前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 法と正義

    法と正義から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    法と正義(ほうとせいぎ、)は、ポーランドの政党。党首はヤロスワフ・カチンスキ。略称:PiS(ピス)。日本語では「法と公正」とも呼ばれる。法と正義 フレッシュアイペディアより)

  • 月をぬすんだ双子

    月をぬすんだ双子から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    月をぬすんだ双子(ポーランド語: O dwóch takich, co ukradli księżyc )は1962年のポーランド映画。原作はコルネル・マクシンスキによって1928年に発表された同名の童話。後にポーランドの政治指導者となったレフとヤロスワフのカチンスキ兄弟が主演。月をぬすんだ双子 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ポーランド大統領選挙

    2010年ポーランド大統領選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    2010年4月10日にポーランド空軍Tu-154墜落事故が発生し、現職大統領のレフ・カチンスキやその妻、政府要人らが多数死亡した。そのために当初の予定を繰り上げて大統領選挙が実施される運びとなり、憲法の規定に則り次期大統領が確定するまで下院議長のブロニスワフ・コモロフスキが大統領代行を務めた。6月20日の投票では単独過半数を獲得した候補が居なかったので、7月4日にヤロスワフ・カチンスキ前首相とコモロフスキ議長との間の上位2人による決選投票が行われ、コモロフスキが当選した。2010年ポーランド大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トゥスク

    ドナルド・トゥスクから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    2007年10月に行われた下院の任期前解散総選挙で、市民プラットフォームは上下両院で首相ヤロスワフ・カチンスキ率いる右派の前与党「法と正義」に対して勝利を収めて最大議席を獲得し、中道政党の「農民党(PSL)」と連立を組んで連立与党を構成することになり、トゥスクは同年11月16日首相に就任した。ドナルド・トゥスク フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    しかし、ヤロスワフ・カチンスキ率いる連立政権は政治路線を巡ってなかなか足並みがそろわず、政権運営が難航するとともに国際社会においても欧州連合やロシアと軋轢を起こした。その後、連立政党「自衛」のアンジェイ・レッペル党首の収賄疑惑がカチンスキ首相に伝えられると、首相は政権維持を惜しまず2007年9月7日に議会を解散する。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • カチンスキ

    カチンスキから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    ヤロスワフ・カチンスキ(1949年 - ) - ポーランドの首相(2006年 - 2007年)。レフの双子の兄。カチンスキ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ポーランド議会選挙

    2007年ポーランド議会選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    首相:ヤロスワフ・カチンスキ(法と正義、ポーランド自衛、ポーランド家族連盟の連立政権)2007年ポーランド議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年ポーランド議会選挙

    2011年ポーランド議会選挙から見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    右派政党。2005年選挙でヤロスワフ・カチンスキ党首が首相となったが、前回2007年選挙で与党から野党に転落した。カチンスキ党首が続投中。大衆主義(ポピュリズム)。復古主義的改革を志向。カトリックの価値観にもとづき、伝統や慣習を基準として個人の自由を制限し、社会保障制度の充実による高福祉社会の実現を目指す。経済の規制緩和や国営企業の民営化に関してはPOよりもさらに慎重な姿勢を採る。他国の右翼勢力と異なり人種差別やユダヤ人差別に対して激しく反対し、ローマ・カトリックの追求する世界市民主義(コスモポリタニズム)と融合している点にその独自性がある(カリシュの法令、コンスタンツ公会議、黄金の自由、5月3日憲法などに見られるように、ポーランドの社会はその伝統的社会思想が多民族・多文化共存であるというユニークな特徴がある)。旧「連帯」系。2011年ポーランド議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスワフ

    ヤロスワフから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    ヤロスワフ・カチンスキ - ポーランドの政治家。首相を務めた。大統領を務めたレフ・カチンスキの双子の兄。ヤロスワフ フレッシュアイペディアより)

  • エスパース・レオポルド

    エスパース・レオポルドから見たヤロスワフ・カチンスキヤロスワフ・カチンスキ

    2008年、トレヴェ通り / トリーア通りとリュクサンブール広場に沿って建設される拡張計画が完了した。これらのビルはもともと D4、D5 と呼ばれていたが、誰の名前を付けるかということについて議論となった。ヨハネ・パウロ2世の死去を受けて、ポーランド出身の欧州議会議員は新しいビルに教皇の名前を付けようと動いていたが、政教分離の観点と教皇が欧州議会に寄与していないという点から反対された。議員の間からはヴァーツラフ・ハヴェル、ネルソン・マンデラ、オロフ・パルメ、ヤン・パラフ、マーガレット・サッチャーの名前が挙げられたほか、ポーランドの大統領レフ・カチンスキと同国元首相のヤロスワフ・カチンスキの双子の兄弟にちなんで「カチンスキ・タワーズ」というものも挙げられた。2008年1月に新しいビルの名前が最終的に決められ、1969年から1974年まで西ドイツの連邦首相を務めたヴィリー・ブラントと、1990年から1993年までハンガリーの首相を務めたアンタル・ヨージェフの名前を付けることになった。この2つのビルと既存のビルとをつなぐ橋には、1949年から1963年まで西ドイツの連邦首相を務めたコンラート・アデナウアーの名前が付けられた。また議会のプレスルームには暗殺されたロシアのジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤの名前が付けられた。エスパース・レオポルド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示