156件中 131 - 140件表示
  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを計測するようになった。また防御率も9年目で初の2点台となる2.79の数字を残した。同年のチームは終盤プレーオフ争いを演じた。惜しくも4位に終わり、プレーオフ進出はならなかったものの翌年2005年以降の人気急上昇の礎を築く年にもなった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • 重光昭夫

    重光昭夫から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1991年1月、低迷するロッテオリオンズのてこ入れとして球団社長代行に就任する。本拠地を川崎球場から千葉マリンスタジアムへ移転させ、球団名をロッテオリオンズから千葉ロッテマリーンズに変更する。同年11月にオーナー代行に就任し、1995年に代表取締役に就任した。広岡達朗をゼネラルマネージャーに、ボビー・バレンタインを監督に招聘するなど、チームの改革に次々と着手し、ロッテを人気チームに押し上げた人物として知られていた。重光昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 南カリフォルニア大学

    南カリフォルニア大学から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    スポーツ:オリンピックの代表選手や金メダル選手を毎回送り出している。元千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタインも卒業生である。南カリフォルニア大学 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルス

    千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ロッテのボビー・バレンタイン監督がこの試合後「岩隈が投げた時はいいチームだ」と語った通り、4月と8月に11連敗を2度も記録した楽天は最終的に38勝97敗1分でぶっちぎりの最下位に沈む。チーム勝利数の約4分の1の9勝は岩隈が挙げており(15敗)、防御率3点台以下で投げた主力選手が福盛と吉田豊彦のみという惨状で、投手陣を最後まで立て直せないままシーズンを終えた。加えてこの年の酷使で岩隈は右肩を負傷し、翌年の8月までを棒に振ることになった。千葉ロッテマリーンズ 26-0 東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は一軍内野守備走塁コーチを務めた。は一軍外野守備走塁コーチに転任し、その後は二軍の外野守備走塁コーチなどにも就任している。にボビー・バレンタインが監督に就任するとヘッドコーチも兼任し、選手とのパイプ役として信頼され、バレンタインがシーズン後に帰国した際は代理監督を務めた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    、ドラフト会議で巨人以外に指名された場合はプロ入りせず会社に残留する意志を固めていたが、巨人以外でも入団するとの情報を得ていた千葉ロッテマリーンズが2巡目で“強行”指名。当日のボビー・バレンタインとの面会を拒否し、11月25日の入団交渉後、12月3日に入団拒否を明らかにした。翌日にロッテ球団側に直接入団拒否を申し入れ、球団側も了承。Honda残留が決定し、2009年のドラフトで巨人の指名を待つこととなった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉大学

    千葉大学から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2006年、千葉ロッテマリーンズ元監督ボビー・バレンタインが客員教授に、フリーアナウンサー(元TBS)で教育学部卒業生の木場弘子が特命教授に任命された。千葉大学 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉商科大学

    千葉商科大学から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    地域連携を重視している。市川市との間で包括協定を締結しており、地域防災など、さまざまな政策的取り組みを行っている大学である。市川市市長室・大学・附属高校の3点をネットワークで結び、ビデオ会議システムを通じて授業を行っている。自治体やNPO関係者などを集めて地域課題についての研究発表や交流などを行う「ユニバーシティフォーラム」、近隣の小学生らを対象として経済や商業の仕組みを体験してもらう「キッズ大学」「ジュニア大学」などのイベントを、毎年開催している。また、地元千葉の球団である千葉ロッテマリーンズ(当時)監督のボビー・バレンタインを客員教授として迎えていた。千葉商科大学 フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2007年6月に千葉ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督が、アイランドリーグの1チームを買収して2軍選手を育成する構想を表明した。報道を受けてIBLJ社長の鍵山誠は提携のためにNPB7球団と提案を含む接触をおこなった事実を明らかにし、「買収も提案の一つ」とこれを肯定したが、ロッテ球団の瀬戸山隆三球団社長は直後に買収の話を否定した。その後、ロッテ球団は同年10月1日のプロ野球実行委員会で、徳島に育成選手5〜8名を派遣する構想を明らかにした。実行委員会では結論を保留し、決定は次回以降に持ち越しとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    復帰間もないボビー・バレンタイン監督のもと、開幕を4番で迎える。開幕戦の対西武ライオンズ戦(西武ドーム)で、松坂から初打席初安打初打点を記録、4月4日の福岡ダイエーホークス戦では新垣渚から来日初本塁打を千葉マリンスタジアムのライト後方の場外まで飛ばすなど好調だったものの、縦の変化球に対応できない弱点が露呈。インコース高めで身体を起こされ、外への変化球で空振りするというパターンが確立され、日本野球への適応に苦戦。開幕からわずか1か月で韓国では経験したことのない降格となり、調整を余儀なくされた。9月21日の西武戦(西武ドーム)ではベニー・アグバヤニ、マット・フランコと共に張誌家から史上初となる外国人3者連続本塁打を放った。結局、シーズンは来日前に目標としていた「打率.290、30本塁打、100打点」には遠く届かず、規定打席も満たせずに打率.240・本塁打14・打点50という期待外れの成績に終わった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

156件中 131 - 140件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード