358件中 131 - 140件表示
  • 弥陀ヶ原 (立山)

    弥陀ヶ原 (立山)から見たラムサール条約ラムサール条約

    高原上を立山黒部アルペンルートの立山有料道路が通る。2012年(平成24年)7月3日にはラムサール条約に登録された。弥陀ヶ原 (立山) フレッシュアイペディアより)

  • マレー湾

    マレー湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    インナーマレー湾は、自然保護目的で『特別保護区域』に指定されており、1997年2月にはネアン海岸一帯がラムサール条約登録地となった。マレー湾 フレッシュアイペディアより)

  • フォース湾

    フォース湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    湾は重要な自然保護区域である。特別保護区域には毎年9万羽の海鳥が巣を作る。メイ島には野鳥監視所がある。2001年10月にはラムサール条約登録地となった。フォース湾 フレッシュアイペディアより)

  • テイ湾

    テイ湾から見たラムサール条約ラムサール条約

    テイ道路橋とテイ橋(テイ鉄道橋)の二つの橋が架かる。2000年7月28日、エデン川とともにラムサール条約に登録された。テイ湾 フレッシュアイペディアより)

  • バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    バン・ダルガン国立公園は1976年に設定された。1982年にはラムサール条約の登録地となり、1986年にはブラン岬 (Cap Blanc) のレヴリエ湾完全保護区 (Reserve Intégrale de la Baie du Lévrier) とラス・クエベシリャス完全保護区 (Reserve Intégrale de Las Cuevecillas) を合わせたブラン岬完全保護区が追加された。ブラン岬周辺は、前出の稀少なチチュウカイモンクアザラシの生息域になっており、完全保護区の設定はチチュウカイモンクアザラシの保護を主目的としており、世界最大の生息地となっている。バン・ダルガン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • イシマンガリソ湿地公園

    イシマンガリソ湿地公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    1822年にはイギリスがセント・ルシアを街区(township)とすることを宣言し、1895年に町の北30km の地域がセント・ルシア・狩猟鳥獣保護区(St. Lucia Game Reserve)に設定された。これがこの地域の最初の保護区である。1986年にはセント・ルシア湖とマプタランドのウミガメの海岸やサンゴ礁が、ラムサール条約登録地になった。イシマンガリソ湿地公園 フレッシュアイペディアより)

  • トゥンバ湖

    トゥンバ湖から見たラムサール条約ラムサール条約

    トゥンバ湖を含むコンゴ川東岸の広大な熱帯雨林、河川、湖沼地帯はアフリカ最大の淡水の集積地であり、「」の名でラムサール条約において世界的に重要な湿地帯であると認められた(登録番号1784番)。文献上のトゥンバ湖の湖水面積は765平方キロメートル、最大水深は8メートルとされるが、これらのデータは季節により変動する。上記湿地帯の中心に位置するためコンゴ川が増水するときにはイレブ・チャネルを通してトゥンバ湖に水が流れ込み、減水時はその逆となる。トゥンバ湖には2001年時点に判明しているだけで114種の魚類が棲息している。湖岸に住む人々は、農業、漁撈、狩猟、森から木材ではない資源を採取して漁撈用具を生産するなどを生業にし、湖と熱帯雨林に依存した暮らしをしている。トゥンバ湖 フレッシュアイペディアより)

  • サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園

    サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園から見たラムサール条約ラムサール条約

    求められていたサンガネーブ海洋国立公園は1990年に誕生し、スーダン初の海洋保護区となった。また、ドンゴナーブ湾と近隣海域は2004年にスーダン第二の海洋保護区となり、2009年にはサンガネーブ環礁、ドンゴナーブ湾、ムカッワー島を含む約28万 ha がラムサール条約登録地にもなっている(名称は Dongonab Bay-Marsa Waiai)。そして、スーダン政府はサンガネーブ環礁とドンゴナーブ湾をまとめて推薦するための準備として、2010年6月22日に世界遺産基金から29,500USDの拠出を受けた。サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • カイルア (ハワイ州ホノルル郡)

    カイルア (ハワイ州ホノルル郡)から見たラムサール条約ラムサール条約

    アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は9.5平方マイル (24.7 km2)、このうち陸地は6.6平方マイル (17.2 km2)、水面は2.9平方マイル (7.5 km2)で水域率は30.33%である。この水域のうちかなりの部分がハワイ諸島最大の湿地であるカワイヌイ湿地(Kawai Nui Marsh)であり、ラムサール条約の指定地域になっている。カイルア (ハワイ州ホノルル郡) フレッシュアイペディアより)

  • シデコブシ

    シデコブシから見たラムサール条約ラムサール条約

    東海丘陵湧水湿地群 - 2012年(平成24年)7月3日にラムサール条約に登録された豊田市の矢並湿地、上高湿地、恩真寺湿地の総称。シデコブシ フレッシュアイペディアより)

358件中 131 - 140件表示

「ラムサール条約」のニューストピックワード