138件中 31 - 40件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たジョアン・ディクソン・カルバリオ

    1977年4月、20歳で来日し加入。当時のニックネームは、ラモスの細い肉体にちなんで「エンピツ」。読売サッカークラブへの加入動機は、「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日早々よみうりランドのホテルでホームシックを患い、郷に帰りたいと涙するも、カルバリオとマリーニョが赤坂や六本木にラモスと従兄弟のカルロス・ニコトラを連れ出したところ、「日本に来て良かった、もう帰る気は失せた」と大喜びする。JSL時代の登録名は「ラモス・ソブリニョ」。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たハンス・オフト

    1990年アジア競技大会で横山謙三が指揮する日本代表に初選出されると、1991年のキリンカップ初優勝に貢献する。1992年にハンス・オフトが監督に就任すると、ブラジル流サッカーを信奉するラモスが、規律と組織を重視するオフトへの批判をマスコミ上で展開したため、一時期代表を外されかねない危機もあったが、1992年9月26日、オフトとの30分程度の個人面談(通訳の為に小倉純二専務理事が同席)で和解した。同年のダイナスティカップ、AFCアジアカップで優勝し、オフトジャパンの頼れる司令塔としてワールドカップ出場を目指すことになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たゲーリー・リネカー

    1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。空前のJリーグブームの真っ只中、人気者としてCMにも出演し、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。同年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1994年のサントリーチャンピオンシップヴェルディ川崎対サンフレッチェ広島F.Cの第2戦では、左脚肉離れに痛み止めを打ちながら強行出場。後半35分にゴール前のこぼれ球をダイレクトで浮かし、ゴールキーパーの頭上を抜く芸術的なループシュートを決めて優勝を決定づけた(この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった)。なお、このループシュートは読売時代からの得意技で、ゲーリー・リネカーが「ミスキック」と発言したことに本人は憤慨していたという。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た与那城ジョージ

    1966年9歳のとき、父が他界して大きなショックを受け、父の死が受け入れられず憤慨して一時家を飛び出す。当時住んでいた家が、父親が会計士を務めていた会社の社宅だったため、実父の死亡に伴いリオからサンパウロに住んでいた叔母の家に引っ越す。1975年、高校2年のときに母が「フイの気が狂った」と呆れるほどに連日に渡り、膨大な試合に参加。全てはサッカーに対する情熱と、プロになり金を稼ぎたいという思いだった。高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れ、アマチュアの大会などに参加。しかし見た目が細身だった事から、ほぼ門前払いに終わった。18歳の終わり頃に、当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに加入。1977年1月、19歳の時に、当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていた与那城ジョージにスカウトされる。母は「気が狂った」と息子フイの日本行きを嘆き呆れ、猛反対する。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た湯浅健二

    プロサッカーコーチ湯浅健二の「闘うサッカー理論」(三交社)では、「ラモスは、フリーランニングの天才」と記述されている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た前園真聖

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たセルジオ越後

    この頃より日系ブラジル人の元選手であるセルジオ越後らと共に全国で少年サッカー教室を開き、ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た賈秀全

    1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。空前のJリーグブームの真っ只中、人気者としてCMにも出演し、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。同年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1994年のサントリーチャンピオンシップヴェルディ川崎対サンフレッチェ広島F.Cの第2戦では、左脚肉離れに痛み止めを打ちながら強行出場。後半35分にゴール前のこぼれ球をダイレクトで浮かし、ゴールキーパーの頭上を抜く芸術的なループシュートを決めて優勝を決定づけた(この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった)。なお、このループシュートは読売時代からの得意技で、ゲーリー・リネカーが「ミスキック」と発言したことに本人は憤慨していたという。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たアデマール・ペレイラ・マリーニョ

    1977年4月、20歳で来日し加入。当時のニックネームは、ラモスの細い肉体にちなんで「エンピツ」。読売サッカークラブへの加入動機は、「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日早々よみうりランドのホテルでホームシックを患い、郷に帰りたいと涙するも、カルバリオとマリーニョが赤坂や六本木にラモスと従兄弟のカルロス・ニコトラを連れ出したところ、「日本に来て良かった、もう帰る気は失せた」と大喜びする。JSL時代の登録名は「ラモス・ソブリニョ」。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たパウロ・ロベルト・ファルカン

    日本代表では1993年5月5日、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選F組第7戦のスリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。同年10月のアジア最終予選では厳しいマークを受けながら奮戦したが、最終戦イラク戦で後半ロスタイムに同点とされ、あと一歩でワールドカップ出場を逃す(ドーハの悲劇)。なお、本人はたとえ本大会出場を果たしたとしても、代表から引退する意思を持っていたという。パウロ・ロベルト・ファルカン新体制では代表招集を辞退。監督が加茂周に代わると代表に復帰し、1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦が事実上の日本代表引退試合となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 31 - 40件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード