144件中 101 - 110件表示
  • ロブ・ゾンビ

    ロブ・ゾンビから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    1998年、エグソダス、テスタメントなどのバンドでドラムを担当し、ホワイト・ゾンビのラスト・アルバムにも参加したジョン・テンペスタ、リグス(ギター)、ブラスコ(ベース)とともにロブ・ゾンビ名義でのファースト・アルバム「ヘルビリー・デラックス」を発表(プロデュースはスコット・ハンフリー)。ビルボードのアルバム・チャート・トップ200初登場5位、アメリカ国内だけでも300万枚を売り上げる大ヒットとなる。「マリリン・マンソンのブレイクはロブ・ゾンビが不在だったから」とまで言われ、発売前から異常な注目を集めていた。1999年、オジー・オズボーンのオズフェストに参加してセカンド・ライナーを務めた。また「ヘルビリー・デラックス」のリミックス・アルバム「アメリカン・メイド・ミュージック・トゥ・ストリップ・バイ」を発表。ジャケットの女性は当時ガールフレンドだった妻のシェリー・ムーン・ゾンビ。ジャケットは水着のありなしで2種類ある。初登場38位、また1999年公開の映画『マトリックス』にも劇中で「Dragula (Hot Rod Herman Remix)」が使用されている。ロブ・ゾンビ フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔教会

    悪魔教会から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    ケネス・アンガー、ヘヴィメタル・シンガーのキング・ダイアモンド、マリリン・マンソン、テレサ・ハイディ、アーロン・ジョーリン、モービッド・エンジェル のデヴィッド・ヴィンセント、ノイズアーティストの NON ことボイド・ライス、元 Soft Cell のマーク・アーモンド、パンクバンド「アルカライン・トリオ」のギタリスト兼ボーカルのマット・スキバとドラマーのデレク・グラント、プロレスラーのボールズ・マーニーにスターリング・ジェイムズ・キーナン、オカルトジャーナリストにしてゴシックノイズインダストリアルバンド Blood Axis を主宰するマイケル・モイニハン、デスメタル・ギタリストのマシュー・マクレイス、ピアニストのリベラーチェ、サミー・デイヴィスJr. 、そしてホットロッド風アーティストの Coop といった多くの著名人が、一時的に悪魔教会とつるんだり、悪魔教会と関係があることを公にしている。教会側は会員情報を公表していないため、正確な信者数は不明である。悪魔教会 フレッシュアイペディアより)

  • 罪と罰 (椎名林檎の曲)

    罪と罰 (椎名林檎の曲)から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    このミュージック・ビデオ「罪と罰」は"自分のクルマを切る"というコンセプトで制作された。ビデオには椎名が中古で購入した私物の辛子色の1970年代製メルセデス・ベンツ・W114の半身が使用された。この車は頻繁に故障するため廃車処分しようか考えていたところ、その話を知ったビデオ監督から「どうせだったらプロモに使ったら?」「今、車切る人いないよ」と持ちかけられ承諾。ベンツは2000万円の費用をかけて解体され、CDのジャケット写真とビデオに使用されることになった。その後椎名はビデオの撮影でスタジオに入った際、ベンツが縦半分に切られた姿を見て可哀想になり涙を零したという。なお、PV集『性的ヒーリング〜其ノ弐〜』のエンディングソングの「依存症」の映像では、富士山の麓の高原で撮影したベンツの爆破シーンが納められている。この映像は「依存症」のサビの音声を使った1分30秒ほどのもので、「依存症」の音声を背景に髪を結い、喪服を着て三味線を弾く椎名の後方に置かれたベンツの半身が弔われている。撮影終了後も廃車とはされず、東芝EMIの美術倉庫に保管されることとなった。ビデオの中で椎名は黒のインナーに赤のジャケットを着て眉毛を全剃りし、左右両目の周りを真っ黒に塗って刀を一振りし、車を真っ二つにしている。音楽ライターの丹生敦は、このメイクを"マリリン・マンソンみたいなゴス・メイク"だと指摘し、更に刀で車を斬るシーンについては"刀で切ったという設定はルパン3世の五右衛門からインスパイアされたものか。"とコメントしている。罪と罰 (椎名林檎の曲) フレッシュアイペディアより)

