1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • マック鈴木

    マック鈴木から見たアメリカ合衆国

    高校野球の名門滝川第二高等学校に入学するが、一年時の大晦日に学外で喧嘩沙汰を起こし高校を自主退学する。その後、他校への編入や社会人野球などへの転向を考えたが、その間にもさらに2件の傷害事件を起こし家庭裁判所の厄介にもなった。その後、父親と知人の紹介で団野村からアメリカ留学を勧められ渡米。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たミヤギテレビ

    淡路島のスポーツジム「サンライズマックジム」でトレーナーをしている。2013年からJ SPORTSで解説を行っている。2015年からはミヤギテレビのローカル中継にも本数契約で出演。2017年から関西テレビのローカル中継にも本数契約で出演。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た最優秀新人 (日本プロ野球)

    規約によりドラフト会議での指名が必要となり、事前に球団練習場でテスト投球を見ていたヤクルトスワローズが獲得すると言われていたが、オリックス・ブルーウェーブが2巡目で強行指名し、オリックスに入団。メジャー経験者であったが日本球界での経験がないため、新人王資格を特例として有していたが、「新人王の資格は辞退したいと思います」と発言したことが話題になった。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たアメリカン・リーグ

    7月7日にメジャーデビューを果たし、村上雅則、野茂英雄に次ぐ日本人3人目のメジャーリーガーとなった。日本プロ野球界を経由しない初の日本人メジャーリーガーであり、アメリカン・リーグ初の日本人メジャーリーガーでもあった。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た西武ドーム

    初登板:2003年5月2日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、7回裏に4番手で救援登板・完了、2回無失点マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たジャクソンビル・サンズ

    にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、2Aジャクソンビル・サンズに昇格、当時シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約をしていたマイケル・ジョーダンと乱闘を経験。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たアイオワ・カブス

    4月、メキシカンリーグのティファナ・ポトロスに入団。オールスターにも選出され、活躍。8月、メキシコリーグのシーズン終了後にシカゴ・カブスとマイナー契約し、傘下の3Aアイオワに所属。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル

    ベネズエラウィンターリーグで調整後、La Newに残留するものの5月に台湾を離れ、5月11日にメキシカンリーグのチワワ・ゴールデンズと契約。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナ

    ドミニカ共和国ウィンターリーグのアスカレーロス・デル・エステと契約。4月、カルガリー・ヴァイパーズと再び契約。同年はチームがリーグ優勝。主にクローザーとして、防御率も2.44と、好調な成績でシーズン終了。ゴールデンベースボールリーグ終了後、すぐに同じくアメリカ独立リーグの1つであるアトランティックリーグのサザンメリーランド・ブルークラブスに助っ人として合流。チームのリバティ・ディビジョン優勝に貢献し、リーグ決勝戦では、ランカスター・バーンストーマーズと最終戦までもつれ込み、リーグ優勝を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ

    メキシカンリーグ終了後の8月19日、独立リーグであるゴールデンベースボールリーグのカルガリー・ヴァイパーズと契約。シーズン終了後の11月7日、メキシコウィンターリーグのトマテロス・デ・クリアカンと契約。主にクローザーとして活躍し、防御率も2.25と好成績を残したが、チームはプレーオフ進出を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード