前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2002年にセオ・エプスタインが史上最年少となる28歳でGMに就任し、2003年のアメリカンリーグチャンピオンシップ敗退後、積極的な戦力補強を進めた。ヤンキースとのチャンピオンシップ第7戦における継投ミスを問われ、グレイディ・リトル監督が解雇され、元フィラデルフィア・フィリーズ監督のテリー・フランコーナ監督が就任する。アリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードでカート・シリング投手を獲得し、フリーエージェントでオークランド・アスレチックスのクローザーだったキース・フォーク投手を獲得する。また、マニー・ラミレス外野手を放出し、テキサス・レンジャーズのアレックス・ロドリゲス遊撃手を獲得する計画も進んでいたが、このトレードは選手会の反発を受け、不成立に終わる(その後ヤンキースがロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノ二塁手らとの交換で獲得した。)。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    3月25日 - メジャーリーグ開幕戦のボストン・アスレチックス対オークランド・アスレチックス戦が東京ドームで行われ、延長10回にマニー・ラミレスの2点タイムリーで勝ち越したアスレチックスが6対5で勝利、岡島秀樹が勝利投手。先発の松坂大輔は5回2安打2失点。2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1月21日 - タンパベイ・レイズはシカゴ・ホワイトソックスからFAのマニー・ラミレスと、デトロイト・タイガースからFAのジョニー・デーモンを獲得2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・モス

    ブランドン・モスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    はAAA級ポータケット・レッドソックスでプレーしていたが、忌引休暇でチームを離れたエリック・ヒンスキーに代わって8月6日にメジャー初昇格。同日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、4回裏からマニー・ラミレスに代わって左翼手の守備に入りメジャーデビュー。8月10日にヒンスキーの復帰によりAAA級ポータケットに降格するが、その後は再昇格を見通して右翼手以外にも左翼手、中堅手、一塁手として出場した。ロースターが40人に拡大された9月1日にメジャー再昇格。レッドソックスの外野陣はマニー・ラミレス、J.D.ドリュー、ココ・クリスプ、ジャコビー・エルズベリーらがいたため層が厚く、出場のチャンスに恵まれない中で15試合に出場し打率.280を記録した。ブランドン・モス フレッシュアイペディアより)

  • クリーブランド・インディアンス

    クリーブランド・インディアンスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。2000年以降、緊縮財政のため上記の主力選手が流失してしまい、厳しい戦いを強いられた。しかし、その主力選手と引き換えに得たグレイディ・サイズモア、トラビス・ハフナー、CC・サバシアといった有望新人を育て、2004年に地区3位、2005年に地区2位、2007年には地区1位と着実に力をつけている。クリーブランド・インディアンス フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・プホルス

    アルバート・プホルスから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    は149試合に出場、打率.241・23本塁打・101打点を記録し、キャリア14度目のシーズン100打点はアレックス・ロドリゲスと並び歴代1位タイとなった。。通算では、614本塁打(ジム・トーミを抜き歴代7位)、1918打点(エディ・マレーを抜き歴代10位)、619二塁打(ポール・モリターを抜き歴代12位)、5461塁打(エディ・マレーを抜き歴代10位)などを記録。通算1918打点はマニー・ラミレスの1831打点を抜き、MLB歴代ドミニカ共和国出身選手最多打点となった。また通算614本塁打は、サミー・ソーサの609号を抜き、アメリカ合衆国外出身選手最多本塁打記録を更新した。なおカル・リプケンを抜き歴代1位となる362併殺打という記録も更新した。一方で打撃内容についてはさらに衰えが見られ、打率.241/出塁率.286はいずれも自己最低の数値となった。アルバート・プホルス フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・デイモン

    ジョニー・デイモンから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1月31日にタンパベイ・レイズと525万ドルの1年契約を結び、2月3日にはレッドソックス時代の同僚であり、同じくレイズと1年契約を結んだマニー・ラミレスと共に入団会見を行った。4月にマニー・ラミレスが引退したために、5番指名打者での起用が主になった。史上2人目の200本塁打、100三塁打、400盗塁を達成。シーズン終了後、FAになった。ジョニー・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    2010年代後半には、台湾プロ野球初の2000本安打達成者である張泰山や、MLBのスラッガーだったマニー・ラミレスら、外国トップリーグで成績を残した選手が在籍するケースも出ている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・オルティーズ

    デビッド・オルティーズから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    には主に4番を打ち、139打点(リーグ2位)・打率3割1厘・41本塁打(リーグ2位)の活躍を見せた。3部門以外でも47二塁打・75四球・出塁率.380・長打率.603・150試合出場と抜群の強打を発揮している。5月には2年総額1250万ドルで契約延長した。マニー・ラミレスと「打率.300・40本塁打・100打点」コンビを形成したが、これは1931年のベーブ・ルースとルー・ゲーリッグのコンビ(ヤンキース)以来だった。デビッド・オルティーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・マッコビー

    ウィリー・マッコビーから見たマニー・ラミレスマニー・ラミレス

    1960年代、ウィリー・メイズとともに「MM砲」、またはフアン・マリシャルを含めて「3M」としてジャイアンツを引っ張った。通算グランドスラム(満塁本塁打)は18本。これは、2014年現在でもナショナルリーグの最多記録で、通算ではアレックス・ロドリゲス(2014年現在24本)、ルー・ゲーリッグ(23本)、マニー・ラミレス(21本)、エディ・マレー(19本)に次ぐ第5位。なお、引退当時はゲーリッグに次ぐ歴代第2位であった。ウィリー・マッコビー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「マニー・ラミレス」のニューストピックワード