156件中 101 - 110件表示
  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    大の野球ファンとして有名で、1989年からはテキサス・レンジャーズの共同オーナーも務めていた。当時のテキサス・レンジャーズ監督は2005年11月15日に大阪国際空港でジョージ・W・ブッシュを出迎えたボビー・バレンタイン。大統領時代も度々メジャーリーグベースボールの始球式を行っている。2009年11月3日、東京ドームで行われたプロ野球日本シリーズ第3戦(日本ハム?読売ジャイアンツ)の始球式にも登場した。2002年にメジャーリーグベースボール選手会のストライキが濃厚になった時にはストライキの中止を求めるコメントを出した。その結果、ストライキは直前で中止された。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 超変革打線

    超変革打線から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    このように、「日替わり打線」といっても、相手投手や自チーム選手の調子等に応じて意識的に(戦略的に)そのような打線を編成していた、かつてのオリックス(仰木彬監督時代)やロッテ(ボビー・バレンタイン監督時代。いわゆる「マリンガン打線」)とは異なり、「『複数の若手野手に対して、コンスタントに出場機会(あるいは打席数)を与える必要があった』ために、『日替わり打線』にせざるを得なかった」のが実状であった。また、チームのスローガンをそのまま打線の愛称にしようとした意味では、「No Limit打線」(2008年、西武)と相通ずるが、「No Limit打線」は4年ぶりの日本一達成の大きな原動力になった一方で、「超変革打線」は(少なくとも、チーム成績という意味では)先述のように、充分な結果を残したとは言い難く、少なからず異なることが否めなかった。超変革打線 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    また、ダブルストッパーであった成本年秀や河本育之が故障で離脱するなどリリーフ投手が揃わず、さらにパ・リーグが指名打者制であったこともあってか、先発投手を早々と交代させることが多かった横浜監督時とは違い、先発投手陣を軒並み引っ張る傾向が強かった。特に、伊良部、ヒルマンが抜け、1997年以降小宮山と共にチームのエースとなった黒木知宏は1997年にはリーグ最多となる240イニング、翌1998年も197イニング投げるなど(小宮山も1998年はリーグ最多となる201イニングを投げた)、明らかな負担を強いた。そのため、2001年の黒木の故障はこの頃の酷使が原因である意見も存在する。2004年に9年ぶりに監督に復帰したボビー・バレンタインは、当時長期離脱中であった黒木について「自分がいたらこんな無用な怪我はさせていない」と語っている。これはバレンタイン解任後の1997年以降、黒木が敗戦試合にも意味なく長いイニングを投げたことを意味すると思われる。横浜、ロッテで監督として最下位を経験しており飯田徳治、別当薫、根本陸夫に次いで史上4人目の両リーグ最下位監督になっている。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉テレビ放送

    千葉テレビ放送から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    開局当初からロッテオリオンズ→千葉ロッテマリーンズ戦の中継に力を入れている。ロッテの本拠地が千葉に移った現在では『CTCマリーンズナイター』を放送中。他の関東広域圏の独立放送局(テレビ埼玉やテレビ神奈川など)と比較しても試合中継本数は多い。ビジターゲームも対埼玉西武ライオンズ戦(テレビ埼玉『TVSライオンズアワー』)を中心に、交流戦の対阪神タイガース戦(サンテレビの『サンテレビボックス席』)や対中日ドラゴンズ戦(三重テレビの『三重テレビナイター』)などもネットする場合がある。ただし、開幕戦や最終戦などは放映権を得られず中継されないことが多いが、2009年(平成21年)は急遽本拠地最終戦を中継した(当日はボビー・バレンタイン監督と小宮山悟の勇退セレモニーがあった。)。2010年はクライマックスシリーズ出場がかかった本拠地最終戦、2013年は勝利した方が2位決定となる西武とのレギュラーシーズン最終戦を急遽中継した。千葉テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2005年の日本シリーズで阪神と対したロッテ監督のボビー・バレンタインは、シリーズ終了後、その時点の岡田を評して「10年前の私を見ているようだ」とした。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    11月3日 - ロッテの監督に1995年に同球団の監督をつとめたボビー・バレンタインが就任2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦正則

    杉浦正則から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    たびたびプロ入りの誘いがあったが、オリンピックで日の丸を背負うことを目標として拒み続けた。アトランタでの銀メダル獲得後には日本のある球団から白紙の小切手を提示され、「社会人として6年間、会社に勤めているんだからお金の価値は分かるよね」と言われたという。の日本選手権を観戦したボビー・バレンタイン(ニューヨーク・メッツ監督)が、杉浦のピッチングに感銘を受けて「来シーズンからメッツで投げて欲しい」とコメントしたが、杉浦は意に介さなかった。このようなアマチュア精神を称え杉浦は「ミスターアマ野球」と呼ばれる。オリンピック通算5勝は世界記録である。杉浦正則 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    その後、10月10日の対ヤクルト戦(明治神宮野球場)に勝利、阪神は同日の対横浜戦(横浜スタジアム)に敗れたため、巨人の2年連続32回目のリーグ優勝が決定した(この時の残り試合数は巨人:1、阪神:2)。最大13ゲーム差からの逆転は1996年を上回ったため、マスコミは「メークドラマ」を超える「メークレジェンド(伝説を作る)」「レジェンド完結」と呼んだ。元々はボビー・バレンタインの発言が発祥で、原は「メークレジェンド」という言葉は使わなかった。そのため、一部報道機関ではメークドラマの再現ということで「リメークドラマ」(後述も参照)などとも報道され、優勝決定後も統一されなかったが、原は優勝会見で「…歴史をつくり、伝説をつくり…」と発言した。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 今岡誠

    今岡誠から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    阪神退団後のトライアウトでロッテが興味を示したのを受けて、2月1日からのロッテ春季キャンプにテスト生として参加。2月3日に球団から合格が発表された。背番号は前年まで監督を務めたボビー・バレンタインが付けていた「2」で、年俸は推定1,500万円。代打や指名打者で起用された。二軍暮らしが長く26試合の出場に終わり、打率.227とシーズン通じての活躍はできなかったが、CS第2ステージ初戦では先制の口火を切る二塁打を、4戦目では移籍後初本塁打を放ち、5戦目では5年ぶりに犠打を決めるなど大一番での強さを見せた。チームCS優勝、下克上での日本一に貢献した。は阪神時代以来2年ぶりに守備で出場することもあったが、打撃不振で13試合の出場に留まった。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • 京成バス

    京成バスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    なおこのバスが運行する幕01系統の路線バスでは、2006年(平成18年)3月より千葉ロッテマリーンズの選手たちの車内アナウンスを聞く事ができ、多くの注目を集めた。2011年(平成23年)現在では荻野貴司、成瀬善久らが車内アナウンスを担当している。なお、過去においてはボビー・バレンタイン、ベニー・アグバヤニ、マット・ワトソン、今江敏晃、渡辺俊介、唐川侑己、大松尚逸らが担当していた。京成バス フレッシュアイペディアより)

156件中 101 - 110件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード