前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
640件中 1 - 10件表示
  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    最終節(11月18日)で、京都を破り、前節まで2位の山形が川崎にVゴール負けしたため、リーグ2位が決まり、東北地方のクラブとして初のJ1昇格が決定した。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    開幕戦で山形に勝ち、J2参戦10年目にして開幕戦初勝利を挙げると、その勢いでJ1昇格争いに絡んだ。この年1度も首位を明け渡すことなく優勝した広島との試合時間の兼ね合いで、クラブ史上初めて暫定首位に立った。8月にMF船谷圭祐を獲得したが、第3クールに入ると下位チームへの取りこぼしが目立ち、昇格争いから脱落。最終順位は6位。天皇杯は大分、神戸とJ1勢に勝利し、ベスト8へ進出。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    再びJ2でのシーズンとなったこの年は堀井美晴が監督、サンパウロFCの元監督で現役時代に名古屋でもプレーしたピッタをコーチに迎え、前年にサンパウロFCから札幌へレンタル移籍していたブラジル人FWエメルソンを完全移籍により獲得した。エメルソンはハイペースでゴールを重ねたが、チーム自体は守備戦術の整備が進まずに低迷し、7月14日の第20節・甲府戦に引き分けた時点で8位となっていた。この後、堀井監督は解任、大分を解任されたばかりの石崎信弘を新監督に迎えた。クラブは長期的視点に立ったチーム整備に方針を転換し、新人DFの伊藤宏樹は出場停止の最終節を除く43試合に出場した。一方、ピッタコーチとエメルソンは揃って浦和へ移籍した。結果としてシーズンは7位に終わったが、最終節の山形戦(山形県陸)では浦上壮史の好セーブ連発と我那覇和樹の延長Vゴールにより1 - 0で勝利し、山形のJ1昇格を阻止した。続く第81回天皇杯では戦力外通告を受けた阿部良則や伊藤彰などの選手が活躍してベスト4の成績を収めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 水戸ホーリーホック

    水戸ホーリーホックから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    前田体制5年目。前年17得点のアンデルソンが鳥栖へ移籍し、更にキャプテン吉本岳史が故障で離脱。その結果チームは出遅れ、シーズン初勝利は第13節の東京V戦となり、2勝目も第21節の山形戦となるなど、前半戦(第26節)終了時点でわずか3勝にとどまった。観客動員も更に落込み、第11節の湘南戦は3桁台の958人となった他、前半戦主催12試合中6試合で観客数が2000人以下となった。チームの勝敗のみならず、低予算でのクラブ経営、少人数体制での顧客サービスの低下、クラブスタッフの相次ぐ退職などからサポーターへのアプローチやスポンサーへの営業力が低下し、クラブ経営を問われる声が上がった。この状況に対し、クラブ株主の過半数から小林の経営責任を問う声が上がり4月23日付で宮田裕司が社長に就任した。水戸ホーリーホック フレッシュアイペディアより)

  • 高橋成樹

    高橋成樹から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    ?橋 成樹(たかはし なるき、1998年12月17日 - )は、山形県上山市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・モンテディオ山形所属。ポジションは、ディフェンダー(DF)。高橋成樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒将志

    大黒将志から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2016年2月にモンテディオ山形へ期限付き移籍。同クラブテクニカルダイレクターの石井肇とは札幌及び横浜FM在籍時以来となる3度目の共闘となった。二転三転する戦術や負傷の頻発に苦しめられながらも、同年のチーム最多得点を記録。移籍期間満了により同年末に山形を退団した。2017年に京都へ復帰。大黒将志 フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    開幕戦の大宮戦、スコアレスドローに終わり、リーグ開幕戦で初めて無得点に抑えられた。夏場までは引き分けが多い(28節までに11引き分け)ものの、負けないサッカーを展開。特にホームでは負けることがなく、前年から続くリーグ戦ホーム無敗記録を20まで伸ばした(ただし、その間にナビスコカップのホームゲームで山形に敗れている)。9月29日に長谷川健太の監督続投決定。10月3日第28節広島戦で1対1で引き分けるも得失点差で鹿島を上回り首位に立ったが、第29節の負ければJ2降格となる大分にシーズン初の逆転負けをしたのを皮切りに、第30節にはFC東京戦ではシーズン初のリーグ戦ホームでの1-2での黒星になるなど、優勝はおろかACL出場権も得られず最終順位は7位。天皇杯は準決勝で名古屋に敗れた。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 阪野豊史

    阪野豊史から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    阪野 豊史(さかの とよふみ、1990年6月4日 - )は、埼玉県三郷市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・モンテディオ山形所属。ポジションは、フォワード(FW)。阪野豊史 フレッシュアイペディアより)

  • ザスパクサツ群馬

    ザスパクサツ群馬から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    2002年、「ザスパ草津」へ名称を変更。2003年2月、運営法人となる株式会社草津温泉フットボールクラブを設立 し、指導者として元モンテディオ山形監督の植木繁晴を招き、元日本代表のGK小島伸幸、元鹿島アントラーズのDF奥野僚右らを獲得。選手が働いて得た収入をクラブ運営費に充てた。関東社会人サッカー大会で準優勝して関東サッカーリーグ2部へ昇格した。ザスパクサツ群馬 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見たモンテディオ山形モンテディオ山形

    一方で栃木SCからGK武田博行とMF鈴木修人、京都からMF内藤洋平、関西リーグ・アミティエSCからDF松本陽介、横浜FCからMF八角剛史とDF渡邉将基、大分からMF小手川宏基、湘南からGK松本拓也、山形から前田和哉、札幌から大島秀夫、韓国・大田のキム・ドンフィを完全移籍で、韓国・水原のアン・ヨンギュ、大宮から李根鎬を期限付き移籍で獲得。また、九州共立大学から柿本健太、桃山学院大学から谷口功等大卒5名、高卒1名が加入した。さらに7月1日にセレッソ大阪から井上翔太を2014年1月31日までの期限付き移籍で獲得した。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
640件中 1 - 10件表示

「モンテディオ山形」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]