ミャンマー ニュース&Wiki etc.

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、、)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ミャンマー」のつながり調べ

  • ユージア

    ユージアから見たミャンマー

    現実の世界地図に当てはめると、韓国、北朝鮮、台湾、中国、モンゴル、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、バングラデシュ、ブータン、ネパール、インド、スリランカ、パキスタン、アフガニスタン、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタン、イラン、イラク、シリア、レバノン、トルコ、アゼルバイジャン、アルメニア、グルジア、モルドバ、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、アルバニア、モンテネグロ、セルビア、エストニア、ラトビア、リトアニアなどの国・地域と重なる。(ユージア フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ゴードン・スミス

    リチャード・ゴードン・スミスから見たミャンマー

    妻と結婚して18年、スミスは旅に明け暮れ、家庭を顧みない人物になっていた。数々の試験にも受からず、祖父の築いた財産を相続して欧州を股にかけて狩猟三昧の生活を送っていたが、妻との不仲から逃げ出すために、トマス・クックの世界一周パック旅行を利用して来日。大英博物館からの依頼も受け、生物に関する調査も兼ねていた。途中でスリランカやミャンマーなどの極東の地域で調査を行い、1898年12月24日に日本へ到着。初めての旅行による見聞に基づき、彼の8冊にも及ぶ膨大な手記を認(したた)めることになった。 スミスは自らが遭遇した奇異な信じられない出来事をまとめ、これらを「仰天日記」と呼んだ。日露戦争を皮切りに変化する以前の日本の風俗を表現したものである。記述は排他的で人種差別的表現が散見され、植民地主義時代のイギリス人の日本人に対する優越感が見てとれる。手記には絵師によって緻密に描かれたイラストが添えられ、当時の光景を示した写真も多く残されている。(リチャード・ゴードン・スミス フレッシュアイペディアより)

「ミャンマー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「ミャンマー」
地図情報

「ミャンマー」のニューストピックワード