  • スリップノット

    スリップノットから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    メタリカのラーズ・ウルリッヒとは親交があり、かつてラーズがツアー中に急病で倒れた際、ジョーイが代理でドラムを叩いたことがある。また、マリリン・マンソンと非常に仲が良く、PVに友情出演した。コーンやミニストリー、ロブ・ゾンビなどのサポート・ドラマーとしても活躍している。スリップノット フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・アラン・ポー

    エドガー・アラン・ポーから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    一方、ポピュラー音楽においては1960年代から盛んにポー作品からインスピレーションを受けた楽曲が作られており、アイアン・メイデンの「モルグ街の殺人」(『キラーズ』収録)、エムシー・ラーズの「ミスター大鴉」、アラン・パーソンズ・プロジェクトのコンセプトアルバム『怪奇と幻想の物語―エドガー・アラン・ポーの世界』、同メンバーのひとりエリック・ウルフソンによる続編的アルバム『Poe: More Tales of Mystery and Imagination』、ルー・リードのアルバム『ザ・レイヴン』などがあるほか、ビートルズの「アイ・アム・ザ・ウォルラス」、ジョーン・バエズの「アナベル・リー」、グリーンデイの「セイント・ジミー」、パブリック・エネミーの「テロ屋敷にようこそ」、宇多田ヒカルの「クレムリン・ダスク」などにポーやその作品への言及が見られる。85年にはドイツのバンドプロパガンダが「夢の中の夢」を朗読した曲をファーストアルバムに収録し、ブリトニー・スピアーズもツアー「夢の中の夢」でポー作品を使用している。更に、1990年代にはポーに心酔し彼からアーティスト名を借りたというシンガーソングライターが、2005年にはポーの文学を歌詞のテーマにした A Dream of Poe というゴシック/ドゥームメタルバンドがそれぞれデビューしている。またマリリン・マンソンはポーへの心酔を語っており、その結婚式はエドガー・アラン・ポー風とメディアに報じられた。マンソンはポーの水彩画を描くなどもしており、インタビューでポー作品を基にした映画を作りたいと語ったこともある。エドガー・アラン・ポー フレッシュアイペディアより)

  • インダストリアル

    インダストリアルから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    しかし1990年代後半になると元ホワイト・ゾンビのボーカリスト、ロブ・ゾンビは自身のバンド、ロブ・ゾンビで人気を獲得し、同じくマリリン・マンソンもインダストリアル的なアプローチを交えつつ、より普遍的なロックとして一般大衆に受け入れられている。インダストリアル フレッシュアイペディアより)

  • スキニー・パピー

    スキニー・パピーから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    1996年の解散までの、ほとんどの楽曲のプロデュース・エンジニアリングを手がけている。一時期は正式メンバーだった。後にマリリン・マンソンやジャカロープといったバンドのプロデュースや、ナイン・インチ・ネイルズの楽曲のリミックス等で活躍する。スキニー・パピー フレッシュアイペディアより)

  • メガデス (バンド)

    メガデス (バンド)から見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    8月8日・マリリン・マンソンをメインアクトとした富士急ハイランド・コニファーフォレストにおける野外フェスティバル「BEAUTIFUL MONSTERS TOUR」で来日公演。このライブではCrush 'Em の演奏時に日本のプロレスラー蝶野正洋とAKIRAが登場するというメガデスとしては珍しい演出があった。メガデス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • カム・トゥゲザー

    カム・トゥゲザーから見たマリリン・マンソンマリリン・マンソン

    他にもコンサートなどを含めるとグラディス・ナイト&ザ・ピップス、プリンス、エルトン・ジョン、マリリン・マンソンなど、数多くのアーティストがカヴァーしている。また非常に古い話だが、桑田佳祐が1986年と87年にクリスマス特番(NTV)で歌っている。カム・トゥゲザー フレッシュアイペディアより)

  • ラムシュタイン

    ラムシュタインから見たMarilyn Mansonマリリン・マンソン

    2003年 Marilyn Manson・mOBSCENE - Sauerkraut Mixラムシュタイン フレッシュアイペディアより)

144件中 101 - 110件表示