング」のつながり調べ

  • 車田水滸伝 HERO OF HEROES

    車田水滸伝 HERO OF HEROESから見たボクシング

    ボクシングの世界チャンピオン。ライバル剣崎順との激闘を終え、姉の菊と甥の麟童と共に穏やかに過ごしている折に時空の狭間に引きずり込まれ、その時に菊、麟童と引き離される。途中、風魔の小次郎と出会い、姉を救い出すために行動を共にする。(車田水滸伝 HERO OF HEROES フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見たボクシング

    戦争はほとんど砲と銃で戦う時代であり、この時代の近接戦闘と言えば主に騎兵が使う軍刀(サーベル)と、歩兵がライフルに装着(着剣)して槍のように使う銃剣で戦うことだった。しかし第一次世界大戦では、大規模な塹壕戦が繰り広げられた。塹壕内での極めて近い距離、狭い場所での戦闘が頻発したことで近距離向きの銃器や手榴弾以外に、敵に悟られないように塹壕に侵入していくことも重要だったため、音を出さない白兵戦用の武器も重視された。そうした白兵戦で敵に対処するために防御側も同様の至近距離での戦闘技術が必要となった。このため各国で近接戦闘の工夫がされていった。塹壕戦によって近い距離で戦う武器術や格闘技術が求められるようになっていったのがこの時代の最大の特徴であり、軍における訓練では近接戦闘のために既存の格闘技を取り入れるようになった。第一次大戦を境に軍隊格闘技・近接格闘術の基として注目された格闘技の一つに日本の柔道や(古流)柔術がある。そしてこの時期の徒手格闘術はボクシングや柔道が中心となっている。(柔道 フレッシュアイペディアより)

「ボクシング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ボクシング」のニューストピックワード

  • エクアドル代表SBエストゥピニャン

  • エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン

  • イタリア人FWフェルナンド・フォレスティエリ