マカオ特別行政区 ニュース&Wiki etc.

中華人民共和国マカオ特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくマカオとくべつぎょうせいく)、通称マカオ(、澳門=広東語イェール式:Oumùhn、普通話:Àomén、おうもん)は、中華人民共和国の特別行政区の一つ。中国大陸南岸の珠江河口(珠江デルタ)に位置する旧ポルトガル植民地で、現在はカジノや世界遺産を中心とした世界的観光… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マカオ」のつながり調べ

  • アレクサンドル・ドゥ・ロード

    アレクサンドル・ドゥ・ロードから見たマカオ

    1624年、東インド諸島での宣教も行い、1627年からはトンキンで働いた。1630年になってベトナムでカトリック教会への迫害が起こるとドゥ・ロードも出国を余儀なくされた。その後10年間をマカオで過ごした後、ドゥ・ロードは阮氏(広南阮氏)が支配していたベトナム南部に再入国し、フエで活動した。その後の政情不安のあおりを受けて1649年にローマへの帰国を余儀なくされたドゥ・ロードはベトナム紹介を行いながら、ベトナム宣教のための資金援助を各方面で求めた。(アレクサンドル・ドゥ・ロード フレッシュアイペディアより)

  • 日本の貨幣史

    日本の貨幣史から見たマカオ

    銀の増産によって、海外からの日本進出も盛んになる。明の鄭舜功が書いた『日本一鑑』によれば、1534年(天文3年)には福建の商人が日本の僧からの情報で貿易を盛んにしたとされている。明では銀で納税する一条鞭法という銀本位制をとっていたため、銀を求めて福建のほかにも浙江や広東の商人が訪れた。ポルトガルとの南蛮貿易が始まると、平戸からも銀が運ばれるようになった。明は海禁の政策をとっており、倭寇とつながりがあるされた日本との取り引きは密貿易であった。しかし、中国沿岸やポルトガルの商人は統制のなかでも日本に渡航を続けて、1570年(永禄13年)にはポルトガルが長崎・マカオ間の定期航路を開設する。これによって日本銀がマカオから明に流入するルートが確立した。戦国・織豊時代の日本は、銀によって生糸や絹織物などの高価な外国産品や、火薬原料である硝石などの軍需物資を調達した。(日本の貨幣史 フレッシュアイペディアより)

「マカオ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「マカオ特別行政区」
地図情報

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード