前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たロバート・デ・ニーロ

    またこの頃『タクシードライバー』(1976年2月公開)のロバート・デ・ニーロの演技に衝撃を受け、映画のオーディションを受け始める。『キングコング』のヒロイン役のオーディションにも出ているが、プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスに酷評され落とされている。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たディノ・デ・ラウレンティス

    またこの頃『タクシードライバー』(1976年2月公開)のロバート・デ・ニーロの演技に衝撃を受け、映画のオーディションを受け始める。『キングコング』のヒロイン役のオーディションにも出ているが、プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスに酷評され落とされている。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たマーガレット・サッチャー

    マーガレット・サッチャー元首相の死去に際して、サッチャリズムに対しては否定的な評価を下したものの、「私にとって、彼女の信念の強さと気概は畏敬の念を抱かずにはいられないものだった。」と述べた。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たシガニー・ウィーバー

    ヴァッサー大学在学中に奨学金を得て、イェール大学演劇大学院(クラスメイトにはシガニー・ウィーバーもいた)で学び、卒業時にはキャロル・ダイ演技賞を受賞した。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たジョン・カザール

    1976年、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで上演された『ヘンリー五世』と『尺には尺を』に出演。『尺には尺を』ではサム・ウォーターストンとジョン・カザールと共演した。このときの共演がきっかけでカザールとの交流が生まれ、彼との関係はカザールが1978年に没するまで続いた。同年、ブロードウェイ・デビュー作となったテネシー・ウィリアムズ作の『綿でいっぱいの27台のワゴン』及びアーサー・ミラー作の『二つの月曜日の記憶』の2作品でトニー賞ならびにドラマ・デスク賞にノミネートされ、シアター・ワールド賞とアウター・クリティック・サークルの演技賞を受賞。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たゴールデングローブ賞

    2015年現在、アカデミー賞に19回ノミネートされており、これは俳優としては最多の記録である。また、ゴールデングローブ賞を8回受賞(29回ノミネート)しており、男優・女優を通じて史上最多記録である。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たキャリー・フィッシャー

    2017年1月、2016年ゴールデングローブ賞の授賞式での生涯功労賞(セシル・B・デミル賞)の受賞にあたって、名指しを避けながらもトランプ次期大統領を批判し、「無礼は無礼を招き、暴力は暴力を招く。権力者がその地位を使って他者をいじめたら、私たちは全員負け」と述べて、最後に亡くなったキャリー・フィッシャーの言葉を取り上げて「壊れた心を取り出してそれを芸術に変えよう」と述べた。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たテネシー・ウィリアムズ

    1976年、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで上演された『ヘンリー五世』と『尺には尺を』に出演。『尺には尺を』ではサム・ウォーターストンとジョン・カザールと共演した。このときの共演がきっかけでカザールとの交流が生まれ、彼との関係はカザールが1978年に没するまで続いた。同年、ブロードウェイ・デビュー作となったテネシー・ウィリアムズ作の『綿でいっぱいの27台のワゴン』及びアーサー・ミラー作の『二つの月曜日の記憶』の2作品でトニー賞ならびにドラマ・デスク賞にノミネートされ、シアター・ワールド賞とアウター・クリティック・サークルの演技賞を受賞。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たサム・ウォーターストン

    1976年、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで上演された『ヘンリー五世』と『尺には尺を』に出演。『尺には尺を』ではサム・ウォーターストンとジョン・カザールと共演した。このときの共演がきっかけでカザールとの交流が生まれ、彼との関係はカザールが1978年に没するまで続いた。同年、ブロードウェイ・デビュー作となったテネシー・ウィリアムズ作の『綿でいっぱいの27台のワゴン』及びアーサー・ミラー作の『二つの月曜日の記憶』の2作品でトニー賞ならびにドラマ・デスク賞にノミネートされ、シアター・ワールド賞とアウター・クリティック・サークルの演技賞を受賞。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

  • メリル・ストリープ

    メリル・ストリープから見たフレッド・ジンネマン

    1977年、フレッド・ジンネマン監督の『ジュリア』で映画デビュー。同年、アントン・チェーホフ作の『桜の園』の舞台に立つ。『桜の園』における彼女の演技に目を止めたロバート・デ・ニーロは、『ディア・ハンター』の彼の相手役としてストリープを推挙。1978年12月公開の同作品で第51回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。メリル・ストリープ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「メリル・ストリープ」のニューストピックワード