156件中 111 - 120件表示
  • コネチカット州

    コネチカット州から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン - 野球選手・監督コネチカット州 フレッシュアイペディアより)

  • 中村玉緒

    中村玉緒から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ロッテ 『ホカロン』(2005年 ペ・ヨンジュンと共演、2006年 ボビー・バレンタインと共演) 『グリーンガム』(2014年 武井咲と共演)中村玉緒 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンスリー・ミューレンス

    ヘンスリー・ミューレンスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    にNPBの千葉ロッテマリーンズに入団。カリブ海にあるキュラソー島はオランダ領であることから、日本初の「オランダ人助っ人」が誕生した。英語・スペイン語・ドイツ語・オランダ語(実際はオランダ語というよりも出身地の母語であるパピアメント語)を話せるマルチリンガルとして選手名鑑に登場した。登録名は「ミューレン」とされ、離日直前のサインにはつたないながらも、カタカナで「ミューレンス」と添え書きしていた。ロッテでは23本塁打、69打点の数字を残したが、翌年のボビー・バレンタイン監督招聘にあたり構想外となり1年で自由契約となった。ヘンスリー・ミューレンス フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は5月10日に初めて一軍に昇格し、5月11日に代走で初出場。5月12日に「9番・二塁手」で初めてスタメン出場を果たし無安打だったが、5月13日は休養の西岡剛に代わり「1番・遊撃手」でスタメン出場。この日も4打数無安打だったが、10回裏二死二塁の場面でプロ初安打よりも先にプロ初敬遠を記録する珍しい事態が発生した(試合は福浦和也がサヨナラ安打を放ち勝利)。5月14日に黒田博樹からプロ初安打を放った。最終的には31試合に出場するも打率1割台、三振率は4割を超えるなど結果を残せず、昇格してからちょうど1か月後に二軍落ちした。二軍では左方向への安打を量産し、打率.343でイースタン・リーグ首位打者を獲得し、1年目から二軍の主力選手として活躍した。二塁打24本も同リーグ1位。11盗塁を決めたが盗塁失敗12回も記録した。5月25日の阪神タイガース戦で、3-2と1点リードの9回表無死三塁のピンチで、4番・金本知憲のセンター前に抜けるような当たりを前進守備ながらもダイビングキャッチで好捕し、一塁に送球する前にずれた帽子を一瞬で直すという新人離れの余裕を見せた(根元自身は無意識だったと話している)。このプレーが相手に傾きかけた流れを阻み、試合に勝利した(このプレーは好プレーなどプロ野球の好珍プレー番組で何度か紹介された)。5月27日の対巨人戦では代走から途中出場し、10回表無死一塁で打席についた。ここで、ボビー・バレンタイン監督からバスターエンドランを指示されると、福田聡志が低めに投じたストレートをセンター前に弾き返し、直後の福浦の決勝適時打を呼び込んだ。本人の最も印象に残っている試合・プレーとしてあげている1。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 5月13日

    5月13日から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1950年 - ボビー・バレンタイン、プロ野球選手、プロ野球監督5月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2006年の千葉ロッテマリーンズは、対福岡ソフトバンクホークス戦において、先発3本柱である清水直行、渡辺俊介、小林宏之をWBCに供出し、ボビー・バレンタイン監督の意向でWBC出場の投手は開幕カードを休ませることにしたため、前年度の新人王である、プロ2年目の久保康友を開幕投手に抜擢した。同様の理由で2009年と2013年の開幕投手も先発主力投手をWBCに放出したため別の投手を開幕投手に起用した球団がいくつか存在する。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 1950年

    1950年から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    5月13日 - ボビー・バレンタイン、元メジャーリーガー、メジャーリーグ監督、プロ野球監督1950年 フレッシュアイペディアより)

  • 打線

    打線から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    仰木彬(近鉄、オリックス時代)、ボビー・バレンタイン(ロッテ時代)が、特に積極的に採用した。打線 フレッシュアイペディアより)

  • 高知ファイティングドッグス

    高知ファイティングドッグスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2006年3月よりアイランドリーグの各チームは、それまでのIBLJの直接保有から独立した会社組織へと体制変更した。その中で、高知だけは2007年シーズンまで新たな出資者が現れず、IBLJの全額出資のままであった。チームの経営安定化のために出資者の確保が求められ、2007年6月に千葉ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督が「アイランドリーグのチームの買収を検討中」とコメントしたと報じられた(その後ロッテ球団側が否定)際にも、マスコミに候補として名があがった。高知ファイティングドッグス フレッシュアイペディアより)

  • 久保康友

    久保康友から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    4月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦にリリーフでプロ初登板。4月24日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初先発・初勝利・初完封を記録。5月4日にチームが45年ぶりの12連勝を記録した試合で勝利投手になり、6月26日オリックス・バファローズ戦の2度目の完封含む7連勝を記録。しかし8月10日の対北海道日本ハムファイターズ戦で連勝は止まり、の荒巻淳、榎原好以来となる球団新人記録の8連勝はならなかった。9月17日の対西武ライオンズ戦で同年リーグ最多の3度目の完封勝利(自身初の本拠地千葉マリンスタジアムでの完封勝利)となる10勝目を挙げ、前述の荒巻(26勝8敗)と榎原(16勝7敗)以来球団史上55年ぶり、右投手では球団初となる新人での2桁勝利を記録した。最終的に規定投球回到達はならなかったがボビー・バレンタイン監督の期待に応え球団の10年ぶりのレギュラーシーズンAクラスやセパ交流戦初代王者に貢献(新人投手として交流戦先発5勝は最多記録)、オフの11月4日には球団史上6人目、投手としては球団史上最後のレギュラーシーズン最高勝率球団になったの三井雅晴以来となる新人王を獲得。同日に婚約を発表した。久保康友 フレッシュアイペディアより)

156件中 111 - 120件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード