ラウル・ゴンサレス ニュース&Wiki etc.

ラウル・ゴンサレス・ブランコ(、1977年6月27日 - )は、スペイン・マドリード州マドリード出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。元スペイン代表。ラウールと表記されることもある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ラウル・ゴンサレス」のつながり調べ

  • エミリオ・ブトラゲーニョ

    エミリオ・ブトラゲーニョから見たラウル・ゴンサレス

    1990-91シーズンには19得点を挙げてリーガ得点王を獲得するとともに、イタリアW杯にも出場。1994年のアメリカW杯に出場後、17歳でデビューを飾ったラウル・ゴンサレスにポジションを奪われる形となり、1995年は8試合にしか出場できず1ゴールに止まった。その年の6月15日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたASローマとの親善試合を最後にレアル・マドリードを去り、メキシコのアトレティコ・セラヤへと移籍。3年間プレーした後、1998年に現役を引退した。(エミリオ・ブトラゲーニョ フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ミヤトヴィッチ

    プレドラグ・ミヤトヴィッチから見たラウル・ゴンサレス

    1996-97シーズンからはレアル・マドリードでプレー。移籍1年目からファビオ・カペッロの下ダヴォール・シューケル、ラウル・ゴンサレスの3人で攻撃を展開し、リーガ優勝の原動力となる。翌シーズンには怪我などもあってリーグ戦は24試合出場に留まったが、アムステルダム・アレナで行われたユヴェントスとの決勝では決勝点を決め、レアル・マドリードにUEFAチャンピオンズリーグをもたらした。しかし、翌年にはトヨタカップを制したが、ラウルとフェルナンド・モリエンテスの二人が優遇され、ミヤトヴィッチは不遇の時期を過ごした。1999年にクラブがニコラ・アネルカを獲得したことにより、シーズン後にセリエA・フィオレンティーナへ移籍。しかし怪我の影響もあって目立った活躍は出来ず、2001-02シーズン後のクラブ消滅を期にイタリアを離れた。他クラブからいくつかのオファーがあったものの、家庭の事情からスペインに戻り、当時セグンダ・ディビシオン(2部)のレバンテへ加入。1シーズンプレーした後、2003年に現役を引退した。(プレドラグ・ミヤトヴィッチ フレッシュアイペディアより)

「ラウル・ゴンサレス」のニューストピックワード