マルコス・バグダティス ニュース&Wiki etc.

マルコス・バグダティス(Marcos Baghdatis, ギリシャ語:, 1985年6月17日 - )は、キプロス・リマソール出身の男子プロテニス選手。当地から登場した最初の本格的なプロテニス選手として活動し、これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス1勝を挙げている。シングルス自己最高ランキングは8位(2006… (出典:Wikipedia)

「マルコス・バグダティス」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マルコス・バグダティス」のつながり調べ

  • イワン・リュビチッチ

    イワン・リュビチッチから見たマルコス・バグダティス

    リュビチッチはこれまで、4大大会では好成績に恵まれなかった。第7シードに選ばれた2006年全豪オープンでは、準々決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスに4-6, 2-6, 6-4, 6-3, 3-6のフルセットで敗れてしまう。バグダティスには前年の2005年全豪オープン2回戦で初対戦した時も敗れており、同じ大会で2年連続の苦杯をなめることになった。同年の全仏オープンでは第4シードに選ばれ、自己最高成績となるベスト4進出を果たしたが、初めての準決勝で大会前年優勝者のラファエル・ナダルに4-6, 2-6, 6-7のストレートで完敗した。(4大大会の男子シングルスで、第1-第4シードの4名が順当に準決勝に勝ち残ったトーナメントは1995年ウィンブルドン選手権以来11年ぶりの出来事だった。)2006年度は、チェンナイ・オープンとザグレブ・インドアで優勝があり、エルステ・バンク・オープンの連覇も含めて年間3勝を挙げた。(イワン・リュビチッチ フレッシュアイペディアより)

  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たマルコス・バグダティス

    クボットは2000年からATPツアーの下部のATPチャレンジャーツアーを回り始め、2001年から男子テニス国別対抗戦デビスカップポーランド代表になった。2002年にプロ転向。クボットがデビスカップ代表選手になった時、ポーランド代表はヨーロッパ・アフリカ・ゾーンのグループ3まで落ちていた。クボットは2002年にポーランドをユーロアフリカン・ゾーン・グループ3優勝に導いたが、その1回戦ではキプロス代表と対戦し、ダブルスでマルコス・バグダティスとその兄ペトロスの組に勝ったこともある。2003年からポーランドはヨーロッパ・アフリカ・ゾーンのグループ2に入り、2010年に同ゾーンのグループ1入りを果たした。これまでにクボットはデビスカップで「23勝7敗」(シングルス19勝7敗、ダブルス4勝0敗)の成績を挙げてきたが、最近はほとんどシングルス戦に起用されている。(ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

「マルコス・バグダティス」のニューストピックワード