156件中 121 - 130件表示
  • サラリーマンNEO

    サラリーマンNEOから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン(教えて!Mr.バレンタイン)サラリーマンNEO フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    5月7日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で、風疹の流行による福澤洋一の離脱に加え、山中潔の代打交代、定詰雅彦が退場処分を受けたことにより捕手がいなくなり、急遽捕手として出場した。捕手経験は中学時代に少し練習したことがあるだけだったが、8球を受け1球もこぼさなかった。試合後、監督のボビー・バレンタインは「いい捕手だよ」とコメントした。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は背番号を27に変更して挑んだシーズンであったが、里崎智也の台頭でレギュラーを奪われてしまう。シーズンオフにはボビー・バレンタインが9年ぶりに監督就任。彼の構想は里崎と、里崎同様に打撃の良い橋本を相手チームの先発投手に合わせて起用するものであり、事実上の「構想外」となってしまった。尚、一般的に捕手の番号と言われる背番号27は、ロッテ球団にとっては(球団がロッテの経営ととなって以降は)投手の番号であることから、清水が投手以外の選手で背番号27を付けた初の選手であり、2018年2月1日現在、唯一の選手である。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・ゴンザレス

    エイドリアン・ゴンザレスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    はオールスター終了時点で5本塁打、37打点と物足りない数字であったが、オールスター以降は好調を維持していた。しかしチームは前年以上に低迷し、ゴンザレス自身もこの年から監督に就任したボビー・バレンタインとの確執が噂されていた。エイドリアン・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は、盗塁成功数、盗塁死数が前年シーズンより向上したものの、打率が.260と大きく低迷し安打数も118本と振るわなかった。一方で四球は大幅に増加したため出塁率は前年を上回った。シーズン中に監督のボビー・バレンタインの解任が発表され、一部のファンが「死刑」など過激な言葉を用いて解任反対やフロント批判の横断幕を出したことに対して、9月26日のヒーローインタビューでは台から下りて2分間にわたり「本当にロッテを愛してるなら、明日から横断幕を下ろしてください」と訴えた。翌日、ファンにより西岡を中傷する内容の横断幕が掲げられ、応援歌の演奏をボイコットされるなどしたため、翌日に自身のブログで自らの発言を謝罪した。この年は3月に開催されたWBC日本代表への選出も目指したが落選。12月29日に行なわれた契約更改交渉では「3年契約の時にWBC出場の評価が入っていた。出ないのに受け取るのはおかしい」との理由で、球団側に1,000万円の返上を申し入れ、改めて日本代表へのこだわりを表明した。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    前年、10.8決戦でセ・リーグ優勝し、日本選手権シリーズも制した読売ジャイアンツの長嶋茂雄監督が17年ぶりに全セ(オールセントラル・リーグ)の指揮をとり、パ・リーグは前年優勝の西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)が退団したため、この年から西武の監督になった東尾修が全パの指揮をとった(東尾が優勝監督として全パを指揮するのは1998年になってからだった)。なお、オールスターゲームに先立ち、この年の1月17日に発生した阪神・淡路大震災被災者支援のためにボビー・バレンタイン監督(ロッテ)率いる外国人選抜チーム対王貞治監督(ダイエー)監督率いる日本人選抜チームによる「ドリームゲーム」が開催された。1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    西武時代に当時の監督である東尾が千葉ロッテの監督をしていたボビー・バレンタインから「誰とでもいいから交換してくれないか」と松井とのトレードを持ち掛けられたことがある。東尾は「メジャーの監督経験のあるバレンタインが惚れこむほどの力が、2年目のカズオにあったのだ。」と綴っている。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 前田幸長

    前田幸長から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    には新監督にボビー・バレンタインが就任。しかし、調子が上向くことなく17試合で3勝6敗、防御率5.10の成績でシーズンを終えた。チームは2位と躍進したものの、自身はほとんど貢献できなかった。オフに仁村徹、酒井忠晴、山本保司との3対3の大型トレードで平沼定晴、樋口一紀とともに星野仙一が監督復帰した中日ドラゴンズへ移籍。前田幸長 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    球場で実際に使われているダッグアウトや芝および照明灯、ファウルポール周辺部分の実物大外野フェンス、実際に操作出来るボールカウント表示器。2010年9月から11年7月までストライクのカウントは作動するがボールは壊れて反応しなかった。四球を出すとバレンタイン監督の喝が飛ぶ仕組み。切り出した形でのマウンドとホームベースエリアの再現千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • リリーフ

    リリーフから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    しかし千葉ロッテマリーンズなどで監督を経験したボビー・バレンタインは、敗戦処理を任されて打ちこまれた若手投手が自信を喪失してしまう可能性を考慮し、もっぱらベテラン投手に敗戦処理を任せていた(小宮山悟がその代表格であるが、小宮山は、接戦や同点の展開で起用されることも多かった)。リリーフ フレッシュアイペディアより)

156件中 121 - 130件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード