138件中 81 - 90件表示
  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフットサル

    ラモス 瑠偉(ラモス ルイ、Ramos Ruy、1957年2月9日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身の元サッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。フットサルの元日本代表選手。長男はサッカー指導者のラモス・ファビアノ。長女は歌手のFABiANA。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日産自動車サッカー部

    MFとして有名だが、ブラジル時代はDF(スイーパー)としてプレイしていた。そして来日からしばらくはFWとしてプレイした。初めは若さと日本語もわからなかったためトラブルを起こす。1978年1月14日の対日産自動車サッカー部戦で、ラモスがファウルをし、相手選手が重大なファウルを受けたように痛がる演技をし、レッドカードでラモスが退場処分を受けた後に、当の相手選手が笑っているのを見て激怒し、その相手選手をグラウンドで追い掛け回したことで、異例ともいえる1年間の出場停止処分を受けた。1年間の出場停止が解け、復帰した直後の試合から1979年2試合連続ハットトリックを含む14得点7アシストを記録。得点王・アシスト王の二冠を獲得した。これは日本サッカーリーグ史上、釜本邦茂とラモスしか達成していない(Jリーグではアシストの個人表彰を行っていない)。この頃後に結婚することとなる、当時美大生だった清水初音がサッカー好きの男友達の仲介でラモスと対面した。ラモスは一目惚れした。初音の母同伴の3人でデートをし、母も娘に影響されてラモスに関する情報や記事を収集するようになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たフランス領ポリネシア

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たタヒチ

    2005年ビーチサッカー日本代表監督に就任し、FIFAビーチサッカーワールドカップ2005リオデジャネイロ大会で4位入賞(フェアプレイ賞も獲得)。日本代表の活躍と監督の手腕がFIFA公式ウェブサイトでも紹介された。2009年7月には元サッカー日本代表の前園真聖らを代表に加え、10月にアラブ首長国連邦・ドバイで開催されたワールドカップではグループステージを1位で通過するもポルトガルに破れベスト8となった。2013年、フランス領ポリネシア・タヒチで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップ2013ではグループDを2位で通過したが、決勝トーナメント初戦でブラジルに敗れベスト8となった。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た2010 FIFAワールドカップ

    「日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たコンピュータ

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た六本木

    1977年4月、20歳で来日し加入。当時のニックネームは、ラモスの細い肉体にちなんで「エンピツ」。読売サッカークラブへの加入動機は、「なんとしてでもサッカーで金を得る」ためであったが、来日早々よみうりランドのホテルでホームシックを患い、郷に帰りたいと涙するも、カルバリオとマリーニョが赤坂や六本木にラモスと従兄弟のカルロス・ニコトラを連れ出したところ、「日本に来て良かった、もう帰る気は失せた」と大喜びする。JSL時代の登録名は「ラモス・ソブリニョ」。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見たユニフォーム

    ヴェルディの選手在籍時に収録し、当時のヴェルディのカップ戦ユニフォームを着用して撮影した。しかし直後に京都へ移籍。ユニフォームの色をコンピュータ処理で京都のチームカラーの紫に着色した。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た日本の国旗

    日の丸」への愛着をたびたび語っている。自著『ラモスの黙示録』では3ページにわたって日の丸への思いをつづり、国を代表し家族や仲間のために日の丸を背負ったからこそ、頑張れたと述べている。ラモスが初めて日本代表に招集された当時の代表ユニフォームには日の丸がどこにもなく、左胸にJFAのシンボルマークである「カラス(八咫烏)エンブレム」だけであったが、選手達の発案により左腕に日の丸が入るようになった。ドーハでのイラン戦の際、国歌斉唱が終わった直後にユニホームの袖を引き寄せ、日の丸に口づけし気合を入れるラモスの映像がテレビで流れている。2010 FIFAワールドカップの日本代表ユニフォームが発表された際には、自身のブログにおいて「やっと日の丸が胸についた! 最高だ!」と大変喜んでいた。同時に日本代表には青のユニフォームではなく日の丸と同じ赤と白のユニフォームにしてほしいと述べている。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス瑠偉

    ラモス瑠偉から見た1990年アジア競技大会

    1990年アジア競技大会で横山謙三が指揮する日本代表に初選出されると、1991年のキリンカップ初優勝に貢献する。1992年にハンス・オフトが監督に就任すると、ブラジル流サッカーを信奉するラモスが、規律と組織を重視するオフトへの批判をマスコミ上で展開したため、一時期代表を外されかねない危機もあったが、1992年9月26日、オフトとの30分程度の個人面談(通訳の為に小倉純二専務理事が同席)で和解した。同年のダイナスティカップ、AFCアジアカップで優勝し、オフトジャパンの頼れる司令塔としてワールドカップ出場を目指すことになる。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「ラモス瑠偉」のニューストピックワード