221件中 91 - 100件表示
  • ガブリエル・トルジェ

    ガブリエル・トルジェから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    鋭いドリブルと高い得点力を誇り、「ルーマニアのリオネル・メッシ」と称される。2011年にを受賞。ガブリエル・トルジェ フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ウイファルシ

    トマーシュ・ウイファルシから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2010年夏にはドイツのシャルケ04からオファーが届いたものの、これを拒否してアトレティコに残留した。9月19日にエスタディオ・ビセンテ・カルデロンで行われたFCバルセロナ戦 (1-2) で、後半ロスタイムにリオネル・メッシに仕掛けたタックルが遅れ、メッシは右足首を負傷した。この時、レッドカードを受けて一発退場となった。トマーシュ・ウイファルシ フレッシュアイペディアより)

  • 飯原誉士

    飯原誉士から見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    愛称は、メッシ(苗字の「飯原」に使われている「飯」の読み方からの連想)、ジゲン、ボンクラ、ヤス、やっし〜(ヤクルト時代にチームマスコットのつば九郎が命名)。飯原誉士 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンのスポーツ

    アルゼンチンのスポーツから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    アルゼンチンではサッカーが盛んであり、ディエゴ・マラドーナやリオネル・メッシをはじめサッカー史上に残る選手を多く輩出し、ブラジルと並ぶ南米の強豪国として知られている。代表チームはFIFAワールドカップの常連であり、優勝2回、準優勝3回の経験がある。1978年には、FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会が行われた。国内リーグもCAリーベル・プレート、ボカ・ジュニアーズ、ラシン・クラブ、CAインデペンディエンテ、CAサン・ロレンソ・デ・アルマグロなどのクラブが鎬を削っている。アルゼンチンのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンドリー・ピアトフ

    アンドリー・ピアトフから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2002年、FCヴォルスクラ・ポルタヴァからデビューした。2006年12月13日、約64万ポンドの移籍金でFCシャフタール・ドネツクに移籍した。2006-07シーズン後半戦はレンタル移籍という形でヴォルスクラに留まった。2007-08シーズンにはボフダン・シュストに代わってシャフタールのレギュラーに定着し、UEFAチャンピオンズリーグの試合では2試合を完封した。2008-09シーズンはFCハルキウからルスタム・フザモフが加入し、シュスト、フザモフとのポジション争いは熾烈を極めた。しかし、リーグ戦でFCリヴィウに0-2で敗れると、ピアトフが再びポジションを手にした。2008年10月1日、UEFAチャンピオンズリーグのFCバルセロナ戦(ホーム1-2)では強豪を最後まで苦しめたが、87分以降にリオネル・メッシに2点を許して敗れた。グループ3位となって出場したUEFAカップでは、トッテナム・ホットスパーFC(イングランド)、PFC CSKAモスクワ(ロシア)、オリンピック・マルセイユ(フランス)、FCディナモ・キエフ(同国対決)、ヴェルダー・ブレーメン(ドイツ)相手に9試合で6点しか許さず、ウクライナ勢として初の同大会制覇を果たした。2008-09シーズンのリーグ戦ではリーグ最少の16失点(30試合)に抑えたが、ライバルのディナモ・キエフの優勝を許した。アンドリー・ピアトフ フレッシュアイペディアより)

  • ブレーロ

    ブレーロから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    好きなスポーツ選手:リオネル・メッシブレーロ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サビオラ

    ハビエル・サビオラから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    リーガ・エスパニョーラ2006-07シーズン、エトオやリオネル・メッシが怪我によって長期離脱するという事態からチャンスを得て、シーズン当初は活躍を続けた。しかし、その後は自身の負傷などもあって調子を落とし、特にUEFAチャンピオンズリーグなど重要な試合で活躍できず、彼らが復帰すると再び出場機会を失った。また、この年にはエイドゥル・グジョンセンが加入していたこともサビオラの立場を失う要因となった。バルセロナとの契約は同シーズンまでであったが、2007年5月になってバルサから提示された条件は現行の契約から大幅ダウンとなり、サビオラ自身もチーム内での存在の薄さを感じ、6月18日にバルセロナからの退団が決定した。それでも最もバルセロニスタから愛された選手の一人であり、同シーズンの新聞の調査ではサビオラを支持する票も多かった。ハビエル・サビオラ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・アウヴェス

    ジエゴ・アウヴェスから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る。クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。2014年10月5日のアトレティコ・マドリード戦で、リーガ・エスパニョーラの試合での通算PKセーブ数が13となり、アンドレス・パロップを抜き、歴代1位となった。ジエゴ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ダ・シウヴァ

    クリスティアーノ・ダ・シウヴァから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2015年、J1・柏レイソルに期限付き移籍。8月16日の2ndステージ第7節で、首位のサンフレッチェ広島を相手に来日後初のハットトリックを達成した。同年はリーグ戦全試合に出場して得点ランキング5位の14得点を挙げ、Jリーグ優秀選手賞を受賞。12月26日の第95回天皇杯準々決勝ベガルタ仙台戦では直接フリーキックのみでハットトリックを達成し、レアル・マドリード贔屓で知られるスペイン紙『マルカ』でも“本家”のクリスティアーノ・ロナウドになぞらえてその活躍が報じられ、「リオネル・メッシでも達成したことのない偉業を成し遂げた」と賛辞を送られた。クリスティアーノ・ダ・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たリオネル・メッシリオネル・メッシ

    2008年、U-23アルゼンチン代表のセルヒオ・バティスタ監督は、北京オリンピックに出場するアルゼンチン代表にオーバーエイジ (OA) としてリケルメの招集を決定し、キャプテンを任された。オーバーエイジ枠にはリケルメの他にハビエル・マスチェラーノとニコラス・パレハが選出され、その他にはリオネル・メッシやセルヒオ・アグエロやアンヘル・ディ・マリアなどが出場した。8月7日に行なわれたグループリーグ初戦のコートジボワール戦 (2-1) 、2戦目のオーストラリア戦 (1-0)にはフル出場したが、消化試合となった最終戦のセルビア戦 (2-0) には出場せず、マスチェラーノがキャプテンマークを巻いた。準々決勝ではオランダに2-1で勝利し、準決勝のブラジル戦 (3-0) ではアグエロが2得点した後、76分にリケルメがPKで駄目押しとなる3点目を決めた。8月23日、北京国家体育場(鳥の巣)に89,102人の観客が詰めかけた決勝でナイジェリアと対戦。1-0で勝利し、アルゼンチンはアテネオリンピックに続いて大会2連覇を果たした。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

221件中 91 - 100件表示