138件中 51 - 60件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサガン鳥栖

    この年、チームはジュビロ磐田から実績あるベテランの名波浩と服部年宏を獲得。在籍メンバー大半を入れ替える大型補強を行い、開幕前にはJ1昇格候補の筆頭に挙げられた。体制発表の際にクラブの萩原代表からは、圧倒的な強さを見せられなかった場合は早期解任の可能性まで示唆されており、背水の陣で臨むシーズンとなった。開幕5試合で4勝1分とスタートダッシュに成功したが、その後課題の守備面の不安が露呈し連敗を重ね、第7節(アビスパ福岡戦)から第12節(サガン鳥栖戦)まで6連敗を喫してしまい、「(この先)2連敗なら解任」などといった厳しい状況に追い込まれた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサントリーチャンピオンシップ

    1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続ける。空前のJリーグブームの真っ只中、人気者としてCMにも出演し、年俸も6千万円超となり母に家を贈った。同年7月10日、当時ガンバ大阪に在籍していた賈秀全からファウルを受けた際、報復行為として賈の顔面にボールを投げつけ大乱闘となった(ちなみにこのとき賈は退場処分となったが、ラモスはイエローカードを受けるにとどまった)。1994年のサントリーチャンピオンシップヴェルディ川崎対サンフレッチェ広島F.Cの第2戦では、左脚肉離れに痛み止めを打ちながら強行出場。後半35分にゴール前のこぼれ球をダイレクトで浮かし、ゴールキーパーの頭上を抜く芸術的なループシュートを決めて優勝を決定づけた(この試合はともにクラブを支えた盟友加藤久の引退ゲームでもあった)。なお、このループシュートは読売時代からの得意技で、ゲーリー・リネカーが「ミスキック」と発言したことに本人は憤慨していたという。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本サッカー協会

    1984年2月、初音とブラジルサンパウロにて挙式、結婚。同年11月3日、古河電工戦で、両軍入り乱れての乱闘騒ぎを起こした。その後、他の選手は2試合の出場停止だったのにもかかわらず、ラモスに対しては翌年3月末までの出場停止という重い処分が下された。これらの背景には、プロ志向の強い読売クラブに対して日本サッカー協会や実業団チームからの妬みや反発が強く、読売クラブを代表してラモスが被害を受けたという面もある。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たアビスパ福岡

    この年、チームはジュビロ磐田から実績あるベテランの名波浩と服部年宏を獲得。在籍メンバー大半を入れ替える大型補強を行い、開幕前にはJ1昇格候補の筆頭に挙げられた。体制発表の際にクラブの萩原代表からは、圧倒的な強さを見せられなかった場合は早期解任の可能性まで示唆されており、背水の陣で臨むシーズンとなった。開幕5試合で4勝1分とスタートダッシュに成功したが、その後課題の守備面の不安が露呈し連敗を重ね、第7節(アビスパ福岡戦)から第12節(サガン鳥栖戦)まで6連敗を喫してしまい、「(この先)2連敗なら解任」などといった厳しい状況に追い込まれた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たFC琉球

    2001年に、沖縄かりゆしFC(当時九州サッカーリーグ所属)のテクニカルアドバイザー兼任の形で現役復帰を果たすが、2002年シーズン終了後の経営陣との対立からの退団でチーム内選手の集団退団騒動にまで発展した。またこの年、連続テレビ小説『さくら』に居酒屋の主人役で出演した。かりゆしFC退団後は、FC琉球のテクニカルアドバイザーも務めた。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たドバイ

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た水戸ホーリーホック

    そのような状況の中、第13節(水戸ホーリーホック戦)も大敗を喫しクラブワーストタイの7連敗となり、しかも不調かつ未勝利の水戸に1-5という大量得点での今期初白星を献上するという失態に、次節の結果に関係なく解任濃厚(後任はコーチの柱谷哲二の昇格が有力)と報道された。しかし、続く第14節(京都サンガF.C.戦)で4-1と大勝し、一転続投が決まった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たリオデジャネイロ

    1957年2月9日、ブラジルのリオデジャネイロから山側に70-80キロほどにあるメンデスという小さな町で、サッカー好きな公認会計士の父フーベンと母マリアのハモス家の、5男1女の第4子として出生。父は大のサッカー好きであったが、母はサッカーがあまり好きではなく、息子フイのサッカー熱を嘆いていた。実家近くには、当たり前の様にサッカークラブがあり当たり前の様にサッカーに没頭した。兄らに混じって空き地や道路で球蹴りに興じ、定期巡回で訪れるサッカークラブのセレクションを幾度も受け続けるが尽く不合格。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たカラス

    「日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たサッカーブラジル代表

    日本代表では1993年5月5日、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選F組第7戦のスリランカ戦で、前半31分に得点し、「36歳85日」の日本代表最年長得点記録(2011年時点)を打ち立てた。同年10月のアジア最終予選では厳しいマークを受けながら奮戦したが、最終戦イラク戦で後半ロスタイムに同点とされ、あと一歩でワールドカップ出場を逃す(ドーハの悲劇)。なお、本人はたとえ本大会出場を果たしたとしても、代表から引退する意思を持っていたという。パウロ・ロベルト・ファルカン新体制では代表招集を辞退。監督が加茂周に代わると代表に復帰し、1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦が事実上の日本代表引退試合となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 51 - 60件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード