12347件中 101 - 110件表示
  • 華為技術

    華為技術から見たヨーロッパヨーロッパ

    起業当初のファーウェイの顧客は中国電信、中国移動、中国網通、中国聯通などの中国企業が中心であったが、2000年代以降はブリティッシュ・テレコム、ドイツテレコム、テレフォニカ、テリア・ソネラ、アドバンスト・インフォ・サービス、シンガポール・テレコムなどのヨーロッパや東南アジアの大企業向け事業も大きく伸長しており、通信関連機器のシェアはエリクソンに次ぐ世界2位の規模となっている(モバイル・ブロードバンド製品、モバイル・ソフトスイッチ、パケットコア製品、光ネットワーク製品では世界シェア1位)。現在ファーウェイは300近い通信事業者に製品・ソリューションを提供しており、世界トップ50事業者のうち45社がファーウェイの製品・ソリューションを使用している。華為技術 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン

    ウィーンから見たヨーロッパヨーロッパ

    ウィーン(標準〈ヴィーン〉、〈ヴェアン〉、〈ヴィエンヌ〉、〈ヴィエナ〉)は、オーストリアの首都。2017年1月1日時点の人口は186万7582人。都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。第一次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。クラシック音楽が盛んで過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。ウィーン フレッシュアイペディアより)

  • ギニアビサウ

    ギニアビサウから見たヨーロッパヨーロッパ

    ポルトガルはギニアビサウのカシェウを拠点に、後にアフリカ全土でそうしたようにこの地でも奴隷貿易を開始し、この地からも多くの黒人奴隷が南北アメリカ大陸やヨーロッパに送られた。1630年にはポルトガルが総督府を設置。1671年、独占貿易会社を設立。1687年に奴隷貿易の拠点として後に首都となるビサウが建設された。ギニアビサウ フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ・シュタイナー

    ルドルフ・シュタイナーから見たヨーロッパヨーロッパ

    シュタイナーは20代でゲーテ研究者として世間の注目を浴びた。1900年頃からドイツの神智学サークルと関係するようになり、神智学徒たちの集まりで講演を行うようになった。1902年に神智学協会の正会員となり、同年ベルリンで「神智学協会ドイツ支部」が設立されると、その事務総長(書記長)に選ばれた。1912年に同協会を脱退し、友人らによって設立された人智学協会(アントロポゾフィー協会)の指導にあたった。晩年の1923年末には「一般人智学協会」(普遍アントロポゾフィー協会)を創設してその代表に就任し、亡くなるまで活動を続けた。人智学について多くの著作を物し、物質世界を超えた超感覚的世界(精神界)に関する事柄を語った。その思想の詳細は、ヨーロッパ各地で行われた生涯6千回にも及ぶ講演を通じて明らかにされた。そのテーマは教育、芸術(オイリュトミーと呼ばれる舞踊など)、医学、農業、建築、経済など、多方面にわたった。シュタイナーの著作や講演集は現在も継続してドイツ語で出版され、版を重ね、外国語にも翻訳されている。ルドルフ・シュタイナー フレッシュアイペディアより)

  • 3000メートル障害

    3000メートル障害から見たヨーロッパヨーロッパ

    Steeple(教会の尖塔)を追う、という意味の競技名が示す通り、昔、ヨーロッパの各々の村が教会を中心としたコミュニティーだった時代、ある村の教会を出発点とし、別のある村の教会をゴールとした徒競走(もしくは馬術競走)をする際に村境を示す柵や堀を飛び越えて行ったことに由来する、ヨーロッパなどで人気の高いクロスカントリーのレースをトラック上で再現するためにつくられたと言われている(競馬の障害競走を陸上競技に転用したものという説もある)。3000メートル障害 フレッシュアイペディアより)

  • M26パーシング

    M26パーシングから見たヨーロッパヨーロッパ

    特に前線司令官としてティーガーの脅威を知っていたデヴァーズ中将は、ヨーロッパ反攻作戦の開始までに「装甲でも火力でも対抗できる重戦車T26E1を量産し、M4戦車5輌に対し1輌を配備すべきだ」と、陸軍省に対し強く主張したほどであった。しかし「ティーガーは少数であり、滅多に遭遇するものではない」「M4こそが総合的に最高であり、砲の威力も十分である」などと主張するAGFのマクネアー中将は新型重戦車の実戦配備に強硬に反対した。かのジョージ・パットン将軍が「75mm砲型のM4は十分な性能を持っており、新型戦車は不要であり、3インチ砲型のM4戦車すら不要である」と異議を呈したことも、AGFの主張を補強することとなった。M26パーシング フレッシュアイペディアより)

  • 銀

    から見たヨーロッパヨーロッパ

    銀による高額決済はユーラシア大陸の中部から西部、つまり中央アジア、西アジア、ヨーロッパなどでは広く普及していたがこれらの地域では少額決済手段は未発達であった。一方、東アジアでは中華王朝の発行する銅銭による少額決済を基盤とする商業が発達していたが、貴金属による高額決済は未発達であった。13世紀におけるモンゴル帝国による東西ユーラシアの政治的経済的統合は、この両世界の商業慣行を結合させることにより、国際流通経済と銀建て決済の急成長をもたらしたが、同時に当時ユーラシア大陸内に保持されていた銀の量を凌駕する経済の肥大は決済手段の不足によって一時縮小を余儀なくされた。14世紀におけるモンゴル帝国による統合の崩壊後の世界経済は16世紀半ばに至りポトシなどの新大陸産の銀と石見銀山などの日本産の銀が大量に供給されることで、再び活況を呈して成長を遂げていくこととなった。 フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たヨーロッパヨーロッパ

    ショア出身のアムリク人イクノ・アムラクは1268年に起こした反乱の結果、1270年に新たな王国を建設する。イクノ・アムラクは支配の正統性をメネリク1世に求め、その直系の子孫であるイクノ・アムラクの起こした王朝を復興ソロモン王朝とした。そのため、先のザグウェ朝をソロモン王朝への簒奪者と位置づけるとともに、自らの系譜を「930年までにソロモン王朝の一族がことごとく抹殺された中で、唯一ショアに逃れたデイナオド」の子孫とした。また、新たな国の首都をショアへ移し、ショア出身の王は「諸王の王(ネグサ・ナガスト、皇帝)」を名乗るようになる。イクノ・アムラクの建国と正当性の樹立には、ショアとアムリクのキリスト教徒が大きな役割を果たした。そのため、テクレ・ハイマノートとキリスト教徒に寄進された領土は全体の3分の1に及んだ。イクノ・ラムラクの没後は後継争いの後、末子のウェデム・アラド、次いでその子のアムダ・セヨン1世が後を継ぐ。アムダ・セヨン1世はエチオピア南部を根拠地を築いていたイスラム勢力へ軍事力を行使し、退けることで国内外の基礎を固めた。また、イクノ・アムラクが編纂を命じた年代記「ケブレ・ネガスト」はこの時期に完成している。1382年に皇帝となったダウィト1世はエチオピア高原東部のワラスマ王朝イファト・スルタン国に幾度も攻め入り、1402年にはスルタンを戦死させるなどの軍功を上げた。しかし、紅海沿岸のアダルを中心としたイスラム諸国(アダルの他にハデヤ、ファティガル、ドアロ、バリ)の抵抗は激しく、ダウィトの息子であるテオドロス1世、その後をついだイシャク1世と、エチオピアの皇帝はアダルとの交戦中に相次いで殺害されてしまう。この長く続いたイスラム諸国との戦いに決着をつけたのは、皇帝ザラ・ヤコブだった。ザラ・ヤコブはエジプトに妨害されていたヨーロッパからの火器購入を紅海に進出することで果たし、軍事的にも1445年のダワロの戦いにおいてアダルらの軍勢を壊滅させた。ザラ・ヤコブはアダルに朝貢を課したが、スルタン制度は温存してアダルを属国として存続させる。また、ザラ・ヤコブは海への出入り口を確実なものとするためエリトリアへ侵攻し、これを支配した。内政においては、地方にラスと呼ばれる諸侯を配置し、エチオピアに封建制度を構築する。このためエチオピア帝国の内外に安定し、皇帝は名実ともにネグサ・ネガスト(諸王の王)となった。ザラ・ヤコブの子のバエダ・マリアム1世は軍事的な野心を示さなかったが、そのためにエジプトのマムルーク朝には友好的な接近を図り、全盛期のマムルーク朝との激突を回避することができた。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たヨーロッパヨーロッパ

    18歳で念願叶ってキックボクシングを始め、早くから頭角を現し、20歳の時にISKAフルコンタクト・フランス王座を獲得。さらに1994年4月16日にはアンディ・マヨにKO勝ちしてISKAヨーロッパ王座を、アンドレ・ブァン・ブァーレンにKO勝利してRCFA世界スーパーヘビー級王座を獲得。そして南アフリカのケープタウンで行われたISKAインターコンチネンタル王座戦でマイク・ベルナルドと対戦し、激闘の末に判定勝利し同王座を獲得。この試合をK-1主催者が高く評価したため、K-1に参戦することになった。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • アルメニア人虐殺

    アルメニア人虐殺から見たヨーロッパヨーロッパ

    アルメニア人虐殺(アルメニアじんぎゃくさつ)は、19世紀末から20世紀初頭に、オスマン帝国の少数民族であったアルメニア人の多くが、強制移住、虐殺などにより死亡した事件。ヨーロッパ諸国では、特に第一次世界大戦に起きたものをオスマン帝国政府による計画的で組織的な虐殺と見る意見が大勢である。それによれば、この一連の事件は「アルメニア人ジェノサイド」と呼ばれ、21世紀に至る現代でも、オスマン帝国の主な継承国であるトルコを非難している。トルコ政府は、その計画性や組織性を認めていない。アルメニア人虐殺 フレッシュアイペディアより)

12347件中 101 - 110件表示

「ヨーロッパ」のニューストピックワード

  • 指名してもらったからには、ベストを尽くし、活躍したい

  • 新しい環境で野球ができる。

  • 新潟アルビレックス・ベースボールクラブ