140件中 101 - 110件表示
  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たバラエティ番組

    2001年、TBSのバラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』で街頭インタビューを受けた際のデタラメな日本語がプロデューサーの目に留まって、その後始まったコーナー「セインのファニエスト外語学院」に生徒役としてレギュラー出演するようになり、「ボビーだと思います(ボビーと申します)」「もす(押忍)!」などの微妙に間違った日本語と天然ボケのキャラクターで人気を得る。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たヨルバ語

    ナイジェリアの公用語である英語とヨルバ語、日本語が話せる。前述の通り、「さんせい(先生)」「ボビーだと思います」「ナイジェリアはイッポンヤサイ(一夫多妻)」「揚げ物(曙)さん」などといった微妙に間違った日本語の言い回しを多用したり、乱暴な口調や無軌道な振る舞いを見せるタレントとして認知されているが、実際は非常に聡明で流暢な日本語を話すことができる。最近は番組やインタビューなどで正しい日本語を話す機会も多くなってきた。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たグラップリング

    その後格闘技の試合は行わず、プロボクシングに転向した実弟・アンディ・オロゴンをサポートすべく、平仲ジム所属でセコンドライセンスを取得したが、2011年8月には女子シュートボクシングの大会をプロデュースしたり、10月にも自身の練習するGRABAKAの初の自主興行において、ミノワマンとグラップリングルールで対戦するなど、日本ボクシングコミッション(JBC)の定める「ボクシングのセコンドライセンスを保持しながら、他の格闘技興行に関わることを禁止する」という規定に反する行為を繰り返した。外国出身のボビーが、JBCの厳格なルールを把握していなかった可能性も示唆されたが、結局セコンドライセンス取り消しの処分が下された。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たヨルバ人

    ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身のヨルバ人で、埼玉県さいたま市浦和区(旧・浦和市)在住のナイジェリア系日本人のタレント、格闘家、実業家。アレムコプロダクション所属。2007年に日本国籍を取得しており、本名(日本名)は近田 ボビー(こんだ ボビー)。ナイジェリア国籍時代の旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。実弟は元格闘家のアンディ・オロゴン。血液型O型。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たディファ有明

    2004年1月、前年の大晦日に見たというボブ・サップ vs 曙戦に触発されたボビーが、『さんまのSUPERからくりTV』のコーナー「セインのファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦と試合をしたが、組み合った瞬間に古賀が「物凄い力だ」と驚愕し、負けはしたものの秘めたる才能を見せつけた。このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「年末の格闘技イベント(K-1 Dynamite!!)出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから、2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』の出場を目指す企画がスタート。番組内ではさまざまな格闘技の指導を受け、同年2月には格闘チーム「GRABAKA」に入門。菊田早苗の下で本格的に格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたものの、ホイスを出血させるなど健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後も修行を続け、柔道では黒帯を取得。K-1から正式にオファーを受け、同年12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合でキックボクサーマイク・ベルナルドとの対戦が決定する。その後ベルナルドの負傷欠場によりシリル・アビディとの対戦に変更された。試合では、菊田とタレントの関根勤(番組レギュラー)をセコンドに迎え入場。3R判定勝ち。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たGRABAKA

    2004年1月、前年の大晦日に見たというボブ・サップ vs 曙戦に触発されたボビーが、『さんまのSUPERからくりTV』のコーナー「セインのファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦と試合をしたが、組み合った瞬間に古賀が「物凄い力だ」と驚愕し、負けはしたものの秘めたる才能を見せつけた。このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「年末の格闘技イベント(K-1 Dynamite!!)出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから、2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』の出場を目指す企画がスタート。番組内ではさまざまな格闘技の指導を受け、同年2月には格闘チーム「GRABAKA」に入門。菊田早苗の下で本格的に格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたものの、ホイスを出血させるなど健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後も修行を続け、柔道では黒帯を取得。K-1から正式にオファーを受け、同年12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合でキックボクサーマイク・ベルナルドとの対戦が決定する。その後ベルナルドの負傷欠場によりシリル・アビディとの対戦に変更された。試合では、菊田とタレントの関根勤(番組レギュラー)をセコンドに迎え入場。3R判定勝ち。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た業界クイズ ミニキテ!

    業界クイズ ミニキテ!(中京テレビ、2007年10月6日 - 2008年3月29日)ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た貿易

    貿易会社を経営する父親のもと、34人兄弟の3番目として生まれる。一夫多妻制は認められていないが、父には6人の妻がおり、その内の1人はボビーより年下である。父親は厳格で、本人曰く「幼少時代から自分が悪い事をすると父親から毎日のようにムチなどで叩かれる体罰を受けており、今でも父親を恐れている」とのことだが、教育のために幼少から仕事の現場を見せてくれたり、仕事で日本を行き来していた関係から、日本の良さや日本人の優しさなどを教わる。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たお宝発信タワー DAI-NAMO

    お宝発信タワー DAI-NAMO(CBC、2010年10月13日 - 2011年9月21日)ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たさんまのSUPERからくりTV

    2001年、TBSのバラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』で街頭インタビューを受けた際のデタラメな日本語がプロデューサーの目に留まって、その後始まったコーナー「セインのファニエスト外語学院」に生徒役としてレギュラー出演するようになり、「ボビーだと思います(ボビーと申します)」「もす(押忍)!」などの微妙に間違った日本語と天然ボケのキャラクターで人気を得る。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

140件中 101 - 110件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード